タンスの内側にカビを発見!我家流の対処法とカビ防止除菌対策

タンス

衣替えをしようとタンスの中身を出してみたらタンスの内側の奥のほうにカビが生えていた。
なんて経験をあなたもお持ちではありませんか?

タンスの奥はカビでぎっしり、中にしまっていた洋服もカビまみれ。見た瞬間、「うっ!」と息を止めてしまうくらいのカビの宝庫。気持ち悪くて気持ち悪くて一刻も早く掃除をしなければ…と思うけどいざ掃除しようと思うと、カビの掃除の仕方がわからないんですよね。

カビの根っこは深いとか胞子が飛んでしまうともいうし、水拭きで拭いたら余計に湿気じみてまたすぐにカビが生えちゃうんじゃないか心配だし。これ以上被害が広がらない様に、カビ掃除の方法と今後のカビを防ぐ対策をしなければ!

ということで、タンスの内側にカビを発見した私が実践した我が家流の対処法とカビ防止除菌対策をまとめました。

スポンサードリンク

タンスの内側がカビていた!傾向と原因

夏物の衣類から冬物の衣類に衣替えをしようと思ってギュウギュウに詰まっていたタンスの中の衣類を引き出すと、驚きました。わたしが住んでいる家は、もともと湿気が多く家具の裏などもカビが生えやすいのですがタンスの中までこんなにギッシリカビが生えてしまったのは初めてです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-10-23-8-07-21
使用していたタンスは、タンスというよりも引き出しですね。無印良品のスタッキングチェストにカビが生えてしまったのです。素材はオーク材となっていました。あとから知ったのですが、オーク材は湿気に弱くカビが生えやすい木材のようです。

 カビが生えてしまった原因としては、

・タンスそのものが湿気を吸いやすい素材で出来ていたこと。
・家が古く、湿気が多く湿度が高いこと。
・住宅密集地域なので窓を開けて換気をあまりしない家であること。
・洗濯物が室内干しであること。
・タンス内に衣類がギュウギュウに詰まっていたこと

これら様々な要因が重なってカビが生えてしまったようです。

スポンサードリンク

タンスにカビが生えてしまった時の取り方の対処法

まず、カビの胞子が飛ばない様にタンス内から取り出した衣類はさっと水洗い後、衣類用のハイターに漬けおきして除菌して洗濯機で洗濯しました。
そしてタンスの引き出は、フワフワの緑っぽいカビが生えていました。

そのまま拭き取ると胞子が散ってしまい他の場所までカビてしまうので慎重にカビ掃除にとりかかります。

1.薄めたキッチンハイター水を準備する。
2.ゴム手袋を付けてペーパータオルにハイター水をしみこませて絞ってカビが飛ばないようにそっと被せる。
3.カビをふき取って、ペーパータオルは1回使い捨てでゴミ袋に入れる。
4.カビが取れるまで繰り返す。
5.水拭きする。
6.除湿器の近くで一晩、引き出しを乾燥させる。(天日干しができるなら天日干しがおすすめ)
7.パズトリーゼ(消毒)をたっぷり吹き付けて更に一晩、除湿器の近くで乾燥させる。
8.しっかり乾燥したのを確認してから衣類を入れてしまう。

タンスのカビ防止対策としてできる工夫とは

せっかく手間暇かけて掃除したタンスですが、どんなにきれいにカビを除去したつもりでもカビは根が深いのでしばらくするとまた生えてきてしまう可能性は高いです。再びカビの発生を防ぐためにできる対策をしておくことが大切です。掃除した際に、消毒をしてしっかり乾燥させておくだけでカビは生えにくくなりますが更なる対策をして二度とカビを見なくてもいいように頑張りましょう。

・タンスは壁から少し離して置く。
・タンスの引き出しの中に新聞紙を敷く
・タンスの配置を前の位置とは違うところに変える

・洗濯物を部屋干ししない
・部屋の換気をこまめにする
・衣類を詰め込みすぎない

ちょっとした工夫や対策でカビが生える頻度や量を減らす対策になります。

絶対にカビなんてこりごり!という場合には、ホームセンターなどでカビ防止スプレーが販売されているので一度試してみてもいいかもしれませんね。タンスの素材によっては使用できない場合もあるので注意書きはしっかり読むようにしましょう。

まとめ

タンスの内側にカビが生えていたのを発見したときの衝撃といったら忘れることが出来ません。掃除をするにも、カビを広げないようにと気を遣いますし普通の水拭きとは違って時間もかかります。

出来ることなら二度とカビに合うことは避けたいものです。しっかりと乾燥させ、できる対策を確実に行ってカビの発生頻度を少なくしましょう!
今回、このカビ掃除とカビ対策をしてもしまたカビが生えてきた時はまたこのブログで報告させていただきますね(笑)

スポンサードリンク