ひな祭りの夕食メニューで子供向け料理とデザート簡単レシピとは

ひなまつりパーティ

ひな祭りに簡単なパーティを

自宅でしようと思っている。

いつもの夕食とは雰囲気が違う、

ひなまつりにちなんだ夕食を作りたい

と思ってるけど

ちょっと変わったものだと

子供が食べてくれないかもしれないし

どんなメニューにしたらいいかな……

なんてお悩みではありませんか?

せっかくひな祭りパーティをするのなら

ちゃんとひな祭りの意味を持ったメニューで、

かつ子供が喜んでくれる料理を作りたいですよね。

ここでは、仕事で忙しいママでも

あまり調理に時間をかけずに作ることができる

ひな祭りの子供向け料理と簡単デザートのレシピと

作り方を紹介しています。

スポンサードリンク

ひなまつりの夕食メニューといえばこれ!

3月3日は桃の節句のひなまつり。

ひなまつりは年に1回ある

女の子のためのお祝いの日です。

ひな祭りの料理として一般的に

有名な伝統的なメニューと言えば

ちらし寿司と蛤の吸い物。

ちらし寿司そのものが

縁起がいいというのではなく

昔からお祝いの膳として使用されていたことで

ひな祭りに食べられています。

また使っている具材に縁起の良い意味があり、

エビが長生き・レンコンが見通しがきく、

豆が健康で豆に働けるなど

縁起がいい食材を使用しているのです。

ハマグリのお吸い物は、

一生一人の人を添い遂げるように

という願いが込められていています。

他にもひな祭りには古くから伝わる

伝統的な料理があり

家族みんなでひな祭りをお祝いすることで

子供の健やかな成長を願うことができるのです。

ひな祭りパーティーに手土産は?持ち寄りレシピとママ友訪問マナー
ママ友の家で、 ひな祭りパーティをすることになった。 一緒のグループだけど そこまで仲のいいママ友ではないので ちょっと不安。 ひなまつりパーティでは 1人1品持ち...

ひな祭りの子供向け料理といえばこれ!

子供のイベントでもあるひなまつり。

せっかく作るのであれば、

子供向けの料理を作ってあげたいですよね。

かといって、

子供の大好物を作るだけではなく

ひな祭りの伝統的な料理も

食べさせてげたいものです。

子供がひなまつりに食べたいメニュー

ラインキング1位は、

断トツでケーキなんだそうです。

他にも、唐揚げやチラシ寿司、

手巻きなどが人気メニューとなっています。

普段とちょっと違った華やかな

お祝いの雰囲気を出して

かつ子供に喜んでもらえるような

料理にするには、何より見た目が大切です。

スポンサードリンク

遠足のお弁当でもそうですが、

チラシ寿司や唐揚げもただ作って

盛り付けるのではなく

デコったりキャラにしたり

形をかえたりの工夫をすることで

楽しんで食べることができますよ。

ちらし寿司を透明のカップ

(100円ショップのプリンカップ等)に

もり付けてカップ寿司にしてみたり

牛乳パックをひし形や丸形に切って、

ごはんを詰めて型ぬきで盛り付けるのもおすすめです。

唐揚げはマスキングテープを爪楊枝に貼った

かわいいピックを作ったり

唐揚げの下にオシャレな柄の

ペーパーナプキンを敷くだけで

ぐっと華やかになります。

ちょっとしたデコ材料は

100円ショップなどにたくさん並んでいるので

一度覗いてみる価値はありますよ。

ひなまつりのお祝いの日を

いつもとは違った子供が喜ぶお料理で

食卓を囲ってみるのはいかがですか?

ひな祭りのデザートで簡単にできるレシピといえばこれ!

普段仕事をしていると、

夕食だけで手いっぱいでデザートなんて

作っている暇はないかと思いますが

ここで簡単な物でいいので

作っておいてサッとテーブルに出せると

子供も喜んでくれること間違いなしですね。

子供がひな祭りに

食べたいものランキング1位は

ケーキだったので

市販でケーキを買ってこれるようならいいのですが、

調理の時間を考えると

ケーキ屋さんに寄れないこともありますよね。

ひなまつりには簡単なフルーツポンチなどを

作ってみてはどうでしょうか

果物の缶詰のカラフルな盛り合わせは楽ちんで、

見栄えも良いですし

前日の夜にでも牛乳寒などの

寒天ゼリーを作っておいて

フルーツポンチに入れてもかわいいですね。

もっともっと簡単なデザートなら

フルーチェがおすすめです。

かわいいグラスに盛り付けて

ミントの葉を乗せれば

おしゃれなスイーツになりますよ。

まとめ

ひなまつりは女の子にとっての特別な日。

せっかくのひな祭りですから、

ひなまつりらしいメニューの料理を

食べてもらいたいものですよね。

大人だけでなく見た目でも味でも

子どもにも喜んでもらえる料理を作って

素敵なお祝いの日を過ごしてくださいね。

お母さんも仕事で忙しいかと思うので

簡単にできて華やかなメニューや

飾り盛り付けを紹介させていただきました。
食卓での会話でぜひ、

メニューの由来や込められた願いを話てあげてくださいね。

スポンサードリンク