母の日に感謝を伝える花の選び方で種類や花言葉の秘密を徹底解説

母の日花選び方

母の日にお母さんに
お花を贈ろうと思っているんだけど

カーネーション以外に
どんな花があって
どんな花を贈ったらいいの?

なんてお悩みではありませんか?

母の日の定番はカーネーションですが
カーネーションだけが母の日のお花ではないんですよね。

では母の日に贈る花は
どんな風に選んだらいいと思いますか?

お花の種類だったり
色だったり花言葉だったり

母の日に感謝を伝えることができる
お花の種類はたくさんあります。

ここでは母の日ギフトで贈る
お花を花の種類から選ぶ方法や
花言葉から選ぶ方法をまとめています。

スポンサードリンク

母の日の花の選び方は?

母の日にお花を贈る場合
一番手っ取り早くサクッと選べる方法は

やっぱりお花屋さんで贈り物用の
花束やアレンジメントを購入する方法ですよね。

母の日が近くなると
お店に既に母の日用にアレンジされている
既製品のお花が並んでいるので

その中から予算や好みに合わせて
お花を選ぶのが簡単です。

母の日の花として用意されているので
使用されている花の種類や色なども
お花のプロが考えて作られているので
間違いありませんよね。

予算からお花を選ぶとすると
だいたい1,000円ほどで小ぶりな花束で
2,000円ほどで片手で抱えて持つくらいのサイズです。

3,000円あれば反対側の手を
添えないと持てないくらいの大きさの
花束のサイズになりますね。

5000円にもなると
両手でしっかり抱えないと持てないほどの
ボリュームのある大きな花束になります。

お店に並べられているお花で
好みのものや予算にあったアレンジメントがない場合は

店員さんに予算を伝えて
絶対に入れてほしいお花や色のイメージなどをリクエストすれば
予算に合わせた素敵なアレンジを作ってくれますよ。

母の日と言えばカーネーションという
認識しかなくて

普段お花を買う機会がない
お花に詳しくない私たちからすると

どんな花がよくて
どうやって母の日のお花を選んだいいのか
わからないのが普通だと思います。

なので、ここは専門家に
任せてしまうっていうのも
1つの手だと思います。

ちなみに母の日に贈る花は
必ずしも花束じゃないといけない
というわけではありません。

最近では鉢植えタイプの
花を母の日にプレゼントする人も
多くいるんですよ。

例えばガーデニング好きの
お母さんだったら鉢植えのお花のほうが
嬉しいでしょうし

普段から花瓶にお花を飾っている
お母さんなのであれば花束のほうが
嬉しいですよね。

あまりお花のお世話が得意では
ないお母さんなら生花よりも

お世話をする必要がないブリザーブドフラワーを
プレゼントするのもありだと思いますよ(^^♪

母の日に贈るお花を選ぶときは
まず、母親にどんな形でお花を贈ると
喜んでもらえるかを買う前に考えておきましょう。

母の日はなぜカーネーション?赤いカーネーションの花言葉や本数の意味
毎年あたりまえのように母の日に贈っているカーネーション。 でもふとある日、なんでカーネーションを贈るのかな?と思って調べてみました。 カーネーションの花言葉や贈るべき本数の意味の徹底的に調査した結果です。

母の日の花を種類で選ぶなら?

母の日の定番と言えば
カーネーションですよね。

そしてカーネーションと言えば
赤色が主流になっていると思います。

でもここ最近はカーネーションだけに
留まらず、色々なお花を母の日に贈るように
なってきています。

では、母の日にプレゼントする花は
カーネーション以外にどんな花が送られているのでしょうか。

・バラ

バラの花も母の日にはおすすめです。

バラというと愛する女性に贈るという
恋人にプレゼントする花というイメージがありますが

華やかさや香りに抜群の
存在感がるので花束のメインとして
入れると素敵だと思います。

赤いバラには愛情や美しいという
意味があるのですが

色によっても意味合いが違ってきて
ピンクのバラだと感謝やしとやかという
意味があるので

母の日にバラを贈るなら
ピンク色がおすすめです(^^♪

・ガーベラ

ガーベラの元気なイメージは
見る人の気持ちを明るくしてくれます。

大きくて丸い花びらが
とってもかわいいですよね。

花束に混ぜると
一気に明るく元気な印象の
花束になります。

色によって印象が違ってくるのですが
おすすめは黄色やピンクのガーベラです。

・ユリ

甘い香りが特徴のゆりは
ニオイがきつい花もあるので
好き嫌いがあるお花かもしれませんが

凛としたゆりの花は
花束の中でも存在感が大きく
素敵な花束を演出してくれます。

・チューリップ

母の日がある春の旬のお花ですよね。

主役にも脇役にもなれるチューリップですが
実は母の日の花のプレゼントに人気があるお花なんです。

チューリップには種類が多く
カラーバリエーションも豊富なので
お母さんにピッタリなイメージの
チューリップを贈りましょう。

・スイートピー

花びらがとってもかわいい
スイートピーは主役で使うのではなく

花束の脇役として入れてあげると
主役のお花がギュッと引き締まって
柔らかく全体に明るくしてくれて
かわいいイメージにしてくれます。

やさしい思い出という花言葉も
あるので母の日にぴったりですね。

・あじさい

季節的にも旬であるあじさいは
ボリュームがあって人気がある母の日のお花です。

あじさいは鉢植えで贈る人
が多いですね。

辛抱強い愛情や強い元気な女性です。

母の日の定番はカーネーションですが
定番のカーネーションではなくても

あなたの気持がこもったお花であれば
基本的にどんなお花でも喜んでもらうことができます。

お母さんが好きな花だっり
お母さんが好きな色だったり

あなたの想いを伝えられる
花言葉のお花を選びましょう。

カーネーションだけの花束を
もらうとインパクトはありますが

その後の飾ることを考えると
他の色んな花が混ざっていた方が
お母さんも楽しめると思いますよ。

スポンサードリンク

母の日の花を花言葉から選ぶなら?

まさかコレが?!義母に嫌われちゃう母の日のプレゼントの正体とは
義母への母の日のプレゼントほど頭を抱えて悩むプレゼントはありませんよね。 もしかしたら、あなたが贈ったあのプレゼントで義母さんから嫌われちゃってるかもしれません。 今年の母の日のプレゼントを選ぶ前に、義母ウケのよくないプレゼントを知っておきましょう!

母の日のお花。

感謝の気持ちを伝えるお花を贈りたいけど
どんな花を贈ったらいいのかわからない
なんて人もいますよね。

母の日用にアレンジされた
お花を買えば済む話ですが

せっかくだから自分で
お母さんの為に選んだお花を
プレゼントしたいものですよね。

お店の人と相談して決めてもいいと思いますが
ある程度、入れたいお花は自分で入れておくといいと思います。

お花を選ぶときには
好きな花や色を基準に選ぶ方法も
いいのですが

せっかくの母の日のプレゼントですから
あなたのお母さんへの感謝の気持を
伝えらる「花言葉」を基準に選んでみてはどうでしょう。

恥かしくて言えない感謝の気持ちを
お花にして伝えちゃうんです( *´艸`)

赤色のカーネーションは
母への愛が花言葉だから
母の日の定番になってるわけですよ。

お花の花言葉は調べると
たくさんできます。

お花の種類や色によって
花言葉が違ってくるので

あなたの気持ちにぴったりな
花言葉のお花を選ぶといいでしょう。

母の日にお母さんへの感謝の
気持ちを伝える花言葉を持つ代表的なお花は

・バーベナ: いつまでも家族です。

・ローズマリー: 母との思い出という花言葉から、産みの親に向けたお花です。

・スターチス: 変わらぬ健康と安全

・カーネーション(紫): 誇り

・あじさい: 素敵な女性

なんかがあります。

同じ花でも色によっては
贈るとダメなよくない花もあります。

例えばカーネーションなんかが
そうなのですが

普通の赤なら「母への愛情」の意味ですが
深く濃い赤のカーネーションは「私の心に悲しみを」
という意味になってしまいます。

また、白いカーネーションは
亡くなった母親に贈る色になっているので
避けないとダメですよね。

黄色いカーネーションには「軽蔑」とか
「嫉妬」のネガティブな花言葉ありますし…。

お花の見た目のイメージを
重視するのなら花言葉はそこまで
気にする必要はありませんが

あなたがメインで贈ろうと思ったお花の
花言葉は一度調べておいたほうがいいと思います♪

母の日のプレゼントがマンネリでいつもと違うプレゼントならこれ!
毎年くる母の日。なんだかマンネリしちゃってる…なんてお悩みではありませんか? 今年はいつもと違うあんなプレゼントやこんなプレゼントを贈ってみませんか?

母の日のお花の選び方のまとめ

母の日に贈るお花のプレゼントといえば
カーネーションが定番になっていますが
必ずしもカーネーションを贈る必要はありません。

あなたのお母さんが好きな花だったり
好きな色の花を贈りましょう。

お花を選ぶときはお花の種類や
花言葉から選ぶと選びやすいですよ。

ある程度メインのお花が決まったら
あとはお花屋さんの人と相談しながら
予算に合わせて花束を作るのがおすすめです。

スポンサードリンク