胸の外側のしこりが痛いので乳腺との違いを調べて病院受診してきた秘話

乳がん

先日、乳がんで逝去された
フリーアナウンサーの小林麻央さん。

この訃報を聞いて、いや…
乳がんであることを公表したその時から

わたしたち女性の乳がんに対する意識は
変わってきたはず。

きっと、誰もが乳がん検診に
行かなくちゃと思ったはず。

そして実際に行動して既に検診に
行ったという人も多いのではないでしょうか。

そして私のようにある日、自分の胸を触ると
今までなかった「しこり」が
胸にあるのを発見してしまった人もいるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

胸の外側に急にしこりが…しかも押すと痛い

小林麻央ちゃんが乳がんを公表してから
ちょこちょことブログを読ませていただいていた私。

北斗昌さんの時もそう…
芸能人が乳がんになるニュースを見るたびに

もしかしたら自分も…と
乳がん検診に行かなければ!と毎回思うんですよね。

実際に私も3人目の子供を出産して
授乳期が終わった頃から

不定期ではありますが
乳がん検診を受けに行っていました。

やっぱり芸能人の呼びかけって
影響力が多くて誰かが乳がんを公表すると

しばらくの間はどこの医療機関でも
乳がん検診の予約がいっぱいになって
数か月先まで予約できない状態になります。

私も誰かが乳がんになったら
危機感を持って乳がん検診にいくというのの
繰り返しでした。

幸いにもこれまで乳がんが発見される
ことなく今を迎えているのですが

小林麻央ちゃんの乳がんの公表をうけて
そして闘病生活をブログで目の当たりにして

さらに赤裸々につづられているブログが
ニュースで報道されるたびに

私も検診に行かなきゃな…
と思っていました。

でも、思っていただけで
仕事の忙しさを言い訳に検診には言っておらず、

かれこれ前回の乳がん検診から
2年程経とうとしてたのです。

小林麻央さんが逝去された日が6月23日。

今でも毎日のようにメディアで
ニュースとして取り上げられていますが

その訃報から1週間もたたない
6月28日の日中、私も右胸にしこりを発見してしまったのです。

しかも仕事中。

ちょっと胸と脇の境目の部分が
かゆくて、ポリポリと掻いたんですね。

そしたらボコっとした感じがして…
あれ?っと思ってつまんでみると…

し、しこりが…。

ボコボコしている感じで
パチンコ玉より少し小さいくらいの
ビービー弾くらいの5ミリくらいの大きさの
しこりが2つ程あるのです。

つまむと痛いのです、ちょっとだけ。
かゆいのではなく押すと痛いのです。

一瞬なんだこの虫刺されは!
っと思ったのですが

すぐに小林麻央さんの顔が
頭の中をよぎりました。

げ。やばいかも。

と思いました。

仕事中だから胸を出すわけにも行かないし

ちょっとコレどう?って職場の人間に
確認してみようとも思ったのですが

万が一、このしこりが乳がんだったら…
と思うと誰にも何の確認も相談もできず
一人でおろおろしていました。

そして隙を見てトイレに行って目視!

あきらかに胸の表面の部分に
しこりが浮き出ている感じなのです。

絶対に昨日まではなかったし
今までにこんなことになったことはありません。

ただ実は、生理中(3日)ということもあって
見た感じ、乳腺かな…?とも思える感じです。

しこりがあるけど、その浮き出ているしこりの
延長線上に乳腺というか血管みたいな筋と繋がっているような
いないような…よくわからない感じ。

無理矢理、大丈夫と自分に言い聞かるかのように

・ここ最近、仕事がハードで疲れてるから…
・ここ最近、生理前にやたら胸が張るから…
・ここ最近、生理2日目が終わると一気に出血が減るから…

とかなんとかいって
ホルモンバランスが乱れているだけだ。

と結論づけた私は、
そのまま終業時間まで何事もなく働きました。

そして、帰宅。

そして、真っ先に夫に話をするのかと思いきや
すっかりしこりの事なんて忘れちゃってる私(^▽^;)

普通にご飯を食べ、お風呂に入り
旦那も既に寝てしまっている時に

は!そういえば(; ・`д・´)
と思い出して旦那をたたき起こして報告。(アホですよねw)

たまたま、次の日の仕事が休みということもあり
すぐに病院に受診に行くことになりました。

胸のしこりと乳腺の違いって?

すぐに病院受診を決めたわけですが
それでも検査するまでは不安です。

もし乳がんだったら
治療を始めるまでの間、

検査をして乳がんだって言われるまでの間
明日の受診を待っているこの間も
乳がんは進行しているわけでしょ?

恐ろしい。

夫婦してインターネットで
胸のしこりについて調べるわけですよ。

生理中の胸のしこりは
よくある事だし生理が終われば消えていく
という話に慰められて

一方で、胸の外側の脇のしこりは
乳がんの可能性があると見て不安になり

しこりがコロコロと動かないから
大丈夫だと安心してみたり

しこりはしこりでも良性なら
乳がんじゃないこともあると知って安心してみたり

でもやっぱりどんな情報を見ても
今わたしの胸にしこりがある以上

万が一のことを考えると
恐ろしくなりました。

私の場合、生理中ということもあって
乳がんのしこりなのか、

生理中で胸が張って乳腺が発達して
ただ浮き出ているだけのしこりなのか
その違いが判断できませんでした。

一応、判断基準の目安というものが
あったので紹介しておきますね。

まず、乳がんのしこりの場合は
硬くてゴリゴリしているそうです。

そして皮膚の裏に張り付くような感じで
コロコロとしこりが動かないんだとか。

一方、良性のしこりの場合は
くるくるよく動くしこりだそうです。

私の場合は、つまめるしこりで
くるくると動かせるしこりなので

たぶん生理だから出てくる
乳腺のしこりなんだと思います。

しかも、生理中や整理前に
乳腺の塊が触れてコリコリする人って
世の中に結構たくさんいるんだとか。

あとから聞いた話、旦那の母親つまり義母も
同じようなこと昔よくあったと話ていたそうです。

そもそもまだ何も分かっていない状態で
義母に話をしちゃう夫に不信感を抱きましたよ( `ー´)ノ

なんて夫の文句を言っている場合じゃないですね。
調べた結果をまとめると、
しこりは生理が終われば消えていくそうなのですが…

でも、でも、でもでもでもでもでも!!!!
やっぱり自信はないですし

専門家のお墨付きがないと安心できないので
翌日乳がんの検査に行こうと決めたのです。

スポンサードリンク

胸のしこりが痛いので乳がんかも…と病院受診してきた

胸の外側にしこりを見つけた日の
翌日に早速病院を受診してきました。

しこりを触った触り心地は
前日と同じような感じでコロコロと動く感じ。

ただ、気になって触りすぎているからか
触ったときの痛みは前日より増しているような…?

最初から大きな病院に
予約も紹介状もなしで行って
長時間の待ち時間を待つのはイヤだったので

乳腺専門医がいる小さなクリニックに
受診に行きました。

生理だから出来ているしこりだと
信じたい気持ちが大きく、

どちらかというと
生理だから乳腺がコリコリしているだけだろう…

と、一晩経って
ちょっと気持ちが軽くなっていたので

こんなことで大騒ぎして
はい、乳腺ですと言われて終わったら
恥かしいという思いがあったのも事実です。

で、朝いちばんで乳腺専門医のいる
乳腺外来のクリニックへ行ったのですが…

まさかの受付でマンモグラフィーは
予約制で9月まで空きがありません。

っと断られてしまう始末( ;∀;)

えー。

今、ここにしこりがあって
焦ってきているのに9月まで診てくれないの?

その間に進行して
万が一の事があったらどうしてくれるんだ!

って感じでした。

ただの検診ではなく
自覚症状あっての受診なのに…。

そんなものなの?!

泣く泣く、そこの病院をあとにして
次はちゃんと電話して確認して別の病院へ行きました。

だって、今日しか休みがないから。

シフト制の仕事だから
先の予定は分からないし

人出が足りず会社のみんなが激務の中
お休みなんて貰える状態じゃないし
勤務交代なんてお願いできる立場でもない。

だからこそ今日の今日で診てくれる病院を
探さなければなりません。

ということで、避けていた
大きな病院へ電話をかけてみる。

乳腺外来はないし乳腺専門医もいなくて
外科での診察になるけど

マンモグラフィはあるようなので
そちらの大きな病院を受診しました。

案の定、おじいちゃんおばあちゃんで
いっぱいで、朝1番でこれなかったハンデで
かなりの待ち時間になりそうな予感…

と思いながら受付をして
外科で順番待ちをしていました。

早い段階で名前を呼ばれて
マンモグラフィーをする部屋に移動し

マンモグラフィーに胸をはさんで
撮影をしていただきました。

右胸と左胸でそれぞれ縦と横の
2枚を撮影したあとに

気になるのってどこですか?
と聞かれて右胸をもう1枚追加で撮影しました。

その後、また順番待ちをして
1時間ほどで名前が呼ばれて

問診と触診。

問診では気づいた日や
気づいたときの状況、出産の有無や
授乳中であるかどうかなどを聞かれました。

あと、こういう症状は
今までに経験があるのか初めてなのかなどですね。

触診では、つまんでしこりを確認するというより
押して痛みの確認をされたあとに
右胸も左胸も指の腹で抑えるような感じでした。

右胸のしこりのある場所と
左胸の同じ場所を見比べたりしていたような気がします。

触診しながらあれこれ何も言わないので
何を意図していたのかは謎です。

触診が終わると
マンモグラフィーの画像を見せてくれて

怪しい影は映っていないので
乳がんである可能性はないとのこと。

ほっと一安心です。

では、このしこりは何なのか
という問題が出てくるわけですが

今回の受診ではそれが何なのかは
何とも言えませんとのこと。

乳腺の炎症を起こしているのかもしれないので
後日、エコーをしましょう!ということで

(エコーは今日の今日じゃできないらしい)

エコーの予約を取ってきました。
…約1か月後ですが(笑)

そして先生が帰り際にボソっと
その時にはもうないかもしれないけどね ふふっ
と笑っていました。

やっぱり生理が終わったら
消えそうな感じのしこりなのでしょう。

帰宅後、胸のしこりが乳がんじゃない場合は
一体何なのかを調べてみたところ
乳腺症というのが有力なのかなと思っています。

乳がんのような悪性の腫瘍ではなく
良性のしこりで乳腺に正常と違った変化が
みられるという状態なんだそうです。

女性ホルモンが過剰分泌したり
不安定な状態で起こりやすくて
生理の周期にも関係しているんだとか。

うん、私は乳腺症なのかもしれない。

<<続く>>

スポンサードリンク