アイプチがうまくできない目が引きつる人必見のやり方で簡単な方法

アイプチ

二重まぶたにあこがれて
アイプチをつかって二重を作ってるんだけど

どうしてもうまくアイプチができなくて
目がひきつって突っ張っちゃう…

なんてお悩みではありませんか?

アイプチメイクで目が引きつっていると
まばたきをしたときに半目になったり
目がひっくり返ってるように見えて

「いかにもアイプチしてます!」と
いう感じで汚い目元になってしまうんですよね…。

目が引きつらないよう自然な二重をアイプチで作るにはコツがあるのです。

スポンサーリンク

アイプチがうまくできない目が引きつる理由

一重まぶたや奥二重の人でも
メスを入れて成型しなくても
くっきり二重になれちゃうアイテム「アイプチ」

メイクをする感覚で
手軽に自分の好きな二重の形や幅にできるので
若い女子たちに人気がありますよね。

ただ、アイプチをうまく
使いこなすにはコツがあるのです。

最初はなかなかうまく使えなくて
目が引きつってしまって
いかにもアイプチをしています!

っていうのがモロ見えに
なってしまって二重で可愛くなるどころか
おばけみたいな顔になっちゃうのが難しいところ。

アイプチをして鏡を見たときには
ばっちりうまく二重に出来ているようで

まばたきしたら大変なことになっている事も
多々あるわけです。

鏡で自分の顔を見れても
瞬きしている目を閉じている瞬間の顔って
自分では見えませんからね。

よく、ファミレスなどに行くと
高校生の店員さんが接客にくるのですが

「THE、アイプチ」の目つきの子を
よく見かけます。

目が引きつっちゃって
ひっくり返りそうな目なのです。

私の視線はもう釘付けで(^▽^;)

アイプチをうまくできない彼女に
引きつらないでアイプチをするコツを
教えてあげたくてウズウズしちゃうのは内緒です。

アイプチをして目が引きつっていると
きっとまぶたに違和感があるはずなのですが
あなたはどうでしょうか?

ちょっと下を向くと
違和感を感じると思います。

うまくアイプチができていると
自分自身も違和感は出ません。

目が引っ張られているような
違和感を感じる場合は
うまくアイプチができていないということです。

では、目が引きつったアイプチは
何が原因で起こるのでしょうか。

いくつか考えられる要因があるので
ひとつひとつ見ていきましょう。

スポンサーリンク

まぶたの皮膚の張り過ぎが原因

もともとまぶたの皮膚が少ない人は
アイプチでまぶたをくっつけることで
余計な皮膚がないからピンと張っちゃうのです。

アイプチが瞼の皮膚を無理矢理
ひっぱる形になるので

まぶたが裏返ったような状態になって
引きつって見えたり目を閉じたときに半目になってしまいます。

二重の幅を広く取り過ぎが原因

くっきり二重の人って
目がパッチリでかわいいですよね。

そんなくっきり二重にあこがれて
二重の幅を広くとってしまうと引きつってしまいます。

目尻から目頭まで平行な瞼を
無理矢理作ろうとすると不自然になってしまいます。

アイプチを幅広く塗り過ぎが原因

二重の幅を幅広くとるのと似ているのですが
アイプチを幅広く塗るのも目が引きつる原因になります。

できるだけアイプチを塗る範囲を
細いラインにしてぬったほうが自然な二重になります。

アイプチのやり方で簡単なやり方とは?

慣れないうちはアイプチは難しいと思います。

はじめのうちは上手くできないことが多いですが
基本の使い方やコツさえ覚えてしまえば
あとは慣れといってもいいでしょう。

アイプチを簡単で綺麗にするやり方

1・まぶたの汚れを落とす

アイプチを塗るまぶたは
意外と皮脂がたまりやすい部分なので
皮脂やヨゴレを落とします。

油分が残ったままアイプチをしちゃうと
皮膚と皮膚がアイプチでくっつきにくくなってしまいます。

2・二重のラインを決める

アイプチのプッシャーを使って
二重を作るラインを決めます。

二重の幅を広くしすぎると
引きつってしまうので

まつ毛の生え際の5ミリくらいに
プッシャーを当てて自然にできるラインが
ベストな二重のラインになります

3・アイプチを塗る

無理のない二重のラインを決めたら
薄目の状態で鏡を見て

先ほど決めた二重のラインに
アイプチを細い半月型に薄く塗ります。

このとき、目尻や目頭まで
広く塗ってしまうと皮膚が引きつってしまうので
半月型にぬるのがポイントです。

このままアイプチののりが半透明になるまで
薄目の状態をキープして乾かしましょう。

また、アイプチは厚塗りすると
乾きが遅くなってしまいます。

待ちきれずに乾いていないのにプッシャーを
当ててしまうと逆にくっつきにくくなってしまったり
アイプチののりがよれて不自然になってしまいます。

アイプチは薄くムラがないように塗りましょう。

まぶたが分厚くて薄いのりじゃ
くっつかないという人の場合は

薄く細く半月型にぬって
軽く乾かしてから同じ作業を2,3回繰り返してみましょう。

4・プッシャーを当てる

アイプチが半透明に乾いたら
二重のラインにプッシャーを軽く当てて
目を開けます。

プッシャーは、ぐっと奥に押し込む必要はなく
軽くあてて目を開くのがコツです。

使い方のコツ:この時、二重のくい込みにプッシャーを入れこんでしまうと、プッシャーにのりがついてよれてしまいます。
そのため、プッシャーは軽く当てるようにしましょう。

そのあと、ゆっくりプッシャーを外します。

5・目尻、目頭を押さえる

現時点でまぶたがくっついているのは
目の真ん中の部分のみです。

目頭や目尻もそっとプッシャーを当てて
二重の形を整えていきましょう。

どうしてもアイプチが引きつるなら

アイプチはどうしてもなれるまでは
うまくできず苦戦してしまうと思います。

また、不器用な人は
練習してもうまくいかないっていう人も多いかもしれませんね。

メイクに時間がかかるのもネックですし
アイプチをしたらアイメイクがやりにくいのも事実。

でも、一重であることを考えたら
これしきのこと苦に感じないよ!と思うのですが

もっと楽に二重にできたらいいのに…
っと誰もが思いますよね。

そんな時におすすめなのがこのナイトアイボーテ。


聞いたことがありますか?

これがあれば毎日朝からせっせと
アイプチをする必要がなくなりますよ(^^)/

ナイトアイボーテは
寝ている間に瞼に二重のクセを
つけてくれるアイテムで

毎日続けていることで
アイプチで作るにせものの二重ではなく
本物の二重になれる人もいるんだとか。

寝ている間はまばたきがないので
まぶたにクセがつけやすいんですよ~。

もちろん、夜だけでなく昼間も使えるので

昼夜兼用で使って
一重の間はアイプチとして昼間に使いつつ

夜にクセを付けるために使って
併用して使うのもいいですよね( *´艸`)

お肌に優しい成分で出来ているので
昼夜使っても瞼が荒れる心配もないので安心です。

→ナイトアイボーテの詳細はこちら

まとめ

アイプチがうまくできない場合は
二重にしよう!と意気込みすぎずに
かる~くアイプチをするのが何よりのコツです。

二重の幅を広くしすぎないこと
アイプチののりを塗りすぎないこと
プッシャーで押しすぎないこと

この3つを意識するだけでも
ナチュラルで引きつることのない自然な二重が作れますよ♪

スポンサーリンク