クリスマスの飾り付けを子供と手作り!マスキングテープと折り紙で

クリスマス

子どもも大人も毎年楽しみなクリスマス。

クリスマスといえばプレゼントやご馳走、ケーキが主役ですがホームパーティで忘れちゃいけないのが飾りつけ!ですよね。
クリスマスツリーやクリスマスリース。最近では、雑貨屋さんやホームセンターだけでなく100円ショップなどでもおしゃれで素敵な飾りが並んでいます。

おしゃれで素敵なクリスマス飾りも素敵だけど、子どもが少し大きくなってハサミやノリを上手に使えるようになってくると今年はクリスマスの飾り付けを子どもと一緒に手作りしようかな、なんて思っているお母さんも多いのはないでしょうか。サンタさんがプレゼントを持ってきたときに、喜んでくれるように…っと心を込めて子どもと作った飾りつけ。想像するだけでわくわくしちゃいますよね。

ここでは、子どもと一緒に手作りできるクリスマスの飾りつけを紹介しています。お子さんと一緒に、是非クリスマスを感じて仲を深めてくださいね。

スポンサードリンク
  

クリスマスの飾りつけの手作りアイディア

クリスマスの飾りというと、緑や赤、黄色や白、そしてキラキラ光る飾りですよね。
子どもと一緒に手作りするときも、緑・赤・黄色・白・金銀のカラーを使用すれば基本的にかわいいクリスマス飾りになります。

自宅にクリスマスツリーをすでにお持ちであれば、ツリーに飾る飾りをお子さんと作るといいでしょう。紙ねんどでお星さまやハートを作ったり、りぼんをぐるぐる巻いたり。公園で拾ってきた松ぼっくりにボンドをつけてビーズをつけたりキラキラのラメを振りかけて紐をつければ簡単にできるオーナメントの完成です。

ツリーがない場合でもわざわざ購入しなくても大丈夫です。最近は賃貸マンションに住んでいたり、子どもが小さい場合や、ツリーの収納スペースがない家庭ではクリスマスツリーを購入せずに、自分で作っちゃうこともあるんですよ。壁に白や緑のモールをジグザグに貼って、折り紙などで作ったオーナメントを飾ればあっという間にクリスマスツリーが完成します。壁に作るクリスマスツリーだから大きさも自由。壁いっぱいに大きなツリーを作ればお子さんも大喜び間違いありませんね。

クリスマスの飾りつけ マスキングテープを利用して…

最近では、どの家庭でも持っているマスキングテープ。マスキングテープがあればクリスマスの飾りつけも簡単に手作りできます。

スポンサードリンク

マスキングテープは、貼ってはがせるのが便利なところ。また、100円ショップなどでも取り扱われていてカラーや柄も選びきれないほどたくさんの種類があって手軽に手に入れることができます。壁にお絵かきする感覚で、クリスマスの飾りつけをしちゃいましょう。用意するマスキングテープのカラーは何色でも大丈夫です。赤・緑・金・黄色・白などを使用するとクリスマスらしさがアップします。最近はクリスマス仕様の柄入りのマステもあるからそちらを使ってみるのもいいですね。

マスキングテープを使って簡単にできる飾りは「雪の結晶」です。壁や窓に白色のマステを使って飾ります。雪の結晶は10~15cmの長さに切ったマスキングテープを4本用意してクロスさせながら貼るだけで簡単です。
また、緑のマスキングテープを使って壁一面にモミの木の形を貼るとマスキングテープのクリスマスツリーができます。そのモミの木に、カラフルなマスキングテープを貼ったり折り紙で作ったオーナメントを飾れば完成!形を作るのが難しいって人でも、クリスマスカラーのマステを下から順番に横にはって、少しずつ短くしながら上にはれば立派なクリスマスツリーが出来上がります。

マスキングテープで作れば大きさも自由。片づけるときは、はがしてポイでいいからツリーをしまう場所もとらないので楽ちんですよね。毎年ちがうクリスマス飾りが出来るのも楽しみのひとつになりそうです。

クリスマスの飾りつけ 折り紙を利用して…

子どもが少し大きくなると、手先が器用になってきてハサミを使ったり折り紙を折ったりもできるようになってきます。クリスマスの飾りで使う折り紙の折り方は簡単なものも多くあるのでお子様にお願いして折ってもらいましょう!

サンタクロースにトナカイ、ベルやクリスマスツリーなどは小さな子どもで簡単に折ることが出来ますよ。最後にサンタやトナカイの顔を書いてもらえばオリジナルな飾りになりますよね。表情が違う色んなサンタやトナカイを作れば楽しくなるでしょう。

少し難しくなりますがハサミを使って雪の結晶を作ることができます。折り紙というより切り絵に近いものになってしまいますが、切ったあとの広げるときのわくわく感に子どももお母さんもわくわくすることができますよ。折り方や切り方を変えるだけで色々な雪の結晶をつくることができますよ。

まとめ

手作りのクリスマスの飾りつけ。あったかみがあってとても素敵ですよね。子どもと一緒にクリスマスの飾りつけができるのも小さなうちだけです。子どもに季節感を教えることもできるし、遊び感覚でできるのもいいですよね。

少しずつクリスマスの飾りつけをしていくことで子どものクリスマスへの期待感も高まってより一層クリスマスを楽しむことができるのではないでしょうか。
家族みんなで楽しくあたたかいクリスマスを過ごしてくださいね。

スポンサードリンク