能登島水族館の【GWお盆夏休み年末年始】の混雑と混雑回避の裏技

能登島水族館

今度のお休みを利用して
能登島水族館にジンベイザメを見に行こうと思ってるけど
やっぱり連休だと混むのかな~?

なんて悩んでいませんか?

能登島水族館といえば
石川県の離れ小島にある小さな島。

普段はのどかな島だけど
連休になると、観光客だけでなく地元民でも賑わいます。

そんな能登島水族館の
ゴールデンウィークやお盆、夏休み、年末年始などの
長期休暇での混雑の状況と混雑回避法をまとめています。

スポンサードリンク

能登島水族館のGW・お盆・夏休み・年末年始の混雑は?

能登島水族館は石川県に唯一ある水族館。
正式名称は「のとじま臨海公園水族館」といいます。

地元民からしても近すぎず、
遠すぎず、日帰りでもいける
ちょっと別世界にきた気分になれる
ことで愛されていれるお出かけスポットです。

大阪の海遊館にはかないませんが
日本海側の水族館としては大規模で
国内で4番目になるジンベエザメが見れる水族館です。

水量1600トンのパノラマ水槽は
なんとも迫力がありますよ~。

そんな能登島水族館ですが
観光シーズンでなければ
かなりのんびりできる水族館です。

普段はこの水族館、大丈夫か…?
って思っちゃうくらいの空き具合なんですね。

しかーーーし!

GWやお盆などの繁忙期ばかりは
凄い混雑しちゃうので計画的に
のとじま水族館に行くことをおすすめします。

能登島には水族館はもちろんですが
島全体が人気の観光地になってるんですね。

キャンプ場とかもあったり
イルカウォッチングに行けたりと
何かと楽しめるところなんです。

なので、春から夏にかけての
大型連休に関しては能登島にくる
人が物凄いことになるわけです。

しかも、能登島はその名のとおり
「島」なんですよね。

この「島」に入る道が2本しかないのです。
(わたしが子どもの頃は1本だった気がします)

島の道路も色々な抜け道がある
複雑な道路ではなく、

水族館に行く道は最初から
決まっているようなもの。

迂回ルートはほぼないに等しいです。

それでですね、
のとじま水族館に行く人の渋滞が
できちゃうわけなんですね。

ゴールデンウィーク中の
5月5日のこどもの日なんて
渋滞がかなりヤバイです。

毎年、のとじま水族館は
子どもの日になると中学生以下の子どもの
入場料が無料になるんですね。

なんていうんでしょうか。

人が多く来場すると
駐車場に車がとめれなくなっちゃうんですよね。

変な話、園内に入っちゃえば
混み具合はこんなもんか…って思えるのですが

水族館の中に入るまでの混雑のほうが
覚悟しておいたほうがいいですね。

能登島水族館は駐車場に停めるまでの
混雑が一番つらいです。

駐車場が満車になっちゃうと
ひたすら駐車場が空くのを待つことになります。

1100台の無料駐車場があるが
ゴールデンウィークやお盆などの夏休みは
あっという間に満車と思っていてください。

なので、混雑に巻き込まれて
渋滞にはまると、水族館の入館時間に間に合わなく
なっちゃう場合もあるのです。

連休中はのとじま水族館側も
営業時間を早めたりの対応をしますし
臨時シャトルバスも出てたりします。

警備のおじさんもたくさんいて
交通整理もしてくれるのですが

開園前でも第一駐車場は
満車になるくらいです。

もちろん臨時駐車場も用意されています。
渋滞緩和のために、能登島に入る手間の
能登島大橋のところにも車がとめられます。

そこから無料シャトルバスに
乗って水族館に行くって感じですね。

私、朝いちから能登島水族館に遊びに行って
お昼過ぎに帰ろうと反対車線を車で走っていましたが
長蛇の列がずーっと続いていましたから。

この人達は、果たして
水族館の営業時間内にあそこまでたどり着けるのだろうか…
って心配になるくらいでしたもん。

能登島水族館で混雑を回避するとっておきの裏技

とはいっても
やっぱり長期のお休みでないと
のとじま水族館に遊びにいくのは難しいと思います。

なので、混雑を回避して
ゴールデンウィークやお盆などの夏休みでも
のとじま水族館を思いっきり楽しむための
秘策をお届けしますね。

もう、これまでの話の流れで
分かっちゃったと思いますが

駐車場待ちの渋滞を避けるためには
朝早くに能登島に入っちゃうことです。

午後から能登島水族館に
向かうとなるとかなーり遠くからの渋滞になります。

朝早く能登島入りをして
お昼を食べてちょっとしてから
能登島から出るようにすれば

帰り道の渋滞にも巻き込まれずに
済みますよ(^^♪

のとじま水族館の駐車場は
朝1番なら余裕でとめることができます。

開園の1時間前には到着できるように
出発すると確実です。

ゴールデンウィークの期間中は
開園時間が早まっていて8時から営業しているので
7時ごろには能登島の中に入っている状態に
しておくのがベストです。

早めに行けば駐車場も
入り口ゲートの近くに停められますよ♪


スポンサードリンク

地元のレストランの
店員さんのお話しによれば

能登島水族館の渋滞の混雑を
避けるには午前8時頃には

能登島の入り口ゲートの前に
ついている状態にするのがいいそうです。

8時以降になるとどんどん
渋滞してきて、午後3時頃まで続くんだそうです。

そして午後4時頃になると
反対車線ですね、能登島大橋の下り車線が
渋滞になっていくそうです。

あとは、早めに出発しれば
チケット売り場の混雑も避けられると思いますが

事前に前売りチケットを
買っておくと入場もスムーズにできるので
おすすめですね。

混雑も避けられるし
事前に前売りチケットを買っておくことで
割引料金で入場することができます。

割引チケットはのとじま水族館のHPから
印刷することもできますし

コンビニに置いてある機械で
直接購入することもできます。

大人1850円のところ1650円で
小人510円のところ460円(3歳から中学生以下)に
割引されることになります。

のとじま臨海公園水族館

住所:石川県七尾市能登島曲町15部40
電話番号:0767-84-1271
公式サイト:http://www.notoaqua.jp/
営業時間:9時~17時(12月~3月19日は16時30分まで)
休館日:12月29日~31日
入館料:一般:1,800円 3歳~中学生:500円
年間パス:一般:4,000円 3歳~中学生:1,200円

のとじま水族館のゴールデンウィークの混雑のまとめ

普段は平穏でのどかに過ごせる能登島水族館ですが
ゴールデンウィークやお盆などの長期のお休み期間については
想像以上の混雑になります。

混雑回避の1番の方法は
早めに出発して早めに帰路につくことですね。

午後から水族館に行く計画だと
渋滞に巻き込まれて入館時間に間に合わない可能性もあるので
のとじま水族館に行く計画は朝1番にたてておくことをおすすめします。

スポンサードリンク