冷え性で足が冷たくて眠れないときの対策とグッズとエクササイズ

寒い

冷え性で足がいつも冷たい。冬になると足が冷たくて夜もなかなか眠れない。
足の冷えは体質改善しないといけないのはわかってるけどとりあえず夜寝る時のこの冷たさをなんとかしたーーーい!

とお悩みではありませんか?

足の冷えの原因には色々あるし、温まる飲み物とか食べ物とかそもそもの体質を変えていかないと治らないってのも何となくわかってても今この瞬間のこの冷えをなんとかしたい!って思っちゃいますよね。冷え体質が改善するまで、我慢なんて到底できないですよね。

ここでは、冷え性で足が冷たくて眠れないときに使える即効性がある、あたためグッズや簡単なエクササイズを紹介しています。

冷え性で足が冷たくて眠れないときの対策とは?

冷え性や足の冷えは、身体の血の巡りが悪いことが原因で起こります。もともとの体質もありますが、加齢とともに血行が悪くなり悪化する人が多いです。
昔は大丈夫だったのに…と30代、40代と徐々に冷え性の女性が増えてくるのもお分かりいただけるかと思います。

足の冷えをそのまま放っておくと、代謝や免疫力の低下や肩こり腰痛なども発症しやすくなります。また、生理痛や頭痛などに発展することもあります。

足は第2の心臓と呼ばれるくらい重要な部分です。足の血流をよくするだけで全身の血行を促せるので、足の筋肉を鍛えることで足が冷える体質を改善していくことが可能になります。かといって、足を鍛えはじめてすぐに冷えの症状がよくなるわけではありません。身体の改善をしながらも、すぐに暖めることができるグッズも併せて使用することをおすすめします。

冷え性で足が冷たい人が寝る時に使える足あたためグッズ

布団に入ったときにジンジン冷える足。布団に入っていれば暖かくなると思ったら大間違いでずっと冷たいまま。そしてなかなか眠れないんですよね。
寝る時に使えるおすすめの足あたためグッズは、電気毛布です。数ある足元あたためグッズの中でも私が1番おすすめするのが電気毛布です。

電気毛布は電気代がかかるし、低温やけどもしそうでちょっと大げさなイメージがあるのですが近年、ブランケットタイプやデザインのかわいいものも売り場に並ぶようになりました。また、電気代も一晩使って1円ほどしかかからないのです。

タイマー機能もあるので2時間つけっぱなしだと自動的に電源が切れます。足があたたまって眠りについたころに自動で消えるのはとても便利ですよね。
使い道はお布団の中だけでなく、持ち運びも便利ですしリビングで使うこともできるし汚れたら洗濯もできます。

↓↓ 実際に私が使用している電気毛布はこちら ↓↓

ルームソックスも足の冷えでよく使用されるアイテムですが普段リビングで使用するならかまいませんが夜寝る時に使用するのはあまりおすすめできません。そもそも靴下を履いて寝ると、靴下のゴムが足を締め付けて血行が悪くなってしまいますし汗腺の多い足なので蒸れてしまい余計に体温を下げてしまいます。蒸れて臭うのも気になりますし…。

最近はゆたんぽも流行っていますよね。ぬいぐるみのようなカバーのかわいいゆたんぽも多く販売されているのでゆたんぽもおすすめです。2時間くらいはそのままでもあたたかいし布団の足元に入れておけば朝までほんのり暖かく過ごすことができます。私はいちいちお湯を沸かして容器につめる行為が面倒なので、やっぱりスイッチを入れるだけで簡単に暖かくなる電気毛布を一番おすすめします。
関連:寒さ対策を一人暮らしでお金をかけないでする方法と暖房光熱費比較

スポンサードリンク

足の冷え性はエクササイズで改善できるって本当?

足が冷えている人は、あまり足を動かさないでいることが多いです。ちょっと意識して足のエクササイズを取り入れるだけで足がポカポカしてくるので是非一度ためしてみてくださいね。
足のエクササイズはとっても簡単です。テレビを見ながらや料理を作りながらでもできるので隙間時間をみつけて少しずつ、取り入れてみましょう。

1番簡単なものは「グーパー体操」です。その名のとおり、足の指をぎゅーっと丸くしてグー。足の指を思いっきり伸ばして「パー」これを30回ほど繰り返すだけです。また、たったままでOKなので、かかとの上げ下げやつまさきの上げ下げをするのもおすすめです。

ちょっとパワーがいりますがスクワットで足の筋肉を鍛えるのが効果的です。スクワットは足だけじゃなく全身に効きます。冷え性の改善だけでなくダイエットも兼ねることができちゃいますね。

寝る前にベットでできる簡単なエクササイズはベットであおむけになって、腰から足を天井にあげて腰に手をあてて自転車をこぐように足を回します。30回ほど回すと足の血流がアップし、あたたまります。

まとめ

足の冷え性を改善するには

足の筋力をつけること、足を動かすことが大切です。

とはいっても体質を改善するには

多少時間がかかります。

今は、すぐに取り入れることができる

あたたかグッズを使ってぐっすり眠ることを優先してくださいね。