インフルエンザって赤ちゃんにうつる?0歳児への薬と症状について

インフルエンザ

インフルエンザシーズンになると
赤ちゃんがいる家庭では、

もし赤ちゃんがインフルエンザに
なってしまったらどうしよう…

と不安をかかえるのではないでしょうか?

小学校や保育園に通っている
兄弟がいるとなおさら心配になりますよね。

生まれたばかりの赤ちゃんは
母乳を飲んでいるから

免疫があるっていうけど
実際どうなの?

という疑問にお応えすべく、

ここでは赤ちゃんでも
インフルエンザはうつるのか。

その症状や薬についてをまとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザって0歳の赤ちゃんにもうつるの?

結論からいうと、
0歳の赤ちゃんでも
インフルエンザには感染します。

生後間もないと、
免疫はあるのですが

インフルエンザがうつらないと
言い切ることはできません。

外出する機会が少ない赤ちゃんが
インフルエンザにかかるのは

家族からの感染が原因
あることが多いです。

たとえ、小学校や保育園に通う
兄弟がいたとしても

0歳の赤ちゃんは、
まだ自分からものを触ることは
できないので

周りにいる家族が
しっかり対策をしておくことで
赤ちゃんへのインフルエンザ感染は
防ぐことができます。

うがい・手洗いの徹底、
マスクの着用、
空気清浄機、
適度な加湿

など簡単に取り入れられるものばかりです。

インフルエンザの家族、
潜伏期間である家族が触れたものは
きちんと除菌しましょう。

お母さんだけでなく
兄弟に関しても、

菌がついた手で
赤ちゃんに触れないように
気を付けましょう。

できる対策は万全にしておけば
赤ちゃんも安心ですね。

また、インフルエンザが流行の
ピークを迎えるまえに

家族みんなが予防接種を
受けておくのもおすすめです。

インフルエンザワクチンは
生後6か月にあれば接種することが
できますが、

厚生労働省では1歳未満の
赤ちゃんへのワクチン接種は
推奨されていません。

お母さんが母乳を飲ませているのであれば、
お母さんがワクチンを打っていれば

母乳を通して免疫獲得できる
ともいわれています。

インフルエンザ中に母乳はあげても大丈夫?薬の影響や再開時期
どんなに予防してもかかってしまうインフルエンザ。赤ちゃんに母乳を飲ませている授乳期のママがインフルエンザにかかってしまったら?とお悩みではありませんか?ここではインフルエンザ中でも母乳をあげても大丈夫なのか、薬は飲めるのか、母乳を止めた場合の再開時期などをまとめています。

インフルエンザになった赤ちゃんは薬って飲めるの?

抗インフルエンザ薬として
一般的に知られているのは

タミフルやリレンザ、
最近ではイナビルなんかも
よく使われるようになりましたが

これらの薬は
1歳未満の赤ちゃんに対しての
安全性が確認されていない
ため、
赤ちゃんには処方されません。

抗インフルエンザ薬は、
ウイルスの増殖を抑えて

症状を軽くするための薬なので
大人でもタミフルなどの薬を
飲まなくても

時間の経過とともに
インフルエンザを治すことは可能です。

抗インフルエンザ薬を飲めない
赤ちゃんがインフルエンザにかかった場合は

通常の風邪薬や漢方薬などを
処方
されます。
赤ちゃんには免疫があるため、
症状が軽く済む事が多いのですが

気を付けていないと
肺炎や脳症など重症化
することも
あるため

病院によっては
入院をすすめる病院もあります。


スポンサードリンク

インフルエンザになった0歳の赤ちゃんの症状は?

生後6か月未満の赤ちゃんは
母乳の免疫があるためか、

インフルエンザにかかっても
軽度なもので済むことが多いです

高熱が出たかと思ったら
翌日には下がったりと、

発熱期間が短いなどで
インフルエンザなのか気づかない
こともあります。

インフルエンザに気が付かず
適切な対応をとらないでいると

インフルエンザ脳症などの
重症になる可能性もあります。

毎年100~200人の
5歳以下の子どもが

インフルエンザ脳症を発症しています。
家族にインフルエンザがいて、
赤ちゃんが発熱した場合には
すぐに小児科を受診しましょう。

日ごろから赤ちゃんの様子を
しっかりみておき、

小さな変化に気が付けるように
しておきましょう。

急に熱が上がった場合はもちろん、
咳や鼻水がでる、下痢・おう吐、
ミルクや母乳を飲む量が減ったり、
ぐったりして元気がなかったり
呼吸が荒いときは

インフルエンザの疑いがあるので、
家族にインフルエンザ患者がいる旨を
病院で伝えて指示を仰ぎましょう。

赤ちゃんがインフルエンザにかかり
高熱が出ると、

インフルエンザの脅威だけでなく
様々な心配事が出てきます。

インフルエンザ脳症・熱性けいれん
肺炎・中耳炎・気管支炎なども
併せて発症することもあります。

赤ちゃんは「のどが渇いた」と
自分で言えないので

脱水症状にもなりやすくなります。

おしっこの回数が少なかったり、
口がカサカサしているときは
水分をしっかりとらせるようにしましょう。

え!?今インフルエンザがピークなのにあなたはコレを知らないの?
毎冬流行するインフルエンザ。ここではインフルエンザの予防接種から完治まで当サイトのインフルエンザに関する記事を一覧にしてまとめています。

赤ちゃんのインフルエンザのまとめ

赤ちゃんには免疫があるから大丈夫と
過信せず

きちんと対策をして
予防に努めていきましょう!

大人がきちんとした予防を
することで赤ちゃんがインフルエンザに
かかるリスクを軽減することができます。

家族の看病にプラスして
自身の感染予防、

そして赤ちゃんの感染予防と
大変ですが

インフルエンザにかかってしまうと
もっと大変になるので
しっかり予防対策をしていきましょう。

スポンサードリンク