オキシクリーンは日本製とアメリカ製どっちがいい?違いは?



みなさん「オキシクリーン」というものを知っていますか?

オキシクリーンとは最近お掃除をされている番組でも
紹介さている万能なお掃除グッズなんです。

酸素系の漂白剤で塩素系の漂白剤とは違います。

衣類のシミや汚れを強力洗浄、そして消臭してくれます。

色物や柄物でも大丈夫なんですよ!!

実は私もお掃除や洗濯に使っています。

今回はそのオキシクリーンについてご紹介します。

スポンサードリンク

オキシクリーンの日本製とアメリカ製の違いは?

オキシクリーンの日本製とアメリカ製はなんと成分が
違うのです。

アメリカ製のものはコストコなどで購入できます。

日本製のオキシクリーンには界面活性剤が入っていません。

私が買ったものも、界面活性剤が入っていないため
真っ白な粉末です。界面活性剤が入っていると
青いつぶつぶが粉末の中に入っています。

界面活性剤とは洗剤成分のことです。

石鹸などに入っていますね。

汚れを水に溶けやすくして
汚れを洗い流せるようになっているのです。

アメリカ製は日本製と違って、漂白成分に加えて界面活性剤も
入っているのです。これが日本製とアメリカ製の違いですね。

ですのでアメリカ製のオキシクリーンは泡立ちます。


スポンサードリンク

オキシクリーンの日本製とアメリカ製の選び方

日本製のオキシクリーンは泡立ちはありません。

なぜなら
界面活性剤が入っていないからです。

アワアワのほうが汚れが落ちてそう!と考えますが、
汚れを落としているのは別の成分なので、

日本製とアメリカ製に汚れを落とす大差はほとんどないそうです。

洗った感として泡立ちのあるほうがいいという方は、
アメリカ製をおススメします。

しかし泡立たない日本製だっていいんですよ。

なぜなら、泡が立たないから泡立ちがいい!という
ことなのです。

そのため、いつまでもいつまでも泡を流す必要が
ないので水の節約になります。

また、オキシクリーンは水にとけてこそその
洗浄力を発揮します。

泡がたってしまうと、水にきちんと溶けたのか
わかりにくいですよね。

その点に比べて、泡が
立たないことによってオキシクリーンがきちんと
溶けているのか見て分かるという事なのです。

見えるって大事ですよね。

また日本製はアメリカ製と比べて一回分の使用量が
少なくすみます。

入れ物も日本の方がコンパクトに
なっているのです。

選び方としたら、以上に書いたことをみていただいて
洗浄力はどちらも変わりないため、泡立ちの問題で
決めていただいたらと思います。

ちなみにお値段もそこまで差はありません。

まとめ

オキシクリーンですが、私が使っているのは日本製で
泡立つことなくとても使い勝手がいいです。

私の使い方としては、日々の洗濯に少しだけオキシクリーンを
入れるだけで洗濯後のちょっとした嫌な臭いが軽減します。

洗濯層の掃除にも使っています。

キッチン周り、油でギトギトなんていう人もいるのではないでしょうか。

実は私も掃除はそこまで得意ではないので
ついつい後回しにしてしまって気が付いたらこびりついて
とれないよ!という状態に。

そんなときにオキシクリーン。

私の場合はオキシクリーンをお湯で溶かして、
スプレーボトルに入れて油でねばねばのキッチンを
シュッシュとオキシクリーンを吹きかけて乾いた
布巾でふき取っています。

何度か繰り返すと取れる取れる!!
この感動はぜひやってみないと分かりません。

ただ、このオキシクリーン、良いものではあるのですが
作り置きできないというところが残念な所です。

スプレーボトルにたくさん作っても、時間と共に
その洗浄力は軽減していきます。

ですので、オキシクリーンを使う場合は日本製も
アメリカ製もお湯や水で溶かしたものはすぐに
使い切ってしまう事をおススメします。

以上、オキシクリーンの日本製とアメリカ製の違いでした。

スポンサードリンク