花粉症でコンタクトが曇る時ワンデーとメガネが良い理由徹底解明

花粉症コンタクト

毎年花粉の季節になると
目ヤニが増えたりコンタクトレンズがずれたり
濁ったりして見え辛くなって辛い。

コンタクトをを洗っても曇りがとれなくて
使い捨てコンタクトの期限が来る前に処分して
新しいコンタクトを装着したりしてやり過ごしている。

期限まで使えないのならいっそのこと
ワンデーコンタクトにしようかと思うけど…
ちょっと高いし2週間でもワンデーでも
同じ結果になるなら意味ないし…。

かといってメガネは好きじゃなくて
視野が狭くなるし
外出するときは何かと不便だから
極力使いたくないんだよね…

花粉の時期でも
コンタクトを外さずにうまいこと
暮らせる方法はないのかな。

あなたは
このようなお悩みをお持ちではないですか?

ここでは、花粉症で
コンタクトが曇ってしまう原因と
花粉シーズンに
ワンデーコンタクトを使うメリットと
コンタクトと一緒にメガネを便利に使うコツ
についてまとめています。

スポンサードリンク

花粉症でコンタクトが曇るのはなぜ?

花粉症の目の症状は、
花粉が目の中にはいってしまうことで
免疫作用としてヒスタミンが出されて起こります。

目がかゆくなったり
赤くなったりするのが主な症状ですよね。

コンタクトをしている場合でも当然
花粉は目にはいってしまい
コンタクトの汚れとなってしまいます。

花粉症になると
アレルギー反応で目のかゆみだけでなく
涙もたくさん分泌されます。

目に入った花粉を目の中から
洗い流す目的で出る防御反応の涙ですね。

たくさん涙が出ることによって
涙の成分である
たんぱく質がレンズに残り
コンタクトレンズを曇らせてしまう
原因になってしまうのです。

コンタクトレンズをしていても
花粉は目の中にはいってくるので
刺激になってしまうのです。

かゆくなって目を擦ったりすることで
目やにも増え、
よりレンズの曇りはひどくなってしまいます。

花粉症にならない人のヤバい特徴と発症原因とならないために対策は?
テレビのニュースでも 毎日のように花粉!花粉!花粉花粉花粉! っと話題になっているほど 多くの人が患っている病、花粉症。 4人に1人は花粉症っていうけど、 「自分は花粉症ではない...

花粉症シーズンのコンタクトでワンデーがおすすめな理由とは

花粉症の時期にコンタクトをしていると
レンズの曇りや汚れだけでけでなく


目のかゆみの悪化や
巨大乳頭結膜炎などの
目の病気の原因
になります。

眼科さんに相談すると、ほぼすべての先生が

「花粉症シーズンはコンタクトをつけずにメガネにしましょう」

そうすすめてくるでしょう。

わたしを含む
多くのコンタクトレンズユーザーは
それじゃ納得できないですよね。

確かにレンズが曇ってしまうのは困る。

でも
コンタクトが使えないのも困るわけです。

実際に
コンタクトレンズ「アキュビー」などを製造している
ジョンソン・エンド・ジョンソン社の調査では
花粉症をかかえるコンタクト装着者の多くが
花粉症シーズンでもコンタクトを使い続けている
ということがわかっているそうです。

使用頻度を減らしているという人も含めて
97%の人がコンタクトを使っている
という結果が出ているのです。

そして
コンタクトを使っている人の93%が
「花粉シーズン中でもコンタクトレンズを使いたい」
と思っているのです。

私もコンタクトレンズユーザーの1人ですが
確かにコンタクトを使っているのに
メガネ生活をしろと言われると不便です。

メガネだとうまく距離感がつかめないですし
視野が狭くなる感じ。

それよりなにより邪魔ですよね。

どうしても、
花粉シーズンでもコンタクトレンズを
使いたい時には
一度お医者さんに相談してみるといいでしょう。

花粉症シーズンの
コンタクトの曇りを解決するには
コンタクトをせずにメガネを使用するのが1番です。

スポンサードリンク

どうしてもの場合は
1日使い捨てのワンデータイプのコンタクトレンズ
を紹介してくれることもあります。

ソフトコンタクトレンズは
ハードに比べて柔らかいので
レンズに花粉やヨゴレが付きやすい性質があります。

洗浄液でこすり洗いしても
完全に汚れが落ちないことが多いです。

汚れたレンズを使っていれば
そりゃ曇って見にくいですし
目のトラブルも引き起こしてしまいます。

1日使い捨てのワンデーコンタクトにすれば
汚れが落ちていないレンズを
目の中に入れるリスクを避けることができます。

曇って見えづらい!と思ったら
1日の途中でも新しいレンズに交換もしやすいです。

自己判断で目に合わないコンタクトをするのではなく
必ず目医者さんに相談し
てあなたにあったコンタクトレンズを選ぶようにしましょうね。

そして1日の使用時間は短くすること。

花粉シーズンは
目のかゆみや腫れなど花粉症の症状も出やすいです。

コンタクトが曇るだけなら
レンズを1日使い捨てにかえればいいですが
かゆみや腫れなどの異常がある場合には
メガネを使用したほうがもちろんいいです。

不調があるときは
メガネを使ってくださいませね。

花粉症シーズンにコンタクトとメガネの併用はおかしい?

コンタクトとメガネの併用。
これは、個人的にありだと思います。

もちろん度入りコンタクトに
度入りメガネをするのはおかしいです。

花粉から目を、
コンタクトを守るために
「伊達メガネ」をするのです。

普段コンタクトをはずしたときに使う
レンズの小さい度入りメガネではなく
ファッション感覚で使うメガネですね。

大きめなメガネをおしゃれ感覚で
ファッションの一部としてかけるだけで
目に入る花粉の量を減らすことができるのです。

コンタクトをいれた状態で
上からメガネをかけるとで
目に入る花粉の量は50%くらいカットできます。

度ありのコンタクトを使いながらも
花粉対策ができて目の乾燥も防げる。

目のかゆみも減らせるし
コンタクトにつく汚れも減らせるのです。

伊達メガネなら物にもよりますが
2000円くらいあれば買うことができますよね。

高価なものではないので
洋服に合わせていくつか買っておけば
おしゃれも楽しめます。

サングラスでも大丈夫ですよ。

最近はやりの
レンズの部分が大きくて
おしゃれな雰囲気のあるウェリントン型や
ボスと柄のメガネなら
誰にも花粉対策をしていると思われず
ナチュラルに使えます。

もっと本格的に花粉から
目を守りたい場合は
コンタクトの上から
花粉症専用のメガネをかけてもいいでしょう。

プールで使うゴーグルのように
花粉が入り込めないような構造になっているメガネです。

ダサイイメージがありますが
ここ最近は正面から見ると
ふつうのメガネなのに
ちゃんとフードが付いていて
花粉が入り込めないようになっている
デザインがおしゃれなものが増えています。

花粉症でコンタクトが曇る場合のまとめ

花粉症でコンタクトが
曇ったり目のかゆみがひどいときには
できる限りコンタクトは装着しないほうがいいです。

でもメガネだとやっぱり都合が悪いもの。

どうしてもの場合は
目の状態がいい時に限り1日使い捨ての
ワンデーコンタクトを使いましょう。

使用時間は短めにして
曇ったり汚れが目立つ場合は
1日たたなくても新しいレンズに交換する
などの工夫をします。

また、コンタクトの上から
おしゃれメガネをかけることで
目に入る花粉の量を減らせるので
うまく併用して
目のかゆみやコンタクトの汚れも防いでいきましょう。

スポンサードリンク