冬になると化粧水がしみるアナタの肌の秘密と解決方法

冬化粧水

寒くなってきて肌が乾燥してるからか
いつも使っている化粧水をつけると
肌がヒリヒリしてきちゃう…。

なんてお悩みではありませんか?

急に普段のスキンケア用品で
肌がヒリヒリするなんて不安ですよね。

一体なぜ急にヒリヒリするのか
改善するにはどうしたらいいのかをまとめています。

スポンサードリンク

冬になると化粧水がしみるのはなぜ?

季節の変わり目はお肌がゆらぐ
という話を聞いたことがありませんか?

普段使っている化粧水が
急にしみるようになるのも
お肌のこの「ゆらぎ」が関係しているのです。

とくに、夏から秋へ
秋から冬へと気温が下がり

空気が乾燥してくるこの時期は
寒くて血行が悪くなりがちです。

血行が悪くなってしまうと
お肌全体に栄養がいきわたらなくなり
肌代謝が悪くなってしまいます。

皮脂の分泌の少なくなり
空気の乾燥とともに肌も乾燥していくのです。

そして、お肌を守ってくれている
バリア機能が低下していきます。

肌がかさついたり
化粧水をつけるとヒリヒリしたり

肌がつっぱったり
粉をふいたように白くなる時は

あなたのお肌のバリア機能が
崩れてしまっている証拠です。

バリア機能は外部の刺激から
肌をまもってくれる役割や

お肌の内部の水分を保持し
逃さないようにしてくれる役割があります。

お肌を守り潤いを保ってくるバリア機能が
低下している状態で

乾燥した空気が外気に
お肌がさらされてしまうことで

綺麗に揃っていた肌のキメが乱れてしまい
網目が粗くなり隙間が出来てしまいます。

その隙間からお肌の中の水分が逃げ
外の刺激や細菌が入りやすい状態になります。

それで痒みやかぶれが起こり
普段から使っていた化粧水がしみてしまうのです。

冬になると化粧水がしみるのを防ぐには?

では、急に化粧水をつけて
肌がヒリヒリする場合はどうしたらいいのでしょか。

肌荒れや肌トラブルを防ぐには
まず、今まで普通に使用できていた化粧水であっても
一旦その化粧水の使用は控えるようにしましょう。

そのまま使い続けると
肌荒れや炎症が進んでしまいます。

もちろん処分する必要はなく
肌の状態が落ち着いたら
様子を見て使用してもOKです^^

で、今のあなたの肌状態にあった
スキンケア用品を使っていく必要があります。

まず、失われている水分を
補給するために保水力のあるスキンケアを
行なう必要がありますよね。

たっぷりと化粧水で水分を補給して
乳液の油分で蒸発を防いで蓋をする。

これはスキンケアの基本ですよね。

口元や頬など肌の炎症がひどい場合は
(皮膚科に行くほどでもない程度)

ワセリンを塗って保護するのも
ひとつの手です(^^♪

あとは、スキンケアに頼らずに
肌の代謝をスムーズにするために

しっかり睡眠をとって
栄養バランスのとれた食生活を心掛けましょう。

スポンサードリンク

化粧水がヒリつく敏感肌におすすめの化粧水とは

化粧水がしみて肌荒れをしている時は
普段使っている化粧水は一旦中止しましょう。

普段どおりのケアをしていると
悪循環に陥ってしまいます。

そして肌が敏感な時でも
使えるような安心成分のスキンケアを使います。

何より大切なことは
弱っているバリア機能の代わりの役割を
果たしてくれるようなスキンケアを
選ぶことが大切になります。

つまり、お肌を外部の刺激から
守ってくれるもの

そしてお肌の内部の水分を
しっかり保持して逃さないもの
このような商品を選んでいきましょう。

こんな時におすすめなのが
オールインワンゲル。

お手軽スキンケアで話題になっていますが
1ステップでスキンケアが終わるので
肌への負担が少ないですし

ゲル状でテクスチャが柔らかいため
弱っている肌にピッタリなんですよ。

数あるオールインワンゲルの中でも
選ぶべき商品は

今あなたのお肌にたりない
バリア機能を高めてくれる「セラミド」が
配合されているもの。

このセラミドが配合されていて
お肌に極上のうるおいを与えてくれるのが
ALL-J(AJモイスチャーゲルクリーム)なのです。


AJモイスチャーゲルクリームの公式サイトはこちらです。

この時期だけのために
新たに沢山のスキンケア用品を
揃えるのももったいないので

1ステップのオールインワンゲルを
ひとつ常備しておくと便利です。

こちらからのお試しで
衝撃的な特別価格で申し込めますよ(^^♪

まとめ

寒くなると空気やお肌が乾燥して
お肌の状態が悪くなり化粧水がしみてしまう経験は
誰もが一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

お肌がゆらぐ季節の変わり目は
お肌が敏感になっているので

肌に優しく肌を守ってくれる
セラミド配合のスキンケアを使ってみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク