牛乳の賞味期限は開封後一週間は加熱必要?保存の長持ち術とは?

牛乳賞味期限

毎週、お買い物のたびに牛乳を買ってるけど
牛乳って開封したあとって何日くらい日持ちするの?

なんて気になった事ありませんか?

開封して数日たった牛乳を飲むと
お腹を壊しちゃうというイメージがありますが

そもそも開封後の牛乳の賞味期限なんて
どこにも記載されていないからわからないですよね。

ここでは、牛乳の賞味期限は開封後どれくらいなのか
また、加熱の必要性や長持ちさせる保存方法をまとめています。

スポンサードリンク

牛乳の賞味期限は開封後一週間でも大丈夫?

あなたのお宅では、牛乳を開封した後
どれくらいの期間で飲み切っていますか?

我が家の場合は主に牛乳を飲むのが
旦那くらいで子供たちも私も牛乳を
そのまま飲むことはあまりありません。

お料理にはちょこちょこ
使いますけどね。

だいたい週に1回のまとめ買いの買い物の日に
1000mlの牛乳を1本購入してくるのですが
飲み切るまでに4、5日かかっている感じです。

むしろ、もっと長いかもしれません。

週に1回の買い物で1本で
牛乳が足りなくなることもないし

逆に牛乳が残っちゃうこともないので
1週間程で飲み切っている感じですかね。

でも開封後1週間もたった牛乳って
飲んじゃって大丈夫なのか心配になりますよね。

結論から言うと
うちの夫はお腹を壊すこともなく

普通にグビっと飲んでいるので
牛乳は開封後1週間経っても大丈夫ってことになります。

そもそも、牛乳を買う時は
賞味期限を見て購入してくると思いますが

あくまでも賞味期限というのは
開封前の賞味期限が記載されているんですよね。

牛乳に限らず色々な商品にも
あてはまるのですが基本的に牛乳は
開封後は早めに飲むように推奨されています。

各牛乳メーカーのホームページを見ても
開封後の牛乳は2,3日で飲み切るようにと記載されています。

私が思っている以上に
開封後の牛乳の期限は短いのです。

牛乳は、空気に触れることで
空気中の細菌をどんどん吸って傷んでしまいます。

牛乳パックは密閉することもできないので
口を閉じて冷蔵庫に保管しておいても

隙間から最近が入って
傷みが加速します。

牛乳は栄養価の高い飲み物なので
最近はより繁殖もしやすくなるのです。

とは言ってもうちの旦那は
開封後1週間ほどで飲み切っているのに
なんともないので一概には言えません。

2,3日過ぎた瞬間からすぐに
もう牛乳が飲めなくなるのではありません。

我が家のように1週間くらい平気で飲む人もいれば
3、4日程度なら飲む人もいます。

嫌な臭いがしない限りは
料理などに使用するという人もいます。

逆にその日に飲み切れなかった牛乳は
清く処分するという人もいらっしゃいました。

開封後の牛乳の処分の目安って
家庭によって答えがバラバラなのです。

開封後、いつまでなら安心ですという答えは
断言して答えるのは難しいんですよね。

各家庭によって開封した牛乳の
取り扱い方が違いますし保管方法もそれぞれです。

条件が違えば牛乳の状態も
変わってきますよね。

各メーカーでは2,3日程度と
謳っているので2,3日を目安にしつつも

あなたがおかしいな…と思った時に
飲まない判断をしてもいいと思います。

ちなみに、牛乳を処分すべき場合の
牛乳の様子としては、

・異臭がする
・酸味や苦味があって変な味がする
・分離して塊がある
・粘度があってトロトロしている。

こんな状態の牛乳は飲まないでくださいね。


スポンサードリンク

牛乳の賞味期限で開封後は加熱は絶対必要?

うちの旦那のように開封後の牛乳を
そのまま飲目る人は
加熱せずそのままで飲んでも問題ありません。

お腹が弱い人は加熱をしたほうがいいかもしれません。

牛乳の加熱は、レンジは使用せずに
鍋でゆっくりあたためます。

温度は約70度で30分程じっくり加熱します。

沸騰させてしまうと
栄養素もなくなってしまい

短時間だと菌をやっつけることができません。
低音で時間をかけてが重要なのです。

ちなみに万が一、牛乳が既に腐っていれば
加熱すると分離して凝固してきます。

この場合は飲まないで
調理にも使用しないでくださいね。

熱を通すことで殺菌できるけど
腐ったものを元にもどすことは
できないことを理解しておきましょう。

牛乳の開封後の保存法と長持ちさせる方法とは?

牛乳の開封後の賞味期限は
目安として2,3日であるとお話ししていますが

我が家の夫は開封済みの牛乳を
約1週間程のみ続けています。

お腹を壊すこともなく
下痢になることもなく何食わぬ顔で飲んでいます。

そもそも2,3日というのは
最低限の目安であって保存状態が良ければ
3日過ぎても飲めるのです。

もちろん、体質による部分もあると思うので
もともとお腹が弱い人が我が家の牛乳をのむと下すかもしれませんが(;^ω^)

牛乳は基本的には要冷蔵の商品で
10度以下での保存が推奨されています。

牛乳は栄養満点だから
冷蔵で保存しないと最近が繁殖して傷みやすくなります。

開封後もきちんと10℃以下で保存していれば、
質は落ちるにしても3日過ぎたからといって
飲めなくなるものではありません。

牛乳の状態の変化に気をつけながら
飲めば1週間くらい大丈夫なんじゃないでしょうか。

もちろん自己責任ですし
保管方法によっては1週間たつと
塊が浮いていることだってあり得ますが…。

開封したら早く飲むにこしたことはありませんが
少しでも長持ちさせたいのであれば

牛乳が常温の状態で過ごす時間を
最小限に抑えることを意識しましょう。

冷蔵庫から出してコップに注いだら
すぐに冷蔵庫に戻しましょう。

くれぐれもテーブルに
置いたまま放置したりしないようにしてくださいね。

そして常識かもしれませんが
開封した牛乳パックに直接口を付けて
飲まないことも大切になります。

口内から菌がうつり
菌が繁殖するので口はつけずに
コップに注いで牛乳を飲むようにしましょう。

牛乳の賞味期限のまとめ

牛乳は開封後は早めに飲み切るようにするのが大切。

目安としては2,3日で飲み切るのがベストですが
きちんと保管すれば我が家のように1週間程飲める場合もあります。

開封後何日というのも大切ですが
飲むときの臭いや味や見た目に注意して
飲むことが大切なのではないでしょうか。

牛乳の変化に気を付けながら
飲むようにしていきましょう。

スポンサードリンク