ミサイル時の避難方法と自宅に地下がない時の避難場所と持ち物

ミサイル避難

ここ最近、毎日のように
北朝鮮のニュースがテレビで流れてて

一体この先どうなるのか
心配になっている人も多いのではないでしょうか。

まさか日本にミサイルが落ちるわけない…
自分たちには無関係な話…

と、全く別の世界の話の感覚で
いたけど、なんだか最近やばくないか?

本当に本当にミサイル、
日本に落とされちゃうんじゃないの?

なんて私も不安に思っています。

もしですよ?日本にミサイルが落ちたら
あなたはどこに避難して
どう対応すればいいのかご存じですか?

ここでは、そのもしもの時が
きてしまった時に

私たちはどこに避難してどんな対応を
したらいいのかをまとめています。

スポンサードリンク

ミサイル落下時の避難方法や取るべき行動と対応策は?

もし、北朝鮮が発射したミサイルが
日本に落ちたらどうなるんでしょうか。

どっかーんと命中して
あの世にいっちゃうのか

それとも何の被害もなく
いつもの暮らしをしていられるのか

それとも命に係わるほどではないけど
何か被害をうけるのでしょうか。

そもそも、北朝鮮は本気で
ミサイルを日本に打ってくるのでしょうか。

その辺りは、北朝鮮のみぞ知る…

でも万が一ですよ?
万が一、本当に日本にミサイルが落ちたら…

北朝鮮のミサイルはなぜ?本当の目的と日本に落ちたらどうなるの?
何度も繰り返される北朝鮮のミサイル発射。 世界中から非難されているのに一体何のためにミサイル発射を繰り返すのか。 その目的の真相にせまります!

って考えると怖いですよね。

しかも、わたし日本海側に
住んでいるのでミサイルを落とされる
可能性が他より高いのでは?

と何気におびえております。

で、もし落ちたら
どうしたらいいのか考えてみたんですね。

そしたらこんなニュースを見つけました。

ミサイル落下時に取るべき行動は? 政府や自治体がHPに避難方法掲載

北朝鮮の弾道ミサイルに対する住民の避難や対策を呼び掛ける情報提供が21日、自治体のホームページなどに一斉に掲載されました。政府が同日、住民への情報提供を都道府県に要請したことを受けたものです。すでに「Jアラート(全国瞬時警報システム)」で全国の自治体を通じ警報を出すシステムが設けられていますが、実際にミサイルが飛来した場合の「地下街などに避難する」といった具体策を示しています。

yahooニュース

どうやら知らない間に政府が
「国民保護ポータルサイト」で

万が一の時にどう対応するべきなにかを
まとめたものを公開していました。

北朝鮮のミサイル発射だけが対象ではなく
テロも含めて、自分の身を守るための情報ですね。

ミサイルは発射してからじゃないと
どこに落ちるのかを特定するのが難しいようで

それなのに、あっという間に
落下しちゃうんですね。

ミサイルの種類にもよるらしいのですが
発射から10分程度で落ちるわけです。

この間に、日本に影響があり得る
ミサイルが発射されたら、

市町村から防災無線で
発射の情報と落下予想地点の
特別サイレンが緊急で流れます。

Jアラート(全国瞬時警報システム)で
全国の自治体を通じ警報を出すシステムです。

その地域に自分が該当したら
避難が必要になります。

先日、沖縄県にJアラート発動で
サイレンが鳴ったようですね。

地震の時もそうですが
本当に、自分じゃどうしようもない出来事の
サイレンほど不安で怖いものってないですよね( ;∀;)

どこから何がきて
どうなるのか分からないとい不安。

避難方法として政府から公表されている
避難方法として

まず屋外に居る時に緊急メッセージが
流れてきた場合は

すぐに頑丈な建物や地下街に
避難するように指示されています。

もち近くに地下や頑丈な
建物がない場合は、物陰に身を隠すか
地面に伏せて頭部を守りましょう。

頑丈な建物に避難する理由は
ミサイル落下による爆風や破片による
被害を避けるためになります。

もし核爆弾だったら
もう終わりなんだろうと思いますが

そうじゃない場合は
身を隠すことで被害を和らげることは
十分に可能だと思います。

なんのせ、姿勢を低くして
身を守ることを徹底しましょう。

もうびっくりしてパニックに
なってしまうでしょうけど
落ち着いて行動することを心掛けます。

状況が少し落ち着いてきたら
爆発が起こった建物などから出来る限り離れて
テレビやラジオなどで情報を集めて

警察や消防の指示に従うようにしましょう。

避難先として1番おすすめなのが
やっぱり地下ですね。

爆発とかの衝撃って
上や左右に広がるそうなのですが

下方向に衝撃は
伝わりにくいんだそうですよ。

具体的には、地下鉄だったり
ショッピングモールの地下や
地下駐車場などがおすすめです。

とはいっても、
ミサイル発射から落下までは

10分程しか時間はありませんし
Jアラートがなるまでにも数分かかるので

実際避難時間というと
5分あるかないかくらいだと思います。

いつミサイルが発射されるか
分からない状況で、いつでも地下に避難できる
状態ではないと思います。

5分で避難しなければいけないのに
10分離れた地下に移動している間に
ミサイルが発射してしまったらバカみたいですよね…。

なので、近くに地下がなければ
頑丈な建物に避難します。

頑丈な建物も何もなければ
地面に伏せて頭を守りましょう。

もし自動車の中にいる場合は
ガソリンに引火する恐れがあるため
車から出て逃げてくださいね。

たったの5分しか
逃げられる時間がないとなると
自分の身を守るのも大変だと思います。

私なんて、子どもが3人いますので
こんな時に子どもを守ってあげられるか
本当に不安になってしまいます。

ミサイル警報Jアラートの携帯の設定の仕方とサイレンの通知音は?
北朝鮮のミサイル発射。あなたの携帯にミサイル警報のJアラートは届いていますか? ここでは鳴らないJアラートの携帯での設定方法をまとめています。

ミサイル落下時に自宅で避難するならどこ?

もしJアラートがなったときに
家の中にいる場合はどうしたらいいでしょうか。

わたしのような主婦であれば
自宅にいる確率のほうが高いですよね。

一般住宅の場合は
ほとんどが木造住宅だと思います。

木造住宅の場合は
火が燃え移ってしまう可能性も否めないので

近くにスグに避難できるような
頑丈な建物や地下街があればすぐに避難しましょう。

近くに避難する場所がない場合は
下手に遠くに移動するのはNGです。

アラームが鳴ってから
遠くまで逃げる時間はないので

窓から離れるか
窓がない部屋に移動して身を守ります。

うちの場合は、お風呂が唯一窓なしの
お部屋になります。

トイレの窓も他の部屋よりも
小さめの部屋なので

お風呂かトイレに逃げようと思います。

もしもの時に窓が割れないし
お風呂やトイレは家の構造的にも

部屋が狭いので柱で
頑丈になっているのでより安心です。

で、自宅で避難する場合は
外気を室内に入れないように

換気扇を止めて窓をしめて
外気の侵入をふせぎましょう。

先日テレビで放送されていたのですが
シェルター付きのお家を販売している人がいました。

シェルターって地下に部屋があっても
専用の機械みたいなのがないとシェルターとしての
本当の機能はないような話をしていましたが
実際どうなんでしょうね?

とりあえず、緊急のアラームがなったら
おどおどパニックにならないように避難しましょう。

それと、日本人はこういうのに
慣れていないので警報をなめちゃうというか

アラームがなっても
「別に…」「大丈夫だろ…」的な感覚の人が
すごく多いんですね。

確かに、アラームが鳴って
何事もなかった場合は、

必死に逃げて避難していたことが
ちょっぴり恥ずかしい事もありますが

万が一の事を考えたら
その判断を後悔することになります。

今は状況が状況なので
もしアラームがなったら必ず避難してほしいと思います。


スポンサードリンク

ミサイル落下時に避難する時の持ち物は?

これまでお話ししてきたように
ミサイルの発射がわかってから

ミサイルが落下するまの時間は
約10分間という短時間しかありません。

警報音が鳴って私たちのところに
情報が伝達されるのは

落下まで残り5分のあたりです。

たったの5分で
避難しなきゃいけないので

持ち物という持ち物を
用意することはできないと思います。

屋外に居る時は
その日もってる手荷物を
持ったままで避難するしかないですし

自宅の場合でも
パニックになっていたら
きっと迅速に対応はできないと思います。

なのでやっぱり地震の時のような
防災セットは用意しておいたほうがいいですよね。

もしミサイルが日本に落ちたら
そのエリアはライフラインは確実に止まりますよね。

なので最低限の食料や飲料水
懐中電灯やラジオなどを用意しておきましょう。

ミサイルが落ちたときの避難のまとめ

日本にミサイルなんて落ちるわけない…
今でもそう信じていて

心のどこかで
「まさか本気でミサイル打たないでしょ」
「戦争になる事は絶対にないだろう」と思っていますが

やっぱり最悪の事態を
想定しておくことって大切だと思います。

本当にミサイルが落ちたら
少なからずこの知識があることで少しは役に立ちますし

ミサイルが落ちなかったら
落ちなかったで安心して終了になるだけです。

避難方法や対応をを知っているだけで
万が一の時の結果が全然違ってくるので
頭の片隅に覚えておいてくださいね。

スポンサードリンク