1日1分のちょいトレ!つらい運動ゼロでぽっこりお腹を解消する噂のあの方法とは?!

横っ腹贅肉

ぽっこりお腹や横っ腹のお肉…
パンツの上にどかんっとのってしまって困っていませんか?

かといって普段運動なんてしないから
きついトレーニングや運動をする自信もないし
絶対長続きできなくて挫折しちゃうに決まってる…

かといってこのまま何もしないで
ぽっこりお腹周りの脂肪が浮き輪みたいな状態になっているのはイヤですよね。

ここでは運動が苦手な人でも簡単にできる
ぽっこりお腹を解消する1日1分でOKな「ちょいトレ」を紹介しています。

スポンサードリンク

お腹やへそ周りの脂肪を落とす噂の簡単エクササイズ5選

お腹周りの脂肪を落とすために最も効果的なのは腹筋!
でも普段運動をしない人にとって腹筋って意外と辛いもの。

実は腹筋って、慣れない人が下手に頑張ってしまうと腰を痛めてしまったり
筋トレが辛すぎて三日坊主で終わっちゃう…というのがほとんど。

それに腹筋ってお腹の前の部分は凹んでも
横っ腹には効果が出てないんですよね。

なので、頑張ったわりには効果はイマイチになることもしばしば…。

ということでここでは、毎日こつこつ続けることで
お腹やへそ周りの脂肪を確実にスッキリさせてくれて

なおかつ1日1分でできる誰でもできる簡単なエクササイズを紹介します。

簡単だからと言ってあなどれないトレーニングなので
甘く見ないでくださいね(; ・`д・´)
489

サイドプランクで横腹をキュッ!

サイドプランクは、普段使わないお腹の横の筋肉、
腹斜筋を鍛えてくれるエクササイズです。

横向きになって肘をついた状態で「へ」の字の体勢になって
姿勢を正してキープするだけ。

肘は肩の下にくるようにします。

簡単そうで実はこのポーズをキープするのはまじめに辛いです。

やってみて、あれ?簡単だぞ?っと思った場合は
お尻が下がってしまっている場合があります。

頭からお尻を通ってつま先まで一直線になるように
意識しると下側になっているお腹にじわじわきますよ!

クリスクロスで短期間でキュッ!


クリスクロスはピラティスの動きのひとつ。
体幹を強化しながらお腹周り、横っ腹を引き締めることができます。

仰向けに寝転んで膝を曲げます。

両手は頭を持つような感じで肘を開きます。

上体をやや起こして方足を遠くに伸ばして
体を反対側にひねります。

これを交互に繰り返します。

ひねりを加えることで、普段使うことのない
お腹の横の部分の筋肉である腹斜筋を鍛えることができます。

腹斜筋は、日常生活ではほぼ使わないので
意識して鍛えないとあっという間に横っ腹が出ちゃうので気を付けましょう。

スポンサードリンク

お腹なのに足と手を動かしてキュッ!

足をあげたまま100回手を動かして腹筋に力を入れる運動です。

仰向きに横になった状態でひざを90度に曲げます。

その後、やや上体を起こして手の平を下に向けて伸ばします。

腕を伸ばして指先までピーンと伸ばした状態で、顔はお腹の方をみて手を上下させます。

アゴをひいておへそを見るような感じにすると腹筋にしっかり負荷がかかります。

この手の上下運動を100回行います。

最初は簡単なのですが100回に近づくにつれて辛くなります。

腕全体をパタパタ動かすので肩甲骨もほぐれて一石二鳥です。

クランチ

クランチは腹筋ができない人でもできる腹筋!という感じです。
もちろん腹筋が出来る人でもじわじわ効くエクササイズです。

仰向けに寝て膝を90度に曲げます。

両手は胸でクロスしておきます。

お腹に力を入れた状態で
お腹の筋肉を縮めるような意識でキツイと感じるところまで起こします。

この時、足が伸びたり下がってしまわないように
90度をキープします。

また、上体を起こすときは頭や首だけが上がらないように
しっかり肩や背中まで起こすようにしましょう。

ヨガの舟のポーズでキュッ!

ヨガはインナーマッスルを鍛えられる奥深いエクササイズ。

背筋を伸ばしてひざを立てて床やヨガマットに座ります。

そのまま足を90度に曲げて浮かせます。

30秒この状態をキープします。

私は身体が硬いのでできませんが(汗)余裕のある人は

足を90度ではなく伸ばした状態にしてV字の姿勢でキープしましょう。

へそ周りだけ出てる人の脂肪を落とす筋肉の鍛え方を原因から解説
太っているわけじゃないのにおへそ周りだけ出てる事に悩んでいませんか? おへそ周りの脂肪の落とし方や鍛え方を原因から追究して解説します。

1日1分のちょいトレでポッコリお腹とさよなら!

どうでしたか?
ポッコリお腹を解消するためにはコツコツ続けることが大切です。

辛いエクササイズだと長続きしませんので1日1分でも
続けられる簡単で効果のあるエクササイズを取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク