インフルエンザの予防接種で2回目は違う病院でも大丈夫?

インフルエンザ予防接種時期

この時期になると病院に
インフルエンザワクチンの接種にいっている
家庭も多いのではないでしょうか。

子供の場合、2回のワクチン接種が必要なわけで、
保険がきかない予防接種の料金は
結構家計の負担になるんですよね。

友達にインフルエンザの予防接種が
安い病院をみつけたから

2回目はそっちの病院で
予防接種をうけようと考えているんだけど
やっぱり違う病院で2回目ってダメなのかな…

なんてお悩みではありませんか?

ここでは、インフルエンの予防接種の2回目を
違う病院で受けても問題がないのか
デメリットやメリットをまとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は2回目は違う病院でもいいの?

13歳未満の子供は
インフルエンザワクチンを2回接種することが
推奨されていますよね。

なので、1回目の接種から
3週間から4週間経ってから

2回目の予防接種をうけようと
計画をたてているママさんも多いことでしょう。

でも、今年はインフルエンザワクチンの決定が
遅かったこともあり病院への納品も遅くなり

そしてワクチンの量も初期の段階では
足りていないという報道がありました。

ピークの時期には
必要数は確保できる状態になるみたいですが

初期のころのワクチン数が
少ないがために

次の予約ができない場合が
あるかもしれません。

また、もっとも効果を高められる
接種時期や間隔で接種を考えている場合

かかりつけ医の予約が取れなかったり
かかりつけ医が休診だったりするかもしれません。

はたまた、1回目の予防接種をうけたあとに
友達にインフルエンザの予防接種が
安く受けられる病院を教えてもらった…

なんて理由で
1回目にワクチンを接種した病院とは
違う病院でインフルエンザの予防接種をしたい!

なんて考えていませんか?

でも、別の病院で2回目を接種しても
大丈夫なものなのかな…

という不安も感じていることでしょう。

最初にうったワクチンと違う
種類のワクチンになっちゃうのでは…?

違うワクチンを2回うって
副作用が起こったら大変だ…。

違う病院で接種したら
ちゃんとした効果がでないかもしれない…

なんて不安が出てくると思います。

インフルエンザの予防接種の時期と小児子供の2回目の間隔は?
そろそろインフルエンザの予防接種の時期だけど、いつ頃接種するのが効果的なの? 子供は2回接種っていうけど2回目の時期や間隔ってどれくらいがいいの?なんてお悩みではありませんか?

2回目のインフルエンザワクチンは違う病院でも問題なし

違う病院で2回目のワクチンを
接種するとなると

ちょっぴり心配になってしまうと思います。

でも実はインフルエンザワクチンは
どこの病院で接種しても同じものになります。

病院が別あっても
金額が高くても安くても

効果はどの病院のインフルエンザワクチンも
変わることはありません。

日本には現在4つの会社が
インフルエンザワクチンを製造しているのですが

その会社も
ワクチンのもとになっている

ワクチン株は日本全国共通で
厚生労働省で決められたものを使用しています。

唯一違う部分というと
ワクチンの成分ではなく

開封後の汚染を防ぐための
安定剤の部分がメーカーによって
少し違っているくらいです。

なので、どの医療機関で
予防接種を受けても

日本国内で同じシーズンの
インフルエンザワクチンであれば

どのメーカーのワクチンを使っても
同じ効果が現れます。

同じ病院でインフルエンザの予防接種をしても

1回目の仕入れはA社から仕入れたけど
2回目の仕入れはA社が売り切れだったので
B社から仕入れたとなれば

同じ病院であっても
違うメーカーのインフルエンザワクチンを
接種する場合もあります(^^♪

インフルエンザ予防接種を別の病院で受けるときの注意点

インフルエンザワクチンは
1回目と2回目が違う病院でも問題はないのですが

気を付けたほうがいい点があります。

子供の場合、予防接種を受けるときに
母子手帳を持参していきますよね?

インフルエンザの予防接種は2回うつので
お医者さんが母子手帳にどっちの腕に注射したかを
記録してくれます。

1回目のお医者さんが
きちんと記録してくれているか確認して

2回目のお医者さんが
1回目と違う腕にうってくれているかを
確認したほうがいいかな~と思います。

同じ腕にうつのがダメというわけではありませんが

インフルエンザの予防接種は
筋肉内にうつので

接種後に腫れたり熱をもったり
する場合があります。

時間の経過とともに治っていくものですし
1回目と2回目は間隔があいているので
問題ありませんが

小さな子供の場合は
同じ腕に続けて負担をかけるのを
避けるために違う腕にうつのが普通です。

わたしもよくやりがちなのですが
子供が産まれてからひと通りの予防接種をうけたら

母子手帳を持って行くのを
本気で忘れてしまいます。

そうなると記録が取れませんので
2回目の病院でどっちの腕にうったか
わからなくなってしまうわけです(;^ω^)

なので母子手帳は
忘れずに持って受診してくださいね。

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種を2回目を別の病院で打つデメリットとは?

結論からいいますと
インフルエンザの予防接種で2回目を

別の病院で受けることによる
デメリットはありません。

もしかすると場合によって
病院の先生が嫌な顔をする場合は
あるかもしれませんが…(;^ω^)

なので、安い病院をみつけたなら
安く接種できる病院に行けばいいですし

あなたの予定に合わせて
予約が取れる病院に行けばOKです。

ただ、うちの近所の病院が
そうなのですが

同じ病院で2回目の接種を
することで割引料金で予防接種が
できる場合があります。

基本的にインフルエンザ予防接種の料金は
3000円から3500円ほどが
平均的な価格ですよね?

うちの場合大人2人に子ども3人で
おまけに3人の子供が13歳未満のため2回接種。

全員が予防接種を確実にうけると
ばかでかい出費になります。

3500×5=17500円
3500×3=10500円

インフルエンザの予防接種で
28,000円ですよ。

打ってたら絶対インフルエンザにならないと
断言できる注射でもないのに

この金額はデカいでしょ?

一時期は家計が苦しくなるので
子供だけの接種で済ませていましたが

今は仕事の都合で私たち夫婦も
しっかり予防接種をうけています。

しかも大人も子供の
インフルエンザワクチンの値段が
かわらないので本当に辛い!

でも、その病院は2回目の予防接種も
同じ病院で接種することで
予防接種の価格が割引されるんですね。

いくら安くなったか記憶が
さだかではないのですが

500円から1000円くらい
2回目の接種は安かったです。

となると、たった数千円かもしれませんが
助かりますよね?

これが違う病院に行くと
通常料金で支払うことになるので
違う病院に行くと損しちゃいますよね。

でもでもでもでも!

でもばっかり言ってますが、
世の中には驚き価格でインフルエンザの予防接種を
している病院もあります。

インフルエンザワクチンの値段は
病院が自由に決めることができるので
安く接種できる病院もあります。

原価が1000円ほどなんだそうで
原価に診察代や注射器、人件費などを上乗せしてるのです。

うちの近くに1回2500円で
うってくる病院があるのですが
(ひと昔前は1800円だったんですよ!)

完全予約制で予約しないとダメなうえ
ネット予約のみで

毎年予約が取れないで
諦めて違う病院にいっているのですが

もし予約がとれたら、
安く接種できる別の病院に行ったほうが
トータル的に安く済みますよね。

インフルエンザにうつらない人の特徴と看病方法と徹底実施期間
インフルエンザ流行時、なぜかうつらない人っていますよね?看病しているお母さんや一緒に暮らしてる家族なのにどうして?と思いませんか?ここではインフルエンザ患者の看病をしているのにうつらない人の特徴と感染を防ぐ看病方法をまとめています。

2回目のインフルエンザ予防接種を受ける病院のまとめ

2回目のインフルエンザワクチンは
違う病院で接種しても問題はありません。

予定を重視して違う病院を受診するのか
料金を重視して違う病院を受診するのか
はたまた面倒だから同じ病院で…

考え方は人それぞれだと思います。

あなたの都合に合わせて計画的に
予防接種を受けてインフルシーズンを乗り切ってくださいね(^^♪

スポンサードリンク