頭皮の日焼けの皮むけのケア方法とシャンプーの仕方は?

頭皮日焼け皮むけ

海水浴に行って炎天下の中遊んでいたら
まさかの頭皮の日焼けをしてしまって
皮がポロポロ向けてきている。

ちょっとかゆくて
かきむしるとフケのような皮の粉が落ちてきて

自分の気持ち悪いし
人に指摘されたら…と思うと恥かしくて仕方がない。

一刻も早く頭皮の日焼けの皮むけを
よくするケアはないものだろうか…

なんてお悩みではありませんか?

ここでは頭皮の日焼けの皮向けのケア方法や
お風呂やシャンプーの仕方について紹介しています。

スポンサードリンク

頭皮の日焼けの皮むけのケア方法は?

海水浴など真夏のレジャーに行く時に
真っ先に気になるのは「日焼け」ですが

頭皮の日焼けケアって
意外と忘れがちではありませんか?

むしろ、頭皮に日焼け対策が
必要だなんて思ってもみなかった…なんて人も多いのではないでしょうか。

腕や足、肩や背中、顔。
忘れちゃいけない!と慌てて

首の後ろや手足の甲に日焼け止めを塗ったり
することはあっても

おっと!頭皮も焼けちゃうから
何かしないと!なんて風にはなかなか思いませんよね。

頭皮の日焼け対策ををしないまま
海水浴などのレジャーに出かけてしまうと

人によって個人差はありますが
家に帰ってきたら頭が熱くて
じりじり頭皮に痛みを感じたり

頭皮にかゆみを感じたり

かみの毛の分け目が真っ赤に
炎症を起こしてたり…。

ひどい時には頭皮からポロポロと
皮むけしてフケのような粉が落ちてくる場合があります。

頭皮を日焼けした時の症状は
人によってさまざまですが、

日焼け=火傷

ですからね。

頭皮の日焼けで一番悩まさせれるのが
皮むけの状態になってしまった場合です。

腕や背中も、ひどい日焼けを
してしまったときはぺろーんと
皮膚の皮がむけてきますよね。

同じような感じで頭皮の皮も
日焼けの症状がある程度落ち着いてきた頃に
ポロポロと皮がむけることがあります。

で、困ったことに
この頭皮の皮むけは防ぐことはできません。

そもそも人の皮膚は
常に古くなった皮は表面からはがれて
新しい皮膚が出来ていく仕組みなので

焼けた頭皮の皮膚が全部むけて
剥がれ落ちるのを待つしかないんですね。

背中や腕の日焼け後の皮むけは
ぺローンっと皮膚をひっぱると
大きく一気にむけることがありますが

頭皮の場合は髪の毛が生えているので
大きくペローンとはがれにくくなります。

そのため細かいフケのように
少しずつはがれていくのを
ただただ待つことしかできないのです。

頭皮の日焼け後のケアとして
わたしたちができることは
頭皮を保湿してあげること。

これで皮むけが治まるというわけではありませんが
火傷で乾燥してしまっている頭皮に
水分を与えてあげることで

肌のターンオーバーが整い
頭皮の皮をスムーズに入れ替えることができます。


スポンサードリンク

日焼け後の頭皮の保湿ケア方法

頭皮の保湿をするときには
特別に頭皮用の保湿ケアグッズを
わざわざ用意する必要はありません。

普段、顔につけている
スキンケア用品を頭皮にもつけてあげましょう。

日焼けで炎症を起こしている頭皮なので
アルコールや美白成分が配合されている場合は
刺激が強くヒリヒリする場合があるので
できるだけ避けるといいと思います。

で、お顔のケアと同様に
化粧水で水分を補給した状態で
放置しておくと

せっかく与えた水分が
蒸発して余計に頭皮が乾燥しやすくなってしまうので
乳液も合わせて使うようにしましょう。

頭皮がヒリヒリしたりジンジンする場合は
化粧水を塗ったあとに

消炎作用のある軟膏などを塗って
まずは炎症を鎮めることを優先しましょう。

頭皮の皮がむけている状態は
見た目が不潔っぽいので気になるかと思いますが

無理矢理、頭をかいたりして
皮をはがそうとすると皮膚を傷めてしまうことになります。

数日で皮はむけていきますので
無理にはがさず自然にはがれるまで
そっとしておくのが1番です。

それよりなにより、
今後同じようなことにならないように

外出するとき、特に海やプールなどの
レジャーに行く時には

日傘をしたり、帽子をかぶるなどして
頭皮に更なる日焼けをしないように気を付けましょう。

頭皮を日焼けしたときのシャンプーやお風呂はいい?

頭皮の皮がむけているからといって
お風呂でシャンプーをしてはいけないわけではありません。

ただ、日焼けの当日や翌日などで
頭皮がヒリヒリしてたり
赤みが強く出ている時には
シャンプーはしないほうがいいです。

お湯ですすぐだけでも大丈夫です。

不潔に感じるかもしれませんが
シャンプーは毎日ではなく2日に1回

むしろ、汚れが気になる時だけでいい
なんて謳っている人も多くいますからね。

汚れは基本的にお湯で
落とせると言われているんですよ。

さらに、日焼けしている肌に
熱いお湯はNGです。

頭皮に限らず腕や脚などの日焼けの場合も
熱いお湯は厳禁ですよね。

シャワーの温度はぬるめに
設定してゴシゴシ擦らず優しく洗いましょう。

ひどい炎症が治まっていれば
シャンプーを使って洗髪しても大丈夫です。

使うシャンプーに関しても
頭皮にトラブルがある間はモイスト&フォレストなどの
洗浄力が弱い低刺激のシャンプーを使うようにします。

>>>>モイスト&フォレストの詳細はこちらから<<<<

トニック系のすーすーするシャンプーは
絶対にやめたほうがいいです。しみます!!!

ドラッグストアなどで購入できる
CMでもおなじみのシャンプーなどは

あなたが思っている以上に洗浄力が強いので
できれば避けるのが無難です。

しっかりシャンプーの泡を作って
原液を直接頭皮につけるのではなく
泡でなでるように洗ってあげましょう。

うまく泡だてられない時は
泡立てネットを使って泡立ててあげると
もこもこで扱いやすい泡ができますよ。

髪の毛を拭くときにも要注意

お風呂からあがってかみの毛を
拭くときも注意が必要になります。

ガシガシとタオルで頭を拭いていませんか?

髪の毛にはもちろん
頭皮にも摩擦が加わってしまいます。

優しくタオルで抑えるように
水分を吸い取りましょう。

髪の毛を乾かすときも
ドライヤーを離して乾かしましょう。

日焼けで火傷している頭皮への
ドライヤーの熱風は悪影響になります。

かといって、髪を乾かさず自然乾燥させるのも
髪へのダメージや頭皮の雑菌の繁殖の面でも
よろしくありません。

なのでドライヤーで
しっかり乾かすことは避けられません。

ドライヤーの温風を30cm以上
離れたところから当てて

同じ場所にずっと風を当てないように
ドライヤーを左右上下に動かしながら乾かしましょう。

頭皮の日焼けによる皮向けのケアのまとめ

うっかりやっちゃった頭皮の日焼け。

皮むけは自然とはがれ落ちるのを
待つしか方法はありませんが

保湿をしっかりしてあげることで
回復を早めることはできます。

これ以上の炎症を招かないために
しっかりとケアをしていきましょう!

スポンサードリンク