さんまの塩焼きの下処理方法で内臓と骨の取り方と頭残す裏技とは

さんま塩焼き

秋といったサンマ。

旬のサンマを塩焼きにして食べると
本当に美味しいですよね。

大人になればなるほど
焼き魚が美味しく感じてきてるのは私だけでしょうか。

でもサンマって内臓とか骨とか
下処理の仕方が難しそうだからって
サンマを食べるのを諦めてしまっていませんか?

ここでは、さんまの下処理方法で
内臓や骨の簡単な取り方をまとめています。

これでもう下処理に困るから
サンマが食べられない…なんてことなくなりますね♪

スポンサードリンク

さんまの塩焼きの下処理方法とは?

サンマに限らずどんな料理をする時も
下ごしらえってありますよね。

下ごしらえをするかしないかで
出来上がりの味にも差がでるので

下処理前の下ごしらえも
しっかり行っていききましょう。

特にお魚の場合は、
下ごしらえ・下処理によって

魚特有の生臭さを消すことができて
美味しく食べられるので大切な工程になります。

まずはウロコの処理ですね。

秋刀魚は網にかかった時に
ほとんどウロコが剥がれているので

あなたの手元に秋刀魚が
届いた時にはほとんどウロコはついていません。

なので、ウロコの処理というのは
ほぼ不要といってもいいくらいです。

かる~く包丁の背中で
撫でてキッチンペーパーで
拭き取るくらいでOKです。

次に、2%くらいの濃度の塩水を作って
ボウルに張って秋刀魚の表面を洗います。

内臓を取る基本的な方法は
エラ付近のお腹からお尻の部分にかけて

包丁の先を使って5mmくらい
切って開きます。

お腹を開いて内臓を取り出して
軽く水で流します。

頭を取る場合は、顔の下にある
胸びれの下に包丁を斜めに入れて半分まで切ります。

裏返して同様にして
頭の上から骨まで切り込みを入れます。

内臓を取って秋刀魚の内側を
水洗いする時はサッと洗いが基本です。

あまりゴシゴシ洗ってしまうと
秋刀魚のうま味も一緒に流れてしまうので
注意してくださいね。

その後、キッチンペーパーで
水気を拭いて秋刀魚に切り目を入れます。

秋刀魚は頭を左にしておくのが
作法なので

頭を左に置いた時に
上になる側に切れ目をいれましょう。

そのまま焼いてもいいのですが
切れ目を入れることで

早く火が通りますし
見た目も美味しそうに見えますよ♪

ちなみに切れ目は横につけてもいいし
大きくバツにしてもいいですし
小さな×を2,3個入れても大丈夫です。

好きな切れ目でOKです。

切れ目を入れたら
パラパラと塩をかけます。
(醤油やポン酢で食べるときは不要)

さんまの内臓と骨の簡単な取り方とは?

あなたはサンマの内臓を
食べる派ですか?残す派ですか?

大人になると秋刀魚の内臓を
好きで食べる人は多いと思いますが

子供がいる家庭の場合は
とってあげたほうがいいですよね。

ただ、サンマの内臓は上手に
取り除かないと逆に臭みが残ってしまって

せっかく内臓を取ったのに
食べにくいさんまになってしまいます。

スポンサードリンク

ここでは、簡単にサンマの内臓を取る
方法を紹介しますね。

包丁で一か所切り込みを入れるだけで
すーっと内臓をきれいに取り出せる方法です。

こちらの動画では頭側にしか
切れ目をいれていませんが

肛門のギリギリ手前に1cmほど
切り込みを入れるとより内臓が取りやりやすいです。

さんまの内臓の取り方で頭を残す方法は?

塩焼きのサンマのイメージって
どんな映像が頭に思い浮かびますか?

秋刀魚と言ったら丸焼きでしょ!
なんて人も多いのではないでしょうか。

食べやすさを考えると
最初から内臓も頭もないほうが
食べやすいのかもしれませんが

頭のないサンマはサンマらしくないというか
お皿に盛り付けたとき、なんだか寂しく感じませんか?

ということで、
秋刀魚の頭は残しつつ

内臓だけするっととる方法を紹介しますね。

丸ごと…ではないのですが
お皿にも盛りやすいですし

子供も食べやすくなるので試してみてくださいね。

まずは秋刀魚を半分に切ります。

切った切り口から菜箸などを
差してワラを引っ張り出して取り除き
お腹の中をさっと水で洗います。

キッチンペーパーで
水気を振って塩を振って焼くだけです。

さんまの塩焼きの下処理のまとめ

さんまの塩焼きの下処理は
さっと行うのが基本です。

スピードはもちろんですが
洗いすぎないことがポイントですね。

コツをつかんでさえしまえば
内臓を取るのも頭を落とすのも簡単なので
是非この方法で試してみてくださいね。

スポンサードリンク