立ち仕事で足が痛い人が絶対やるべき最強の解消法と対処法とは?

立ち仕事

ずーっと立ちっぱなしの
立ち仕事だと足が痛くなることってありませんか?

ずっと立っていると足の裏からふくらはぎまで
ひざ下が全体的にズズーンと重くなって

むくんでいるのか痛いのか
なんだかよくわからなくなって辛いですよね…。

足が棒のようになるって
まさにこのこと!なんて痛感している人も
多いのではないでしょうか。

ここでは、立ち仕事で足が痛い人に
おすすめの足の疲れすっきり解消法と

まさに今この瞬間にちょっとでも
足の痛みを楽にできる対処法を紹介しています。

スポンサードリンク

立ち仕事で足が痛いのを解消する方法とは?

ずっと立ちっぱなしでいると
足がパンパンになって痛みが出てくるという経験は
立ち仕事の人ならだれもが経験したことがあるのではないでしょうか。

実際に私も美容部員をしていたころ
足が痛む経験をしていました(”_”)

お客さんが少ない平日の日中は
特に、動くこともなくじっと立っている時間が多くて
本当に足が辛かったことを覚えています。

それにヒールだったし…。

この立ちっぱなしによって起こる
足の痛みというのは血液の循環がよくないことで
起こる現象です。

よく、血が溜まるとかって
いいますよね?聞いたことありませんか?

実にそのとおりで
本来からだ中を巡っていなきゃいけないはずの
血液や巡回しないことで

足に疲労物質がどんどん
溜まって痛くなっちゃうんですね。

心臓がポンプとなって
血液を全身にめぐらせているわけですが

ずっと立ちっぱなしで
しかも足は心臓より下にある状態の場合

どうしても足の先まで
ポンプが届かないのです。

歩いたり走ったり、
筋肉を動かせばまだ血を巡らせることはできますが
仕事上、ずっと立っている必要がある場合は
難しいですものね( ;∀;)

しかも、このむくみや痛みって
寝てもなかなか治らないというか

疲れとして足にずっと残ってることってありませんか?

寝て朝起きても
すっきりしていなくて朝からズーンと
足が思い状態…。

めちゃめちゃ辛いですよね。

もし、この翌日の朝
足の痛みや疲れがスッキリ取れて
足が軽くなったら嬉しいと思いませんか?

それができるのが
足裏樹液シートなのです!



これがただの樹液シートじゃなくて
テラヘルツ派が発生する樹液シートなのです!

テラヘルツって聞きなれないかもしませんが
ゲルマニウムとかと同じような感じの鉱石のパワーなんですね。

光と電波の間の性質を持ってる電磁波で
テラヘルツはゲルマニウムよりも効果が高いと言われています。

樹液シートじしんは100円ショップにも
売っていますが、テラヘルツが発生する樹液シートが
あるのに使わない意味がわからないくらい私、絶賛です( `ー´)ノ

足の裏やふくらはぎだけじゃなくて
この樹液シートは、体中どこにでもはれるので

私は腰や肩にも使っています(^^♪

ちなみにテラヘルツが発生する
肩こり用のシールも持ってます。

回し者のようなテラヘルツ信者のような
胡散臭さがありますが、事実!

湿布でも痛みがよくならい人や
疲れがとれない人にはぜひ一度試してみてほしいです。

→足裏樹液シートのお試しの詳細はこちらから

この樹液シートを貼ってプラスして
足枕にして寝ると、より足がスッキリします。

足枕というのは足の下に
枕やバスタオルなんかを入れて
少し足を高くして寝る方法なのですが

心臓よりも足を高くして寝ることで
血行がよくなってリンパがよく流れるようになります。

私みたいに寝相が悪く
すぐに足が落ちてしまいそうな場合は
ちょっと横長に枕をセットして寝るといいですよ(^^)/

スポンサードリンク

立ち仕事で足が痛い時の対処法とは?

仕事中にずっと立っていると
ぱんぱんにむくんで痛くなってくる足。

その痛い時が一番辛いと思います。

すぐに何とかできる
対処法もあるので紹介しますね。

まず、立ちっぱなしで足が痛くなるのは
同じ体勢を続けていることが大きな要因になります。

なので、こまめに体勢を
変えるように意識していきましょう。

少し移動するだけでもいいし
ちょっと足首をぐるぐる回すだけでも構いません。

足の筋肉を少し動かすようにします。

つま先立ちをしてみたり
かかと立ちをしてみたり

片足あげてケンケンの体制になってみたり…

ちょっとでいいので足を
動かしてほぐしてあげましょう。

また、足の痛みを予防する意味で
靴下を専用の靴下にするのもおすすめです。

普段の仕事の時でも使える
着圧ソックスが売られていると思うので
試してみるのもひとつですよね。

また、立ち仕事であることをふまえて
靴にもこだわってみてもいいかもしれません。

安物ではなく、足が楽になる
足に負担のかからない靴を履くようにします。

ヒールでの仕事の場合は
靴の高さが3センチから5cmほどがベスト。

高すぎてもぺったんこ靴でも
足が疲れて痛みが出てくる可能性があります。

さらに自分にあった靴の中敷きに
低反発の素材のものを使っても足の疲れや痛みが出にくくなります。

立ち仕事で足が痛い時の対処法

立ち仕事だと血液循環が悪くなり
足のむくみや疲れや痛みが発生しやすくなります。

まずは足の痛みの予防として
靴選びもポイントになりますが

自宅でできる簡単なケアも取り入れていけば
足の痛みは翌朝にはスッキリ解消することができますよ(^_-)-☆

スポンサードリンク