年末の大掃除はどこからやるべき?計画の立て方とあると便利グッズ

大掃除

今年ものこすところあと僅かとなりました。
年末に主婦である私たちを悩ませるのが大掃除。

しなきゃいけないのは分かってるけど、仕事に家事に育児と実際なかなか大掃除に取り掛かる時間って取れないんですよね。
掃除しなくてはいけないところ、掃除をしたいところはたくさんあってもどこから掃除すればいいのかわからず手が進まない。

で、結局できなかった…
なんてことになってしまっては気持ちよく年越しすることができません。

ということで、ここで年末の大掃除はどこからやるべきなのか、大掃除の計画の立て方をまとめてみました。

スポンサードリンク

年末の大掃除どこからはじめると効率よくできる?

年末の大掃除を効率よく行うためには、2度手間をかけない事が基本中の基本です。

分かりやすく説明しますね。

例えば先に床掃除から始めた場合です。床を掃除したあとに天井の掃除をしたり床を掃除したあとに、水回りの掃除をしたとします。すると、せっかく掃除した床がまた汚れてしまうことになります。そして汚れた床を再び掃除する…ということになってしまいます。これが二度手間になるということです。

この大掃除の二度手間を省き効率よく大掃除をすすめるためには掃除の決まりがあるのです。掃除をするときは「上から下へ」「奥から外へ」が基本になります。ホコリは上から落ちてくるので天井から掃除をはじめます。そして奥の部屋から玄関に向かってほこりを押し出すイメージで掃除をすすめていくといいでしょう。

また、普段働いていると大掃除にとれる日数や時間は限られてくると思います。大掃除どころか通常の掃除もままならない…なんて状況もあり得ることでしょう。年末の大掃除は、普段できない事を重点的に行うだけでも見た目や気分が全然違います。気軽にできる掃除機や拭き掃除以外の、窓や網戸、換気扇など普段頻繁にやらないような覚悟を決めてやることを重点的に大掃除のスケジュールに組み込みましょう。

関連記事:オキシクリーンで油ギラギラ換気扇掃除をやってみた実践記

大掃除の計画の立て方で無理なくすすめる方法

大掃除は無計画で始めると、だらだらずるずると中途半端な掃除になってしまいます。仕事、家事、育児と忙しい中、年末になると大掃除以外でも何かとばたばたしますよね。この忙しい年末の大掃除で出来ることは限られています。掃除に終わりはありません。やってもやってもいくらでも作業が出てくるのできちんと掃除する場所を決めて、計画を立ててスケジュールどおりに進めていくのがおすすめです。

また、今日は大掃除の日。と決めても1日中大掃除をするのは難しいです。1日で終わらせようとするのではなく、大掃除の作業を細分化して数日に分けて大掃除をすすめるといいでしょう。

まずは、掃除をする場所をピックアップします。お風呂やトイレ、冷蔵庫やレンジ、換気扇、昭明、窓、カーテンなどは普段からこまめに掃除できないので、大掃除できれいにすることをおすすめします。掃除箇所をピックアップしたら、予定を組んでいきます。

決めた掃除箇所を、グループ分けして1日にできることを配分していきます。場所や掃除に必要な作業をそろえてやると効率よく掃除することができます。

また、つけおき系の掃除は、つけおきしている間は手を動かす必要がないのでこの時間帯は別の掃除をすることができます。30分つけおきするなら漬けている間に30分で出来る別の掃除をするようにしましょう。


スポンサードリンク

大掃除であると便利なお掃除グッズ

大掃除では普段掃除しないような細かい部分や非常に汚い部分の掃除をすることになります。いつも使っている掃除グッズでは、なかなか汚れが取りにくいことも多いです。
そこで、便利な大掃除グッズが大活躍です。最近では100均などでも使えるグッズが揃っているので大掃除を始める前に一度覗いてみることをおすすめします。100円なので使い捨てする感覚でガシガシきれいにしちゃいましょう!

・窓掃除に便利なペットボトルサッシ掃除用ブラシ

水を流しながら細かい砂汚れもブラシで書きだすことができます。

・ウインドウクリーナー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

窓・網戸楽絞りワイパースペア SP390(スペアのみ・柄別売り)
価格:500円(税込、送料別) (2016/9/30時点)

雑巾のほこりや拭きむらなくぴかぴかにすることができます。
すっとなでるだけで水がきれて水拭きやからぶきを何度もしなくてOK!

・ブラインドクリーナー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テラモト ブラインドクリーナー CE-898-200-0
価格:802円(税込、送料別) (2016/9/30時点)

ブラインド1枚1枚を雑巾でふくのは本当に労力が必要です。
これがあれば簡単です。

・メラミンスポンジ

洗剤なしで、シンク周りやキッチン周りの焦げのシミなどをぴかぴかにしてくれます。
消しゴムみたいな感じです。

・重曹

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自然にやさしい重曹 お徳用(1kg)[粉末洗剤 優しい重曹 1000g]
価格:298円(税込、送料別) (2016/9/30時点)

油汚れに強く、キッチン周りで私も普段からよく使用します。研磨効果もあって汚れも落としやすいです。
消臭効果があるのでとっても便利です。

まとめ

年末の大掃除はわたしたち主婦にとっては1年を締めくくる一大イベントです。

効率よく掃除を終えることができる順番を知り計画をたて、
効率よく掃除ができる便利アイテムを使用すれば怖いものなしですね。

まずは普段できない掃除箇所を
徹底的にきれいにして気持ちの良いお正月を迎えましょう!

スポンサードリンク