寒さ対策を一人暮らしでお金をかけないでする方法と暖房光熱費比較

寒さ

冬になると活躍するのがエアコンやファンヒーターホットカーペットやこたつなどの暖房器具。

1人暮らしだと、家賃や食費に友達との交際費などの生活費すべてを自分1人の収入で支払って暮らしていかないといけないので冬場の光熱費って気になりますよね。
暖房機器は持ってるけど光熱費節約のために、できるだけ使いたくなんだよね…と、お部屋が寒いのを我慢してしまっていませんか?

ここでは、お金をかけないでできる寒さ対策にくわえて、暖房器具の光熱費を比較して寒い冬を乗り切る秘策をまとめています。

スポンサードリンク

寒さ対策として1人暮らしでできること

お部屋を暖かくするための基本は、床と窓からくる寒さの対策をするのが1番大切になります。
冬の部屋の寒さの原因の多くは、窓の隙間や窓ガラスの面、床からくる冷気です。どんなに部屋を暖めても、窓になんらかの対策をしておかなければ窓から熱が逃げやすく部屋が温まりにくくなるのです。

賃貸アパートの場合は、断熱材が一部だけにしかなかったり断熱効果の低い素材を使用した断熱材が使用されていることがり余計に温まりにくくなります。また、壁も薄いことからどうしても冬場は寒くなってしまいがちなのです。

床にできる寒さ対策のひとつに、フローリングにコルクマットを敷くという対策があります。コルクマットは熱伝導率が低いので薄いものでも十分な効果を得ることが出来ます。100円ショップなどでも購入することができますし、まとめて購入する場合は通販だと安く手に入れることができます。

窓からの冷気を防ぐためには、カーテンを分厚いものに変えることをお勧めします。また、カーテンのサイズが合っていないと冷気が入ってきてしまうので長さがぎりぎりの長いカーテンを用意するといいでしょう。

窓のガラス面には、防寒シートやエアパッキンを貼ると寒さを防ぐことができます。エアパッキンのぷちぷちの中の空気の層が冷気を遮断して断熱効果を発揮してくれるのです。窓全面をプチプチで覆うだけで、部屋の熱が外に出るのを防ぐことが出来て2,3度室温をあげることができます。

簡単なことですが床や窓の寒さ対策をしてあるのとしていないのでは、同じ暖房器具を使用したときの暖房器具の使用エネルギーも変わってきてしまうので光熱費に大きな影響が出ます。

床や窓の寒さ対策をして室内の熱を逃がさない工夫をしておけば設定温度が低くてもわずかなエネルギーで効率よく部屋を暖めることができるのです。

関連:冷え性で足が冷たくて眠れないときの対策とグッズとエクササイズ

スポンサードリンク

寒さ対策をお金をかけないでする方法

寒いときには3つの首をあたためましょう、とよく言われます。3つの首とは、首・手首・足首です。お部屋にいる時にはネックウォーマー、ルームソックス、レッグウォーマーなどを着用するのがおすすめです。きついものだと血流が悪くなるのでゆるっとしたものを選ぶようにしましょう。

高価なものを購入する必要はありません。最近では100均にいろんなグッズがそろっています。雑貨屋さんやホームセンターなどで売っているものと性能的にそう違いはありません。100均には、先に紹介したコルクマットやエアパッキンなども販売されています。他にも断熱アルミシートや隙間テープなど色々な防寒グッズが揃っているので是非覗いてみてください。

他にも、湯たんぽを使用するのもおすすめです。2時間ほど暖かいので寝る時などに布団に入れておけば暖かい状態で眠りにつくことが出来ます。寒い時にふとももに抱えておくだけで体全体があたたかくなってきます。

また、しょうがパウダーを購入しておけば料理や紅茶などに混ぜて摂取すると体の芯からぽかぽか温まってきますよ。冬場は暖かい飲み物を飲んだり、鍋料理をしたりと食事面からの対策も併せてできるとより一層あたたまりますね。

暖房器具の光熱費比較で一番安かったのは?

暖房器具といっても様々なものがあります。夏のクーラーよりも冬の暖房のほうが光熱費が高くなるというのは聞いたことがありますか?実際に夏場と比べて暖房を使う冬の光熱費は夏の光熱費の約2倍になります。

かといってこの寒い冬に、節約といっても我慢にも限界ってものがありますよね。
風邪をひいてしまっては元も子もありませんので先に紹介した寒さ対策と合わせて暖房器具の併用は必要不可欠です。

数ある暖房器具の光熱費を調べてみて1人暮らしのあなたにおすすめなのが電気毛布です。
電気毛布というと、ちょっとダサいイメージがあって抵抗があるかもしれませんが最近では、ブランケットタイプのものやオシャレなものも販売されるようになっているのでお部屋に置いておいてもインテリアの邪魔になりません。

これまでの電気毛布とは違って布団の中に敷くだけでなく、ひざかけとしても使えるし、カーペットのように使用することもできます。重いものではないので持ち運びもしやすく、畳んでしまっておけるので場所もとりません。
電気毛布は低い消費電力なのにとても暖かいです。メーカーによって多少の違いはありますが電気毛布の電気の消費量は60Wと他の暖房器具よりも低く、電気代も1時間に約1円しかかかりません。一晩使用しても一日5、6円程度ですし、1か月使っても200円ほどの電気代です。

1時間に約10円ほどの電気代がかかるエアコンとの差はとても大きいですよね。

まとめ

1人暮らしの寒さ対策で大切なのはまず窓と床の冷気を止めることです。

簡単に手に入るアイテムで、簡単に取り付けることができるので
本格的に寒い時期に入る前にしっかりと準備しておきましょう。

そして、寒さを我慢するのではなく
暖房器具を効率よく使用して部屋を暖めて風邪をひかずに
この冬を乗り越えてくださいね。

スポンサードリンク