バレンタインの手作りチョコはいつ作る?賞味期限や日持ちさせるなら

バレンタインデー

今年のバレンタインデーは、
彼氏に手作りチョコレートを
渡すつもりでいるけど

当日が仕事なので作る時間がない!
休みの日に作っておくとしても、

手作りだから賞味期限が気になるし
彼がお腹をこわしちゃったっら大変!

彼が当日にチョコレートを
食べるかどうかもわからないし…

なんてお悩みではありませんか?

社会人になると、バレンタインデーが
平日だと朝から晩まで仕事で

いざ手作りチョコを作りたくても
バレンタインデー当日のデートまでに
作るのは難しいですよね。

ここでは、バレンタインデーに
チョコレートを手作りする場合の
賞味期限や日持ちする手作りチョコレートを
紹介しています。

あなたの仕事がお休みで
手作りチョコレートを作ることが
出来そうな日と

バレンタインデーを逆算して
余裕を持ってバレンタインの手作りチョコを
作ってみてくださいね。

スポンサードリンク

バレンタインチョコは手作りだといるつ作るのがいいの?

バレンタインデーに彼女から
彼にプレゼントするチョコレート。

愛情込めて手作りしてプレゼントする
女性も多いのではないでしょうか。

そんなバレンタインデーの
手作りチョコレートを作る日にちですが

できることなら当日の作り立ての
チョコをあげられると1番いい
のですよね。

現在の日本では、バレンタインデーは
祝日ではないので

土日が重ならない限りは社会人の場合は
仕事があるので当日に作るのは
難しいことでしょう。

彼のためにチョコレートを作るのも
楽しいですし彼女の愛のこもった
手作りチョコをもらうのもうれしいですが

「手作り」には日持ちしない
という弱点がある
のが悲しいところですよね。

色々調べてみると、やはり社会人の場合は
当日に作るのは難しいことから

前日の夜、仕事が終わってから
バレンタインチョコを手作りする人が
多いようです。

バレンタインデーの前日に作るのが
一般的ですが

作るチョコレート菓子の種類や、
彼がいつ食べてくれそうなのかなどを
考慮して何日前に作るかを決めることを
おすすめします。

仕事や用事で忙しい場合には、
作れる日にちを考慮して
賞味期限が長い手作りチョコを作る
などするのがおすすめです。

バレンタインの手作りチョコの賞味期限ってどれくらい?

基本的に手作りのお菓子は、
当日か翌日中には食べてしまいたいところ。

賞味期限があってもないようなもの
として考えたほうがいいでしょう。

市販のチョコレート菓子のように、
徹底的に衛生管理されている調理場で
作られているわけではないので

日持ちに対しての期待は
あまりしないほうが良いでしょう。

また、自分で食べる場合は
3日ほど経って食べても問題ありませんが

あくまでも人にプレゼントする
という部分を意識しておく必要があります。

スポンサードリンク

また、チョコレート菓子を作る際に
使う材料や作る工程によっても
賞味期限が違ってきます。

基本的に生クリームや牛乳などの
乳製品を使用しているお菓子の日持ちは短く

焼き菓子などは、
1週間ほど賞味期限をみていても大丈夫です。

だいたいの日持ちの目安を紹介しますね。

・生チョコ・トリュフ 冷蔵庫で3~4日
・チョコレートケーキ 冷蔵で4日
・クッキー・ブラウニー 常温で7日
・ガトーショコラ・マフィン 常温で3~4日
・フォダショコラ 冷蔵で2~3日
・マカロン 常温で2~3日
・カップケーキ 冷蔵で2日
・型抜きチョコ 冷蔵5日

上記の期限については、
あくまでも目安です。

品質の劣化には保管方法も関係するので
暖かい場所に置きっぱなし
だったりすると、

記載日数よりも早く
悪くなってしまうこともあります。

なので、相手に食べてもらうこと
を踏まえて、

ぎりぎりに作って渡し、
早めに食べてもらえるように
一声かけておくことをおすすめします。

バレンタインで手作りしたいけどオーブンなしで出来るレシピ
バレンタインデーに彼にチョコレートを手作りしてあげたいと思っているけど一人暮らしの自分の家にはオーブンがない…なんてお悩みではありませんか?もし、オーブンなしでも作ることができて簡単なのに手の込んだプロっぽい仕上がりの本格的で男子受けのいいレシピがあったら作ってみたいと思いませんか?

バレンタインで手作りするときに日持ちするチョコを作るなら何を作る?

バレンタインデーは休日ではなく
平日のことが多いため、

なかなか当日に手作りチョコレートを
作るのは難しいもの。

そんな時には、日持ちのする
お菓子を作ってプレゼントするのが
おすすめです。

日持ちするチョコレート菓子といえば、
焼き菓子ですが

焼き菓子の場合は、
一晩寝かせたほうがしっとりして
味がなじんでおいしくなる
ともいいますので焼き菓子がおすすめです。

チョコはチョコでも焼いてしまえば
長持ちするので、

・チョコブラウニー
・チョコチップクッキー
・カップケーキ
・パウンドケーキ
などもおすすめです。

2月の気候であれば、
常温保管でも十分ですし
作るのも難しそうに思えて
混ぜて焼くだけなので簡単です

チョコパウンドケーキなんかは、
作って2,3日してからのほうが
しっとり美味しいですし

常温保存でも1週間ほど
賞味期限があるのでおすすめですよ。

クッキーなどの触感が大切なもの
に関してはシリカゲルなどの乾燥材を
一緒に入れておけば時間が経っても
サクサク感を楽しむことができますよ。

まとめ

バレンタインデーの手作りチョコは、
一般的にバレンタインデーの前日に
つくることが多いです。

手作りということなので、
日持ちも気になりますので

できるだけチョコレートを渡す日
ぎりぎりに作るようにしましょう。

お菓子によって賞味期限に
ばらつきがありますが

賞味期限はあくまでも目安
なので早めに食べてもらえるようにしましょう。

どうしても前日や当日に作れそうもない場合には
日持ち日数の長い焼き菓子系の
チョコレート菓子を作ることをおすすめします。

焼き菓子の場合は、
日にちが経ったほうがおいしく頂けるので

作れる日と渡す日を考慮して
手作りレシピを選んでみてくださいね。

スポンサードリンク