介護職の給料は上がるのか?上げるにはコレが必須って知ってる?

5b849523c6a66aed2dcff428e62888e7_s

介護職として介護の仕事をしているけど
世間で言われているとおり給料が良くない…。

何やら政策をたててるみたいだけど
実際に介護士の給料は上がるの?

給料を上げるにはどうしたらいいの?

なんてお悩みではありませんか?

ここでは、介護職の低賃金問題の政策についてと
給料を上げるために必須な話をまとめています。

スポンサードリンク

介護職の給料は上がるのか?

2018年に介護報酬改定が
行なわれるわけですがその前に

問題になっている介護職員の
給与賃金を引き上げるべく

2017年から月額平均1万円相当の
改善が行われています。

介護職員の賃金問題については
テレビニュースなどでもよく取り上げられていますし

実際介護職として働いている人は
賃金の低さを実感しているかと思います(”_”)

私自身、介護の仕事に携わっているので
お給料面での苦悩は理解できます。

夜勤手当でなんとかやっていけている…
という部分がスゴイ多いですし

家庭を持っている男性だと
このままのお給料で家族を養っていく
となると不安になってしまいますよね。

安部首相が技能や経験に応じた
給料アップの仕組みを作ったり
処遇の改善に取り組む提言したわけですが

実際現場で働く人たちは
今現在、まだ給料アップの実感は
ないのではないでしょうか。

だからこそ、今後も介護を続けていてもいいのか
頑張っていれば国として対策をしてくれて

ちゃんと他の職種のように割りに合ったそれなりの
お給料がもらえるのか…

と不安になってしまいますよね。

でも、国をあげての政策による
お給料アップに関しては

安部さんの話を信じて
待つしかできないのが現状なのかな…
というのが本音です。

というのも私たち介護職員のお給料というのは
所属する会社から支払われているわけですが

あなたの会社の収入源(売上は
国から支給される介護報酬が大半だからです。

なので、介護サービスの
介護報酬が引き上げられてはじめて

介護サービスを提供している
私たちの勤務先の企業(介護事業所)の
介護報酬が増えることになります。

そこで初めて私たち職員に
お給料・賞与として支払うことが出来る
ということになるのです。

安部総理は、2017年から2020年にかけて
人材確保のための待遇アップをして
他業種との待遇格差を失くしていく

と言っていますし

実際、2018年の介護保険制度改正で
介護職員の待遇改善が重要視されているのは事実なので

急に大きく何かが変わるということは
難しいかもしれませんが

政府的には、わたしたち介護職員の給料を
上げていく方針でいることは間違いないと思います。

スポンサードリンク

介護職の給料を上げるには必須なのがこれ

政府も介護職員の賃金の安さを
問題視していて政策を打ち出してはいるものの

本当に大丈夫なのか分からないですし
私たちが期待するほどの収入アップには
ならないかもしれません。

なので、自分自身で給料を
上げるための努力も必要になってきますよね。

ただただ、何も考えずに
その日その時を過ごしていても

介護職でなくてもどんな職種であっても
給料アップなんてするはずがないですよね。

介護の仕事は未経験でも
無資格でも仕事をすることは可能ですが

介護の仕事は一般事務の仕事とは違って
基本給にプラスして

資格手当というプラスアルファーの
手当を受け取ることが可能です。

同じ介護職でも持っている
資格によって数千円から数万円の
お給料アップが見込めます。

介護福祉士や、ケアマネージャー、
これからの時代だと認知症ケア専門士などが
有名どころですよね。

もちろん絶対に必要というわけではありませんが
資格をもっていると、

主任、リーダー、施設長や管理職などの立場になって
資格手当だけでなく役職手当などもプラスされ
お給料の底上げにつながる可能性が高くなります。

介護の資格取得で給料をあげる

給料のいい職場に勤めれば
今よりもお給料はよくなるかもしれませんが

職場を変えるだけでは
初任給程度の賃金からのスタートに
なる事が多いです。

とくに介護経験があっても無資格の場合は
最初のお給料は少ない状態でのスタートだと思います。

お給料がいい職場を転々としても
最初の給料が低ければ伸びも低いです。

なので少しでも給料をあげるために
資格取得を積極的にすることをおすすめします。

介護職員初任者研修・実務者研修
介護福祉士・ケアマネージャー等の資格をとれば

それだけで資格手当として
毎月のお給料が数千円から数万円アップします。

また、資格があれば将来的に
介護施設のまとめ役として出世しやすくなります。

やはり、介護の仕事はプロフェッショナルな仕事ですので
どんなに経験があっても資格がないと
上の立場になるのは難しいと判断される可能性もあります。

今後は、今以上に高齢者の数が増え
介護が必要不可欠な時代にってきます。

2025年には国家資格でもある
介護福祉士の資格の有無で介護職の給料の格差が
生れるという話も出てきています。

今すぐに…というわけにはいかないかもしれませんが
今後も介護を続けるのであれば資格取得は
視野にいれておくべきと言えます。

こちらから介護職の資格取得に関する資料を
貰うことが出来るので一度目を通してみてはいかがでしょうか。

→資料請求はこちら

別の給料のいい介護施設に転職

どんなに資格を持っていても
給料体制が悪い会社は多いものです。

求人広告で見た内容と
実際に手にする給料が全然違う…

なんて思いをしたことがありませんか?

介護の担い手が少ない今、
企業も様々な工夫をして求人広告を出しています。

私たち介護職員の目を引く
すばらしい広告を出してきますから(;^ω^)

小さな文字で、夜勤手当・資格手当含む。
などと表記されていて

夜勤の回数が表示より少ない回数だったり
無資格のため資格手当がつかなかったりと

何だか思っていたのと違う…
なんてこと誰もが経験したことがあるのではないでしょうか。

給料が高い職場に転職するのが
今すぐ給料をあげたい人が出来る
1番手っ取り早い方法なのですが

なかなか自分で判断するのって
難しいと思うんですよね。

・月25万円欲しい
・残業はしたくない
・賞与が大きいところがいい
・休みが多いほうがいい

などなど、あなたが望む
希望の条件を満たす職場を
自分自身で探すのって難しいですよね。

でも、もしあなたが既に介護福祉士の資格を
持っているのであれば

あなたが求める高待遇で好条件の
職場を紹介してくれるサイトがあるのです。

それが介護の転職支援サービス【スタッフプラス】なのです。

気になる企業とのお給料交渉から
面接までお世話してくれて

このサービスを利用して転職して
年収60円アップさせた人もいるんだとか( *´艸`)

もちろんお金はかからないので
あなたは一銭も支払う必要なく無料で利用することができますよ。

>>>介護・福祉の転職支援ならスタッフプラスの無料登録はこちら<<<

さいごに…

介護職といてお仕事をしている人が
お給料を自分であげるためには

資格取得は確実に視野に入れいてく必要があると思います。

利用者様によりよいサービスを提供するためのスキルアップにも繋がりますし
自分自身の給料アップにもつながりますよね。

とはいっても、ただ資格があれば将来が安泰というわけではありません。

介護の知識やスキルだけでなく
リーダーとして人をまとめられるようなスキルや
雑務を効率よくこなすスキル

人してどうあるべきか、人間性の部分も向上していき
会社に必要不可欠な人材になることが大切になってきます。

スポンサードリンク