インフルエンザの治癒証明は何日目で?受診のタイミングともらい方

インフルエンザ治癒証明前日

子供がインフルエンザに感染すればもちろん
学校や保育園はお休みすることになりますが

完治後、登校・登園する際には
登園許可証や治癒証明などの証明書が必要になります。

企業でも治癒証明の提出を
求めるところも増えているようです。

でもインフルエンザって、発症から〇日目とか
解熱後から〇日目とか治ったと判断できる基準が
複雑でいまいち分かりにくいですよね。

最短で保育園や学校に行くには
何日目のどのタイミングで治癒証明を取りに受診したらいいの?

何て悩んでしましますよね。

ここではインフルエンザの治癒証明を
もらいに行く日やタイミングについてまとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザの治癒証明は何日目に出してもらえる?

インフルエンザに感染すると
学校や保育園を欠席しなければなりません。

学生の場合は
「発症から5日かつ解熱から2日」で登校許可でます。

保育園児の場合は
「発症から5日かつ解熱から3日」で登園許可でます。

インフルエンザは熱が下がれば
ウイルスが出る量も減りますが

解熱後も体内から排出されているので
こういった基準が設けられています。

そして、この基準を満たして
インフルエンザウイルスの量が

減ったと判断される時点で
治癒証明を書いてもらうことができます。

なので、5日目だから
治癒証明を書いてもらえるわけでもなく

熱が下がって2日経ったから
治癒証明を書いてもらえるわけではないのです。

発熱から5日経っている状態で
さらに熱が下がって2日間(幼児は3日間)
たっていないと治癒証明は出ません。

この条件を満たしていれば
治癒証明は書いてもらうことができます。

なので、最短で発熱から5日たった5日目か
解熱した2日目(幼児は3日目)に病院を受診すれば

明日から学校(保育園に)
登校・登園しても大丈夫ですという証明を書いてもらえます。

ようは、その日の前日に
受診すればいいってことですね。

両方の条件を満たさないといけないので
熱がさがるのが遅れれば遅れるほど

登校・登園できる日も伸びていく
ということになります。

インフルエンザの治癒証明をもらうタイミングはいつ?

インフルエンザの治癒証明は
基準である「発症から5日かつ解熱から2日」を過ぎれば
登校してもよいとされているので(幼児は解熱から3日間)

その日の前日にお医者さんを
受診すれば治癒証明を記入してもらえます。

ちなみに、タミフルなどの
抗インフルエンザ薬を飲まずに治している場合は

ずるずる熱が続くいて回復までの
期間が長くなってしまいます。

そうなると熱が下がるのが遅いので
その分、登園許可証や登校許可証の発行も
送れてしまうということなります。

スポンサードリンク

インフルエンザの治癒証明のもらい方

インフルエンザの治癒証明は
病院にある場合と保育園や学校で
用意されている場合があります。

市町村で統一されている
地域もあるみたいですね。

うちの場合は
保育園の場合はインフルエンザになったことを
保育園に連絡をすると

登園許可書を事務室まで
取りに来てくださいと言われます。

中学校の場合は学校のホームぺージから
用紙が印刷できるようになっているので
わざわざ取りに行く必要はありません。

指定の様式のものがないのであれば
病院側で用意してもらうといいでしょう。

治癒証明書は
インフルエンザ発症時の受診ではなく

発症後5日かつ解熱後2日たってからの
治癒後の受診の時に持って行きます。

受付で登園許可証や登校許可書を
渡すと帰りに記入した状態で返してくれます。

原則、この証明書は無料ですが
一部の地域では有料なんだとか…。

ちなみに治癒後の診察は
聴診器で胸の音を聞いたり
問診、のどを見るくらいの診察で、

あの鼻の中に長い綿棒を突っ込むような
特別な検査などはないので安心を(笑)

最初の受診も同じ病院を受診していると思うので
経過はわかっていると思います。

なので聞かれることといったら
いつ熱が下がったのかという事くらいですかね。

インフルエンザの治癒証明のまとめ

インフルエンザの治癒証明は
出席停止期間の最後の日、登校・登園できる日の前日に
もらいに行くのがベストです。

とはいってもあくまでも最短で
治癒証明が欲しい場合なので

あわてて登校や登園する必要がないのであれば
もう数日ゆっくり休むというのもありですよ(^^)/
(うちはナシですけど 笑)

スポンサードリンク