眉毛の毛の質が太い人が薄く柔らかくするために出来る裏技



雑誌に載っているモデルさんみたいに
柔らかいナチュラルな眉毛にしたいのに

もともとの一本一本の眉毛の毛が
太くて硬い毛質だから自然にならない…

なんて悩みではありませんか?

そっと薄く眉毛を書いたはずのに
もともとの眉毛が濃いからナチュラルにならないんですよね。

ここでは、眉毛の毛質が太い人でも
雑誌のモデルさんのように柔らかい眉毛に
仕上げるコツをまとめています。

スポンサードリンク

眉毛の毛質が太いからナチュラルにならない

雑誌で見るモデルさんの眉毛は
毛質が柔らかくてふわっとした眉毛。

今はやりの太眉で柔らかい質感の
あの眉毛にしたくて

雑誌に書いてあるやり方で
パウダータイプのアイブロウを使って
眉毛を書いてみるものの

もともとの眉毛の質が太くて硬い毛質だから
どうしても濃くなってしまって

眉毛の印象が強い
違和感のあるメイクになってしまっていませんか?

眉毛が濃いとどうしても
強い女!カッコイイ女という
印象の顔になってしまって

柔らかい女性っぽさが出せなくて
着る服も決まってきちゃうんですよね((+_+))

女性はメイクで色んな顔に
化けることができますが

眉毛が濃いと
イメージ通りに仕上げるのは
すごく難しくなってしまいますよね…。

眉毛が濃いことや太いことは
遺伝なので仕方のないこと。

でもだからって
理想の眉毛を諦められないですよね。

ええ。

諦める必要はありません。。

どんなに太くて1本1本が太い
毛質であっても薄く柔らかい眉毛にみせることは
可能になります。

もともと細くて薄い眉毛の人のように
お手入れいらずでナチュラル眉毛の出来上がり、

なんて簡単にはいきませんが

きちんとお手入れをすれば
雑誌のモデルさんのようなナチュラル眉毛に
仕上げることはできますよ(^^)/

濃い眉毛の毛を薄くする方法

結論からいうと1本1本の眉毛を
細くすることは難しい話です。

でも濃くて太い毛が密集している
眉毛が生えるその部分の毛を減らして
薄く見せる方法はあります。

まずは、眉毛の毛の流れを
コームで整えたあとに

コームを眉毛の下から入れた状態で
コームからはみ出している
眉毛をハサミでカットします。

カットする時は
ハサミを縦に入れてカットするのが
ポイントになります。

縦にカットすることで
毛が短くなりすぎたりムラになってしまうことを
防ぐことが出来ます。

次は眉毛の上からコームをいれて
はみ出した毛を縦にハサミでカットします。

ここまでは基本の
眉毛の整え方と同様になります。

眉毛を抜いて密度を減らす

太くて濃い眉毛が密集していることで
眉毛が濃くなってしまうので

眉毛をカットして短くしたり
毛を抜いたりすることが大切になってきます。

眉毛の周りではなく
密集している部分の眉毛を抜いて
量を減らして薄くしていきます。

失敗すると眉毛の中が
ハゲているように見えちゃうので
注意が必要です。

慣れるまで難しいかもしれませんが
眉毛が密集しているところの毛を
1本2本毛抜きで抜いてみましょう。

くれぐれも一気に抜きすぎないように!
同じ部分の眉毛ばかり抜かないこと!

もともとの眉毛が太くて濃いので
1本抜くだけで印象がガラッと変わりますよ。

スポンサードリンク

眉毛を剃って薄くする

眉毛の毛質が太くて硬くて
濃くなってしまう眉毛は

濃い1本1本の眉毛が伸びて
重なっていることで濃く見えてしまいます。

なので、濃くて長く伸びている眉毛を
短くカットすることで薄く見せることができます。

顔そりシェーバーに
眉コームが付いた商品がありますいよね。

そういったコームを当てながら
眉毛を一定の長さに剃っていきます。

長さが変わるとムラになってしまうので
気を付けましょう。

電動のシェーバーでコームがついていれば
毛を剃ってくれる上に長さも揃えてくれるので手軽ですよ。

眉毛の毛を柔らかくする方法

もともと太くて濃い眉毛を
毛質そのものを柔らかくすることは難しいです。

眉毛を抜いて量を減らして薄くしても
眉毛を剃って短くしても

ふわっと柔らかい
眉毛にはなりませんよね。

そう、太い眉毛を細くすることは
不可能な話なので根本の改善にはならないのですが

黒い眉毛を脱色したり
カラーリングすると色が抜けるので
見た目の印象は柔らかくなります。

太くて濃い眉毛を薄く見せたいなら
眉毛を染める効果は大きいですよ^^

メリットとしては
透明感が出ますし

髪の毛の色に合わせられるので
ナチュラルな印象になります。

眉毛の脱色剤で不動の人気を誇るのが
こちらのジョレンの脱色剤です。

口コミ評価も高く眉毛が濃くて太い人たちが
愛用している人気の商品です( `ー´)ノ

眉毛の脱色をすれば、毎日のお手入れが
とてもラクチンになります。

一方デメリットとしては
下から新しい眉毛が生えてきたときに
色が気になること。

眉毛周辺の皮膚が薄いため
脱色やカラーで皮膚がダメージをうけてしまうことです。

眉毛を抜きすぎて生えない人のナチュラル眉の書き方の極意
眉毛を抜きすぎて生えてこない部分に眉毛を書くのって難しくないですか? ここでは眉毛がない人がナチュラル眉を書くコツをまとめています。

まとめ

眉毛の根本的な毛質を
かえることは難しい話になりますが

丁度いい長さに切って整えたり
毛を少し抜いたり脱色したりすることで
ちょうどいい薄さにすることは充分に可能になります。

ちょっと手間ヒマかかかって大変ですが
そのひと手間で雑誌のモデルさんのような
ナチュラル眉毛を手に入れることができますよ( *´艸`)

スポンサードリンク