ほぼ日手帳に5年日記の発売が決定♪私の使い方を模索中~

手帳

毎年9月のこの時期になると
来年の手帳についてあれこれ考えて

毎日のように手帳会議を開いて
あーでもない…こーでもない…と頭を悩ませているのは
私だけではないはずです( `ー´)ノ

でもやっぱり来年も「ほぼ日手帳」に落ち着くだろう
そう思っていた矢先に見つけた「ほぼ日5年手帳」

今日は、記念すべきほぼ日5年手帳の
使い方を考えてみました。

スポンサードリンク

2018年のほぼ日5年手帳が発売に!?

一度使ったらやめられないほぼ日手帳。

昔は1日1ページの手帳って
ほぼ日手帳しかなかった(気がする)けど

ここ最近は、色んなメーカーから
1日1ページ手帳が出ています。

安いものだと100円ショップセリアで
ほぼ日風のノートも買えちゃうくらい。

これと言って可愛くデコって日記を書いているわけでもなく
可愛い文字で日記をつけてるわけでもなく

ただ私の脳内整理の手帳として
使っている手帳だけど、なぜか使い続けちゃう「ほぼ日手帳」

かれこれ10年近くほぼ日ユーザーである私は
毎年8月後半から発表されて9月に解禁になるほぼ日手帳の
全ラインナップを見て

来年の手帳の検討を始めるわけですが
今年もどうしようかを頭を悩ませている今、

目ん玉飛び出て
心躍って胸がどきどきしています。

というのも、来年2018年用の
ほぼ日5年手帳なるものが発売されるんだとか!

まだ制作中とのことで
他の手帳より少し遅れて12月からの発売になるみたいですが

楽しみで楽しみで仕方ありません。

実は10年日記をつけています

実は私、既に日記帳は持っているのです。

もともとほぼ日手帳は育児日記用にと
友人の紹介で購入しはじめたのですが

子供が保育園に行き、小学校に行き
今は一番上の子がもう中学1年生。

毎日一緒にいたあの頃とは違って
今はみんなそれぞれ別々の昼間を送るようになり

これと言って1日1ページも
日記に書くことがなくなってしまったんですね。

一緒に過ごす時間が短くなってきたこと
私自身が仕事を始めたこともあって

ゆっくり手帳を書く時間っていうのが
とれなくなっちゃったわけです。

白紙のページがあってもいい
それがほぼ日だっていうけれど
やっぱり白紙が続くとモチベーションが下がります。

なので、いま使っているほぼ日は
日記という位置づけではなく、スケージュール帳や
メモ帳、TODOリストとしての役割が大きくなってます。

それでも過去を見返したいという思いがあったので
2016年から10年日記をつけるようになりました。

1日4行程度の簡単な日記。

この日記帳を使っているのですが
実は、毎日かけていない現実。

何がダメってわけではないのですが
可愛くないというかお気に入りではないんですよね。

たまーに書いている程度で
続いていないのです。

もちろん、1年経っているので
今日記を書くと、去年の今日何をしていたのか
思い出して懐かしくなるのですが

きれいに書けないというか
あまり大事に思っていないというか。

せっかく書いてるから
描き続けたほうがいいよね…的な感じで
無理矢理書いてる事が多いです。

ほぼ日5年手帳なら続けられるかもしれない

なんだかんだ言ってほぼ日手帳を
10年近く続けている私ですが

何がどうしてこんな長くほぼ日手帳を使って
他の手帳を使わないのか自分でも謎な部分はあるんですが

日記帳もほぼ日手帳にすれば
続けられるかもしれない。

なんて思っています。

ほぼ日手帳は5年だから

10年日記は10年間。
5年日記は5年間。

それだけで敷居は低いですよね。

それにほぼ日が好きな私だから
絶対ほぼ日5年日記も好きだと思うw(根拠なし)

デザインは先ほど紹介した
私が持っている10年日記と似ているのですが(色とか)
やっぱり「ほぼ日」ってだけで絶対愛着が持てると思う!

スポンサードリンク

ほぼ日5年日記ってどんな手帳なの?

デザイン的にはほぼ日らしくないというか
私が使っている10年日記と少し似た感じがしますが
ちょっと見た感じプランナーっぽいですね。

大きさもほぼ日手帳オリジナルと同じサイズで
紙もトモエリバーを使っていて方眼のマス目が書いてあります。

ただ違うのは中身です。

1日1ページという部分は
ある意味同じなのですが
1ページの中に5年分のスペースがあるのです。

1月1日のページの左側に
5つのスペースがあって

2018年、2019年、2020年、2021年、2022年と
それぞれの年にそれぞれの枠に日記を書きます。

2018年の1月1日に書いてある日記を
2019年の1月1日に日記を書くときに

去年の今日はこんなことしてたのね~
なんて風に懐かしむことが出来るというわけ。

それが2年3年…5年と続くわけ。

そして右側はフリースペースになっていて
お絵かきをしたり、チケット類を貼ったりと
好きに使うことができます。

もちろん日記としてだけでなく
仕事の手帳などにも使うことができますよね。

いつものほぼ日手帳を
手帳としてでなく日記として使っているように
日記を手帳として使うのもありなわけ。

ほぼ日手帳の使い方に悩んでいる私のバイブルになるかもしれない

今、私、手帳ジプシーに陥っています。

毎年この時期になると手帳会議を開いて
悩みまくるのですが、今まさにその時期(笑)

全てを1冊のほぼ日手帳に収めようと思うと
スペースが足りないというか、
見た目がゴチャゴチャになっちゃうんですよね。

仕事とプライベートも一緒にしてるし
家でのTODOや仕事でのTODO、

覚えておきたいメモや
ちょっとしたお買い物メモまで
あれもこれも手帳に書きこんでいるんですね。

しかもとっさに取り出して開いて
超汚い字でちゃちゃっと記入しちゃうので
中身はぐちゃぐちゃ。

たまに自分の気持ちや日記的なことを
描いたりするんですが、見た目的に嫌!

これを日記として残しておくのは
ちょっとね…というような中身なのね。

だからこそ、ほぼ日手帳オリジナルは
今まで通り、殴り書きのスケージュールメモ的なのにして

ほぼ日5年日記手帳を
記録として残すものにしような…と思っています。

未来の予定と現在の記録と過去の記録を
全部ごっちゃにすると訳が分からなくなるし

それが味だという人もいるかもしれませんが
私は別けたいな…という感じで今思っています。

なので、いつものほぼ日手帳を
未来の予定と現在の記録として使い

ほぼ日5年手帳を日記帳として
おこった出来事(過去)の記録をしていこうかなと。

とはいっても、まだ制作中で
現在公開されている情報から仕様が変わることもあるとのこと。

ほぼ日5年手帳の詳細は
11月頃からの発表で12月に発売になるそうなので

色々妄想して楽しみたいとおもいます。

最後に…

本当にほぼ日って、小出しにして
私たちを焦らしてきますよね( `ー´)ノ

8月からの予告に9月からの販売
そして11月に販売になるものもあれば

ほぼ日5年手帳に関しては
12月からの発売。

待ち遠しくて仕方ないわ( *´艸`)

スポンサードリンク