ウォールツリーのマスキングテープでの作り方で手作りする方法



大きなクリスマスツリーに憧れるけど
子供がまだ小さいし、お部屋も賃貸で狭いから

今年はウォールツリーで
クリスマスを過ごそうと思ってるんだけど
マスキングテープで手作りするには
どうしたらいいのかな?

なんてお悩みではありませんか?

ここではウォールツリーをマスキングテープで
手作りする方法や様々なウォールツリーを紹介してます。

スポンサードリンク

ウォールツリーをマスキングテープで作る方法

クリスマスの定番の飾りと言えば
クリスマスツリーですが

小さな子どもがいると
倒したり触ったり、オーナメントを
口に入れちゃうんじゃないか…

そもそも賃貸でツリーを置くような
スペースもないんだよね…

なんて人も多いのではないでしょうか。

わが家は逆に一昔前の
クリスマスツリーだから

今風じゃないというか
もう飽きてしまったというか(;^ω^)

そんな時におすすめなのが
マスキングテープを使って壁に作る
手作りのクリスマスツリー「ウォールツリー」なのです。

数年前からマスキングテープが
人気になってきて

今では100円ショップでも
たくさんの種類のマステが販売されていますよね。

無地だけでなく柄物のマステもたくさんあります。

クリスマスシーズンにはクリスマス柄の
マステもたっくさん店頭に並んでいるので
見てるだけでも楽しくなっちゃいます。

マスキングテープは
貼ったり剥がしたりできるので

クリスマスシーズンだけ飾る
クリスマスツリーなどの季節物を作って貼るのに
ピッタリなんですよね。

貼ってはがせるから賃貸でも
安心なのはうれしいですよね( *´艸`)

それに私みたいに不器用な人でも
納得できるまで貼り直しができるのも
いいところだと思っています(笑)

クリスマスが終わったあとの片付けも
ペリっと剥がせばOKですし。

マスキングテープだけでも
色や貼り方で素敵なウォールツリーになりますが

マスキングテープをメインに
お気に入りの写真をオーナメントと一緒に飾ったり

以前使っていたクリスマスツリーの
オーナメントと一緒に飾ったり

子供が作った折り紙の作品を
一緒に飾ったりとアレンジが自由自在で
より華やかなウォールツリーを作ることができます。

スポンサードリンク

ウォールツリーのおしゃれな飾りつけ特集

今、話題になっているウォールツリーですが
マスキングテープを使ってみんなは
どのようなウォールツリーを作って飾っているのでしょうか。

素敵なウォールツリーを見つけたので
少し紹介させていただきますね。

シンプルなウォールツリー。

色違い、柄違いのマスキングテープを
数本用意して、ただ横にマステを貼って

クリスマスツリーの形を
つくっていきます。

真っすぐではなく斜めにしたり
マスキングテープ同士をクロスさせて貼る事で

味のあるオシャレなウォールツリーになりますね。

緑色のマスキングテープで
クリスマスツリーの形をかたどって
リボンやオーナメントを飾り付けています。

ちょっと立体的な飾りを取り付けるだけで
印象が随分変わりますね。

??mai??さん(@koda_mako)がシェアした投稿

こちらは一般的なマスキングテープの太さではなく
太めのマスキングテープを使用したウォールツリーです。

クリスマスカラーにこだわらなくても
素敵なウォールツリーに仕上がっていますね。

ツリーの周りに雪を散らしているのも
素敵なアイディアですね( *´艸`)

あさかさん(@askkrme)がシェアした投稿

モダンなお家の雰囲気なら
こういったモダンでシンプルな
ウォールツリーも素敵ですよね。

白黒をベースに
ちょっとパステルカラーの
丸いマステが差し色になって
優しい印象をうけますね。

ちょっと個性派のおしゃれなウォールツリー。

マスキングテープを使って
クリスマスツリーを描くときは

大抵の人はテープを横に貼ると思いますが
こちらはマステの縦張りです。

しかもマステをちぎって
太さを変えて、よりモミの木っぽい
雰囲気を出せているのではないでしょうか。

このような短いマスキングテープを
ランダムに貼るなら小さい子供がいても
一緒にペタペタ楽しんでツリーの
飾りつけができそうですね( *´艸`)

最後に

マスキングテープを使った
手作りのウォールツリーはいかがでしたか?

マステの色や使い方次第で
アレンジが自由自在で楽しいですよね( *´艸`)

大きなツリーも憧れるけど毎年同じツリーを飾ったり

1年に1回のクリスマスために
長期間保管しておかなければいけないことを考えると

もしかしたらマスキングテープを使った
ウォールツリーのほうが長く楽しめるのかもしれません。

スポンサードリンク