扶養って103万円超えたらどんなデメリットがあるのか衝撃の真実を公開



パートやアルバイトをするにあたり、よく「103万円は
超えないようにしないと」と聞くことがありますよね。

実際に103万円を超えそうな時には、「損するの?」「税金は?扶養は?」と不安になると思います。

実際にはどのような影響があるのでしょうか?
自分自身にデメリットとなることはあるのでしょうか?

スポンサードリンク

扶養で103万円超えるとどうなるの?

103万円というのは一言でいうと「所得税」がかからない
ラインの金額です。

そして所得税を支払うことになると、
税法により扶養を外れてしまいます。

ただしあくまでも所得税に
限ったことですので、健康保険や年金などの社会保険は
変わらず夫の扶養に入ることができます。

社会保険も独自で加入しなければならないのは
130万円以上の収入がある場合で、
これを「130万円の壁」と言います。

とはいえ、多少オーバー
(104万円、106万円稼いでしまった!という場合)したからと言って、
莫大な所得税を請求されるわけではありません。

数万円のオーバーなら、支払う所得税は500円~1000円くらいと、
そんなに驚く金額ではないので、その点は安心して良いと思います。

扶養で103万円超えた場合のデメリットは?

では、103万円を超えた場合のデメリットは所得税を
数百円~数千円支払うだけなのか?というと、それだけでは
ありません。

どちらかというとこれまで扶養に入れてくれていた人
(主に夫や親に当たります)の方が損をする可能性が。

と、いうのも、扶養に入れてくれていた人はただただ扶養
しているだけではなく、年末調整では「配偶者控除」や
「扶養者控除」を受けることができるからです。

扶養控除の基本金額が「38万円」ですので、それが受けられないと
なると年末調整での税金の戻りが少なくなってしまいます。

ちなみに配偶者控除は38万円ですが、例えば19歳~22歳の
大学生やフリーターの子供がいたとして、その扶養控除額は
63万円にもなるので、

子供がアルバイトでうっかり
稼ぎすぎてしまったといった場合はより控除額が減ってしまって
扶養者にとってのデメリットとなります。

さらに、夫の会社によっては「配偶者手当」「扶養者手当」を支給してくれている職場もあるのですが

(月に5千円や1万円程度が多いようです)

あくまでも所得がない扶養者が対象なのでそれがもらえなくなる
心配もあります。

103万円を超えそうな時や、これから103万円を
超えて働きたいと考えている場合にはこういった扶養者にかかる
影響も考えておいた方が良いでしょう。

人によっては「控除があった方が良いから、収入は絶対103万円以内にしてほしい」と夫からお願いされることもあるかもしれませんね。

スポンサードリンク

もし103万円を超えてしまったら?

注意していたけど103万円超えそう!となった場合には
どうしたら良いのでしょう。

これは難しく考えなくてもパート先
などの職場を通して申請されるので、職場に聞けば対応を
教えてくれます。

すべてやってくれる場合もありますし、
「〇〇っていう書類を書いて」などの指示がある場合もあるので
それに従えばOKです。

自分自身で税務署に行って手続きや
申請をする必要はありませんよ。

まとめ

扶養に入っていた方が良い場合と、いっそのこと扶養を外れて
働いた方が良い場合があり、それはその家庭環境により様々です。

103万円を超えることで所得税を支払う必要が出てきますが、
社会保険まで抜ける必要はないので本人とすれば微々たる
所得税を支払うというくらいであまり問題はないかもしれません。

ただ、103万円以上稼ぐことでこれまで扶養してくれていた
相手にどのような影響が出るのか?を、確認しておく必要が
あります。

時には家族会議を開いて、働き方や今後のライフワークを
決めていく必要があるかも知れませんね。

スポンサードリンク