卒業式のコサージュがダサいから嫌!必要なの?と思うあなたへ

卒業式コサージュ

もうすぐ子どもの卒業式。

卒業式といったら母親や先生の胸元に
コサージュがあるのが定番ですよね。

コサージュってダサいと思いませんか?
おばさん臭くて嫌じゃないですか?

どうしてもつけなきゃいけない
ルールや決まりがあるなら仕方なくつけるけど、

絶対じゃないのならつけたくないって人も
多いんじゃないでしょうか?

私もコサージュはダサいと思う派の
ひとりだったりします( `ー´)ノ

ただでさえ最近「老い」を感じてるのに
コサージュをつけたら

ますます老けて見えてババくさい!

こんな時しか使わないのに
意外と高いし、本当にいるのかよっ!って疑問です。

ということで、わたしを含む
コサージュを付けたくない派のみなさんのために
コサージュは絶対に必要なアイテムなのか調べてきました。

スポンサードリンク

卒業式にはコサージュは必要なの?

1年前、真ん中の娘の保育園の卒園式に
コサージュをつけずに参加したわたし。

ダサいからつけていかなかったのではなく
ダサいから棚に置いておいたら
普通に忘れていったわたしです( ;∀;)

あたりを見渡せば
まわりのお母さんたちの胸元には皆コサージュ…。

正直、そのときは
やっべぇ…って思いましたね。

もう当たり前のように
みんなコサージュをつけているんです。

お!あの人つけてないぞ…
っと思ったのもつかの間。

バックからひょいと取り出して
ポンとつけちゃいます。

コサージュをつけてないのって
わ、わ、わ、わ、私だけじゃん…。

と。

まぁ結果的には
コサージュなしで卒園式を
終えちゃったわけですよ。

小さな保育園だったし
そう目立つこともなく

コサージュがなくても何の問題も
なかったのですが

今年は、小学校の卒業式です。

さすがに、保育園とは違って
人数も規模も全然違うので

タブーな感じで卒業式に
出席するわけにはいきません。

でもコサージュはダサいので
極力つけたくありません。

ということでコサージュについて
色々と調査してきました!

先に結論を…。


みなさん!喜んで~♪
コサージュは必須ではありません~♪

そもそもなぜコサージュを
つけるのかに迫ってみたところ

卒業式では黒っぽい洋服を
着るので、華やかさを出すために
コサージュをつけるんだそうです。

入学式はパステルカラーとかの
服装をする人が多いから
コサージュはつけないんだとか。

門出を祝う雰囲気づくりといいう感じですかね。

たしかに、コサージュをつけると
パッと顔周りが明るくなって
華やかな印象にはなりますけどね。

あとは、相手に喜びを伝えるための
小さな花束という意味もあるそうです。

こんな意味があるコサージュだけど
抵抗があるならつけなくてもOKなんです。

必ずつけましょう!という
必須マナーじゃないんだそうですよ( *´艸`)

一安心ですね。

なんていうんでしょうか。

自分の服装とか
自分の身なりに自身があるわけじゃないですよ。

コサージュなんてつけなくても
私そのものが華やかだから♪

とかいうんじゃなくって

シンプルに決めていきたい
というのかな?うまく言えないですけど(^▽^;)

この時期になるとデパートとかに
卒業式特集みたいな特設売り場が設けられてて

まるでコサージュは絶対に
つけるものです!みたいな感じで
売り出されてますもんね。

そりゃみんなつけますよねぇ。

でも無理してつけなくていいとわかって
肩の荷が降りました(^^♪

でも、つけなきゃつけなきゃと思って
コサージュ売り場をよく覗いてたのですが

私がイメージするコサージュとは
違うババ臭くないコサージュも結構ありました。

なんか時代が変わってる…
っとババ臭い発言をしてしまったわたしです。

コサージュをつけずに
何もつけない状態でも全然構わないのですが

コサージュの代わりに
ブローチをつけるものアリなんですって。

シュッとしたブローチとか
つけたらオシャレですよね。

卒業式で親の服装で喪服をアレンジして着るのは非常識なの?
子どもの卒業式に喪服を着ていく予定のあなた、ちょっとお待ちください。もしかするとアナタは非常識なことをしようとしてるかもしれません!ここでは、卒業式で親の服装が喪服でもいいのかどうか詳しくまとめています。

卒業式のコサージュがダサいと思うならこれ

コサージュはつけても
つけなくても良いとの事ですが

超美人で、そこにいるだけで
華やかオーラを振りまいている人なら
いいのかもしれませんが

平凡な顔をしているわたしですので
何もなしじゃ存在感ゼロかな?

どちらかというと
お下品の部類に入る私ですから

少しでもパッと明るく見せてくれる
コサージュの代わりになるような
「何か」がないかを探してみました。

卒業式のコサージュに変化がありました!!

デパートの特設会場や
アクセサリー売り場を見ていると

ちょっとビックリしました。

コサージュ=ダサい

この方程式が絶対だと
思っていたのですが
時代が変わっていました。

私のイメージの中のコサージュというと
パリッパリでいかにも造花で

みんな同じような感じで
ダサいんです。

でも、今は違うんですね。
ビックリでした。

パールがついていたり
手触りも全然違うし

色も形もみんな違って
種類がありすぎました。

もちろん、ダサいやつはダサいんんですけど
ボリューミーがコサージュとか
シュッとしたコンパクトなコサージュとか

意外と私好みのものも
売ってるんですよね。

おすすめコサージュ一覧はコチラ<楽天>

こんなのだったらつけてもいいかも( *´艸`)

卒業式の親の服装マナーパンツスーツやアクセで恥をかくって本当?
卒業式の親の服装マナーについてお悩みではありませんか?恥をかくことなく卒業の日を迎えられるように卒業式の服装マナーを覚えておきましょう。スーツやアクセサリーについての常識マナーをまとめています。

卒業式のコサージュは生花で

コサージュはコサージュでも
色や形にも決まったルールがないみたいなので

ちょっと人とは違う感じで
インパクトがあるのなら

生花作られたコサージュなんて
素敵だと思いませんか?

造花のあのパサパサ感はなくて
何よりみずみずしくて新鮮です。

日持ちしないのが難点ですけど
今日だけの特別なコサージュという意味では

いいかも…っとちょっと
後ろ髪ひかれちゃいますよね。

卒業式のコサージュはプリザーブドフラワーで

プリザーブドフラワーは
造花でもなく生花でもなく

両方のいいとこどりをした
感じのお花ですね。

最近はこういったプリザーブドフラワーの
コサージュも人気があるみたいです。

結婚式とかのブーケにも
よく使用されてるんだとか。

ちょっとお高い感が出るので
特別な日にぴったりですよね。

卒業式のコサージュはブローチで

色んなコサージュを見てみたけど
やっぱりコサージュはちょっと…

と、何かがひっかかってしまうわたし。

ダサいから嫌だったんだけど
ダサくなくて素敵なコサージュも
あるのはわかったんですけどね。

何というか…
私のキャラがコサージュじゃないんです。

サバサバしたおっさんみたいな
性格の私なので

何がひっかかるって
お花という飾りが私のキャラじゃないんです。

なのでやっぱりコサージュは嫌。

だからブローチにしよう
という答えに行きつきました(^^♪

やっぱりブローチのほうが
ワンランク上等な感じがしませんか?

ほら、佳子様とか皇族の方々も
ブローチつけてるじゃないですか。

上品だしナウイと思うんですよね。

ブローチにする場合は
パールとか小さなラインスト―ンが
ついたものがおすすめみたいです。

あまりにギラギラ光っているような
派手なものはNGとのこと。

上品な感じであれば
基本なんでも大丈夫みたいです。

ネックレスと合わせて
ブローチもパールなんてのいうのが
一般論みたいですが

私はシュッとしたシンプルなのが
好きなので、華奢な感じのでこんな
感じのにしたいな~

ちょっとこれは高すぎで
絶対買えないですけど((+_+))

スポンサードリンク

卒業式できれいに見えるコサージュを付ける位置は?

コサージュやブローチは
つける位置によって

あなたの印象や見え方が
全然違ってきます。

基本的に左側につけている人が多いですが
左右どちらにつけても大丈夫です。

あなたが1番綺麗にみえる位置は
鎖骨の高さです。

見る人の目線が鎖骨あたりにつけた
コサージュやブローチに集まることで

顔がシャープに見えるんだそうです。

そんな事聞いたら絶対
鎖骨らへんにつけちゃいます。

ジャケットを着る場合は
襟につけるのがおすすめです。

襟のギザギザの段の
2段目あたりにつけるとバランスがとれますよ。

ブローチやコサージュには
どっちが上とかどっちが下とかって
実はないんです。

なので、色々つけかたを試してみて
グッとくる1番きれいに見える
バランスをみつけてくださいね。

小学校卒業式で母親の髪型を自分でするロングヘアのアレンジ方法は?
子どもの卒業式にどんな髪型で行こうか悩んでいませんか? 母親の髪型のマナーを守った素敵なアレンジ方法を紹介しています。

卒業式のコサージュのまとめ

卒業式ではコサージュは必須マナーではありません。

なので、コサージュに抵抗があれば
つけなくても全然オッケーなんですね。

何もつけなくても大丈夫だけど
華やかさをだすならブローチが無難かなと思います。

種類もたくさんあるし
是非お気に入りを見つけてくださいね。

スポンサードリンク