バレンタインで手作りしたいけどオーブンなしで出来るレシピ

チョコ

バレンタインデーに彼に
チョコレートを手作りしてあげたい
と思っているけど

一人暮らしの自分の家にはオーブンがない…

なんてお悩みではありませんか?

もし、オーブンなしでも作ることができて
なおかつ、簡単なのに手の込んだ
プロっぽい仕上がりで作れる

本格的で男子受けのいいチョコレートレシピ
があったら作ってみたいと思いませんか?

ここでは、オーブンがなくて
お菓子作り初心者でも簡単に作ることが出来て
好きな人に喜んでもらえるチョコレートレシピ
を紹介しています。

また、手作りチョコレートの日持ちや
賞味期限についてもまとめています。

スポンサードリンク

バレンタインチョコを手作りでオーブンなしで作れるレシピは?

大好きな彼にバレンタインデーに
手作りのチョコレートを送ろうとおもっているけど

1人で暮らしている自宅には電子レンジに
オーブン機能がついていない
なんてことよくあるかと思います。

1人暮らしの場合、暖められればいい
ということで引っ越しの時に準備したのが

レンジ機能しかついてない電子レンジ
という人が多いものです。

お菓子作りにはオーブン機能が必須
というイメージがありますが、
手作りチョコを諦めるのはまだ早いです。

オーブンがなくレンジ機能のみであっても
チョコレートスイーツを作ることができるのです。

電子レンジはもちろん、ふつうにお鍋やフライパン、
炊飯器などがあれば、想像以上にレシピの幅は広がります。

ここでは、オーブンなしでも作れる
簡単なチョコレートレシピを紹介しますね。

紹介するレシピは高級感あふれる
生チョコです。

切り方やラッピングに工夫を凝らせば
簡単に作れるのに安っぽく見えず、
なおかつおいしいと喜ばれること間違いなしです。

材料も少なく工程も簡単なので
手作り初心者さんでも上手につくることができますよ。

【材料】

・チョコ  1枚 (58g使用)
・生クリーム  20g~25g
・純ココア  大匙1

耐熱容器(マグカップでも)に生クリームを入れ500wで20秒温める 。

1に適当に割ったチョコを入れ混ぜる。

溶けなかったら500wで10秒ずつ加熱してください。

ラップを敷いた型に流しいれ冷蔵庫で固める。

固まったらビニール袋等にココアを入れ切ったチョコを入れよく振ります。

丸めてトリュフにしても◎

生チョコを材料2つで簡単に失敗しないコツと綺麗にうまく切る方法
生チョコを家にあるたった2つの材料で作れる方法を知りたくありませんか?しかも絶対に失敗せずにプロみたいに綺麗に作れちゃう方法です。ここでは2つの材料で失敗せずに綺麗に作れる生チョコ作りのコツをまとめています。

バレンタインの手作りチョコはいつ作るもの?

バレンタインデーの手作りチョコを
作る日というのは

特別に決まったルールというのは
設けられていませんが

2月14日当日に渡すのであれば
前日の13日、

もしくはバレンタインデーの
当日に作ることをお勧めします。

バレンタインデーの日以外に渡す
のであれば渡す日の前日か当日に
作るということになります。

というのも、バレンタインデーの
チョコレートを手作りする場合は

「手作り」であるということを
考慮する必要があるからです。

一般的にバレンタインデーコーナーで
市販されているチョコレートの賞味期限は

スポンサードリンク

比較的長いものが多いですが
市販のものは衛生管理が徹底されている設備の中で
作られているうえ防腐剤など長持ちさせる工夫が
凝らしてあるので日持ちします。

しかし手作りの場合は、
家庭のキッチンで作りますので
日持ちさせることは難しい
のです。

特に生クリームなどの乳製品を使っていたり
フルーツを使うレシピの場合は

日持ちしないので当日や
前日に作る必要がある
のです。

先に紹介した生チョコをバレンタインに
渡す場合は、前日もしくは当日に作って
冷蔵庫で保管し渡したらすぐに
食べてもらうようにしましょう。

生チョコは簡単に作れるので
1,2時間あればできますが

バレンタインの前日から当日に
どうしても作れない場合には

生チョコではなく焼き菓子系の
お菓子をおすすめします。

オーブンがなくても炊飯器で
チョコレートケーキを作れるので試してみてくださいね。

ガトーショコラを簡単に材料2つで作る方法と絶対失敗しないコツ
濃厚で美味しいガトーショコラを材料2つで簡単に作れたら嬉しくありませんか?しかも絶対に失敗しない秘密のコツがあるのです。ここではガトーショコラを簡単に作る秘策を紹介しています。

バレンタインの手作りチョコの日持ちは?賞味期限はどれくらい?

手作りチョコの賞味期限についてですが、
一概にいつまでということはできませんが

基本的に手作りお菓子は人に渡して
食べてもらうということならば、

賞味期限は当日~3日程と
考えておくといいでしょう。

使う材料によって日持ち日数が
異なりますし、

作ってからの保管方法によっても
賞味期限はかわってきます。

生クリームや牛乳などの
乳製品の使用の有無が賞味期限に
大きく影響してきます。

乳製品の配合量が多ければ多いほど
賞味期限が短くなると覚えておくといいでしょう。

生クリームなどの乳製品を使うことで
コクが出てチョコレートがおいしくなるのですが

どうしても雑菌の繁殖がしやすくなり
腐りやすくなってしまうのです。

市販で売られているものでも
生チョコなどは冷蔵庫に保管して
長くても3、4日と記されていますよね。

家庭で手作りしたものの場合、
もう少し短めに考えておくといいでしょう。

・生チョコやトリュフは冷蔵庫で3~4日
・固めるだけのチョコは冷蔵庫で4~5日
・チョコレートブラウニーやチョコクッキーは5~7日
・パウンドケーキは7日
・ガトーショコラ3~4日

これくらいの期間が日持ちの目安としてとらえておきましょう。

まとめ

バレンタインデーのチョコレートは、
オーブンがなくても簡単に
作ることができるレシピが多くあります。

湯銭や電子レンジの暖め機能で
チョコレートは簡単に溶かすことができますし

もし日持ちするチョコレート菓子を
つくりたい場合でも炊飯器があれば作ることができます。

中でも生チョコは簡単なのに手の込んだ
プロっぽい仕上がりで作れる
本格的スイーツで男性受けもいいのでおすすめです。

今年のバレンタインデーに是非つくってみてくださいね。

また、生チョコは日持ち期間が短いので
渡す日の当日か前日に作るようにして
必ず冷蔵庫で保管し、早めに食べるように
一言添えて渡すようにしましょう。

スポンサードリンク