インフルエンザの予防接種の時期と小児子供の2回目の間隔は?

インフルエンザ2回目

今年もインフルエンザの時期が迫って決ました。

子供を持つ母親にとっては
恐怖のシーズンですよね(;^ω^)

子供って2回打たなきゃいけないから
1回目と2回目を接種する間隔や時期が
わからなくて困っていませんか?

せっかく予防接種をうけるのですから
効果的な接種方法で予防接種をうけたいですよね。

ここでは、子供がインフルエンザの予防接種をうける時期と
効果を高めるための2回目の接種時期と間隔についてまとめています

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種をする時期って小児だといつがベスト?

恐怖のインフルエンザ。

子供がインフルエンザになってしまうと
看病の為ママも仕事を1週間お休みしなければいけないので

少しでも感染するリスクを減らしたい!と
多くの家庭でインフルエンザの予防接種を考えていることと思います。

予防接種を受けていれば、
最悪インフルエンザになってしまうことはあっても
症状が軽くすむ事が多いので受けて損はしないですからね。

そんなインフルエンザですが
毎年、12月頃から流行りだして

1月頃にピークを迎えて
3月ごろまで流行しています。

もちろんその年によって
多少のずれはありますが、

学校では学級閉鎖になったりしているのも
12月や1月頃が多いですよね。

なので予防接種を受けるのであれば
インフルエンザの流行のピークに合わせて

インフルエンザの流行のピーク時に
最も予防接種の効果が発揮されるように
計画を立てて予防接種をうけることをお勧めします。

例年、病院でのインフルエンザの
予防接種の受付開始は10月下旬ごろから
11月の初旬から始まります。

もちろんどのタイミングで受けても
問題はありませんし

予防接種をうけないよりも
早すぎであろうが遅すぎであろうが
予防接種を受けるに越したことはありません。

ただ、やっぱりせっかく痛い思いをして
予防接種を受けるのだから

インフル流行時に無敵の状態で
いられるように、効果を発揮する時期を
計算して上手に接種したいものですよね。

あなたも知っての通り
インフルエンザの予防接種は
13歳未満の子供の場合は2回の接種が必要です。

だからますます計画的に
接種しないといけないわけです。

子供のインフルエンザの予防接種のベストなタイミング

なぜ13歳未満の子供は
2回予防接種を推奨されているのかというと
免疫力がまだないからです。

大人の場合は既にインフルに
感染したことがあったり
他の病気にかかった経験があることで免疫があるけど

子供は経験が少ないため
予防接種で免疫効果を高めるために
2回の接種が推奨されているのです。

子供は2回接種だからって
大人の半分の量で2回接種しているわけでなく
大人と同量のワクチンを2回接種してるんですよ。

おっと、話がそれてしまいましたが
子供がインフルエンザワクチンを接種する
ベストなタイミングは
10月後半から11上旬にかけてです。

1回目の接種をこの時期に終えて
2週間から4週間後に2回目をうつ。

この計画であれば
インフルエンザのピークとなる

1月には予防接種の効果は最強に
なっているという感じです(^^♪

1回目を10月後半から11月上旬に
2回目を11月中旬から下旬に接種って感じですね。

1回目の接種から3週間ほどたってから
2回目の接種をすることで、

より効果がアップするという感じで
1回目の接種でブースター効果を期待することができます。

インフルエンザの予防接種の効果は
1回で50%、2回で80%と言われているんだそうですよ。

なので、13歳未満の子供に限らず
大人も2回接種すれば予防効果は高まると言われています。

実際、受験生などは2回ワクチンを
接種している人が多いみたいですね。

ちなみに、今年は
インフルエンザワクチンの決定が遅れたため

製造量が昨年と比べて少なくなっていると
ニュースで報道されていました。

そのため病院への入荷の時期も遅れていて
入荷数も少ないんだとか。

ピーク時にはワクチンは
揃っていると思っていますが

効果的に予防接種を接種する場合は
早い段階で1回目の接種が必要になるので
早めの行動をおすすめします!

スポンサードリンク

インフルエンザ予防接種の2回目をする間隔や時期は?

インフルエンザの予防接種で
1回目の接種から2回目の接種までの期間は

2週間から4週間程の間隔が
望ましいとされています。

2回目のワクチンそのものは
1週間経てば接種することができるのですが

予防接種をして免疫効果が
出始めるまでに2週間かかると言われています。

2回目のワクチンで
しっかり効果を高めたいのであれば

1回目のワクチンの効果が出てから
2回目を接種をしたほうが効果的です。

1週間や2週間の短い接種間隔で
2回目を接種すると十分な効果が得られない
可能性があるので

3週間から4週間の間隔を
あけてうつのがおすすめです。

とはいっても子供は
びっくりするぐらいナイスタイミングで
突然熱を出したりするので

余裕をもってスケジュールをたてて
予約しておいたほうが安心ですね(;^ω^)

インフルエンザの予防接種で2回目が4週間以上あくとどうなる?

インフルエンザの2回目の接種は
3週間から4週間あけて接種するのが望ましいですが

どうしても都合がつかず
4週間以上あいてしまう場合も
あると思います。

あーうてなかった!と諦めるのではなく、
期間があいても2回目の接種は
するようにしましょう。

早い間隔で2回接種するよりも
1回目の接種から4週間たって抗体ができている状態で

2回目をうったほうが
効果があるという意見もあるそうなので

あ、2回目…と思ったら
4週間以上たっていても早めに
2回目の予防接種を受けましょう。

インフルエンザの予防接種の時期のまとめ

インフルエンザの予防接種は
子供の場合は2回接種することを前提として

1月のピークに合わせて
ワクチンを接種をするのが効果的です。

効果を高めるためには計画的な接種が
できればいいのですが

難しい場合は1回でも抗体はできますし
時期がずれても2回うつことでより効果は高まります。

忙しいとは思いますがインフルエンザで
子供が辛い思いをしなくてもいいように
計画をたててあげてくださいね。

スポンサードリンク