ノロウイルスは潜伏期間もうつる?感染の初期症状と発症しない方法

かぜ

昨日、子どもが一緒に遊んでいた友達の家族が
ノロウイルスに感染しているらしい…。

同じコップでジュースの回し飲みもしてたから
もしかしてうちの子どもにもうつってるかもしれない…

なんてお悩みではありませんか?

子どもの友達自身が
下痢や嘔吐の症状はなくて元気でも

家族にノロウイルスに感染している人がいるのに
一緒に遊ぶのはちょっと非常識ですよね。

でも、知らずに遊んでしまったのは
今となっては仕方がありません。

今できることを考えて行動していきましょう。

ここではノロウイルスの潜伏期間中の人と
接したときにでもうつるのか、

また初期症状や発症させないためにできることをまとめています。

スポンサードリンク

ノロウイルスは潜伏期間中にもうつっちゃうの?

ノロウイルスは、
感染力が非常に強いため
家族感染しやすい感染症です。

潜伏期間中でも人にうつるのかどうかによって、
他の家族や周りの友人の行動にも
大きな影響が出てくる場合があります。

結論を先にいうと
ノロウイルスは潜伏期間中でも人に感染し、
うつってしまいます。

ただ、発症後と比較するとうつる可能性は低くなります。

ノロウイルスは、
感染すると24時間~48時間の
潜伏期間を経てから発症し

下痢や嘔吐などの症状として表面に現れてきます。

この時期の嘔吐物や排泄物の中のウイルスが
周囲の人に感染させる感染源なので、

下痢やおう吐の症状がない潜伏期間中は
ノロウイルスに感染しないと思われがちです。

スポンサードリンク

ノロウイルスは、
ものすごい勢いで増えていくウイルスなので、

感染した途端にめきめきと増殖するので
下痢や嘔吐など発症後の症状がなくても

感染後15時間ほど経ったころから、
便などからウイルスは排出しているのです。

発症して下痢やおう吐がある時期が
ウイルスの排出のピークなだけで、

下痢やおう吐していない元気な時期でも
ウイルスは少量ずつ排出されています。

そのため、潜伏期間中であっても
トイレの後にきちんと石けんで手洗いしていない場合には

手についているノロウイルスを
家じゅうの色々なところに付着させてしまい、

二次感染を招いてしまうのです。

  • 友人が、家族の便やおう吐物
    触れたものに対して適切な処理をしていること。
  • 友人がきちんとうがい手洗いをしていること。

これらが非常に大切になってきます。

友人は潜伏期間中ということなので、
発症後よりもうつる可能性は低くなりますが

うつる可能性はおおいにあります。

また、感染したかどうかの判断は
今の時点ですることはできません。

↓↓ノロ患者が触れたものに対しての適切な処置を知っていますか?↓↓
こちらの記事を参考にしてみてくださいね。

ノロウイルスにアルコールは有効?効果ある消毒薬の作り方と市販品
ノロウィルスが流行してくるともしノロウイルスになったらどうしよう… ノロウィルスのようなウイルス性胃腸炎はアルコール消毒では効果が効かないって聞いたことがあるけど実際はどうなの? 家にはアルコ...

ノロウイルスに感染したときの初期症状は?

ノロウイルスに感染すると、
潜伏期間の24時間~48時間のうちに
下痢やおう吐などの症状が出てきます。

急に嘔吐したり急にお腹が痛くなり下痢をするなど、
「急」に症状が出てくる場合が多いのですが、
その症状は人によって違います。

初期症状として
軽い症状からはじまる人も珍しくなく、

風邪と勘違いしてしまう人も。

初期症状としてよくみられるのは、

・微熱
・ちくちくする腹痛
・胃のムカムカ
・腹部の違和感
・吐き気などです。

また、ノロウイルスの症状が出ても
軽い初期症状のみで、

それ以上ひどい下痢やおう吐にまで
至らないケースもあるようです。

ノロウイルスの症状は、
約1日~3日ほど続き

自然治癒していくのを待つことになるのですが

1日に数回吐いただけで終わってしまう人や、
下痢だけで済む人、風邪と勘違いしたまま終息する人など様々です。

ノロウイルスの下痢嘔吐への対応を誤ると危険!
↓↓家族感染を防ぐために正しい処理方法を心得ておくべし↓↓

ウイルス性胃腸炎は家族で予防できる?嘔吐物処理と消毒洗濯方法
子供がウイルス性胃腸炎に感染してしまった。 ウイルス性胃腸炎に一人かかると 家族全員がつぎつぎに感染して大変になるってよく聞くけど 絶対に嫌!とにかく絶対家族にうつさないようにしたいから ...

ノロウイルスを発症しない方法は?

ノロウイルスに感染しても、
必ず発症するとは限りません。

実は感染しているのに、
まったく症状も出ずに
ノロウイルスになったと知らないままの人もいます。

風邪のような症状で終わる人もいます。

では、発症する人としない人では何が違うのかです。

発症しない人は、免疫力が高い人です。

普段から規則正しい生活をして
免疫力を高めておくことが大切です。

免疫が強ければ感染しても
発症しない場合や
風邪のような症状で終わることもあります。

ただ、発症しないといっても
ノロウイルスに感染しているので

ウイルスを保持していることに変わりはありません。

あなたがたまたま発症しなかっただけで、
周囲に感染させる可能性は高いのです。

もしも家族にノロウイルス感染者がいて、
自分は風邪症状ぐらいで済んだとしても、

二次感染の予防をしっかり考えて行動しましょう。

まとめ

ノロウイルスは潜伏期間中でも感染力は低いですが
感染する可能性はあります。

ただ、感染したかどうか判断するのは
難しいので

普段から規則正しい生活をして
免疫力を高めておくことが大切です。

そして、二次感染を防ぐためにも
うがい手洗いなどをきちんと行っていきましょう。

スポンサードリンク