梅雨の顔のべたつきを防いでメイク崩れを防ぐ必殺メイク術は?

梅雨顔のべたつき

6月の梅雨の時期になると
じめじめして気分もなんだか暗~くなっちゃいますよね。

湿度が高い梅雨の時期は
お肌もベタベタしがちです。

ただでさえメイクをしてから時間が経つと
テカってくるのに、梅雨の時期は余計に化粧崩れが
気になってしまいませんか?

じめじめと蒸し暑くて汗もかいちゃうし
お肌がベタベタして気持ちが悪いですよね。

お肌がべたついていると
テカって見えて脂ぎっしゅに見えてしまうから
本当に困ってしまいますよね。

ここでは、梅雨の時期の顔のべたつきを防ぐ方法や
メイク崩れを防ぐメイク術を紹介しています。

スポンサードリンク

梅雨の顔のべたつきを防ぐには?

梅雨の記事に肌がべたついていしまう原因は
梅雨特有の湿度の高さが関係しています。

湿度が高いと顔の汗が蒸発しにくいため
お肌の表面に溜まりやすくてどうしてもベタついてしまうのです。

梅雨なると湿度だけでなく
夏に向けて気温も上がるので汗そのものを
かきやすくなってしまうので
いつも以上に汗が出ちゃうのは仕方のない事。

でも、汗と湿気のせいで
せっかくキメたメイクが崩れやすくなるのは嫌ですよね。

ファンデーションが浮いてしまったり
アイシャドーがよれてしまったり

鼻や小鼻などTゾーンが
テカってしまったり…。

メイクが崩れてしまうことは
女性にとっては致命的ですよね。

でも、実はこのメイク崩れは
あなたの少しの努力と工夫で防ぐことができるのです。

実はあなたの肌は乾燥している衝撃事実!

梅雨になると湿気で肌がべたついてしまうので
「お肌が乾燥している」と考える人は少ないと思います。

でも実はべたついているのは表面だけで
しっとり潤っているお肌だと思っているあなたのお肌は
お肌の内部が乾燥している可能性が高いです。

まっさか~
こんなにべたべたするから
オイリー肌の状態だよ…

なんて思うかもしれませんね。

でもよーく考えてみてください。

会社や家ではこの時期になると
エアコンの除湿機能を使ったり
早いところではエアコンを使い始めていますよね。

これが原因なんです。

エアコンを使うとじめじめした空気は
カラッとなってべたつきもなくなり
快適に過ごせることは確かなのですが
お肌を乾燥させてしまう要因になっていしまいます。

お肌が乾燥してしまうと
あなたのお肌が防御機能を発動して

お肌を乾燥から守るために
どんどん皮脂を出して肌に膜を
張ってしまうのです。

残り少なくなっているお肌の中の
水分をなんとしてでも守ろうと
皮脂を分泌するんですね。

これがベタベタにつながるのです。

つまり、お肌の内部は乾燥しているのに
表面には脂が出ていて「ベタベタ」の状態になるのです。

スポンサードリンク

あなたは「インナードライ肌」という言葉を
聞いたことがありませんか?

その名のとおり、
お肌の内部が乾燥しているのに
見た目がオイリーなお肌のことですね。

インナードライ肌の場合は
脂性肌と勘違いされやすく

そもそものスキンケアを
間違った方法で行ってしまう人が多いです。

ようは、油分を抑えるケアを
してしまうわけですね。

でもそれは間違いで
インナードライ肌の人は

お肌への水分補給をすることが
べたつきの解消につながるのです。

一昔前までは
べたつくお肌の皮脂はとってナンボ!

という考え方が主流でしたが

今の考え方は
皮脂はとればとるほど肌を守ろうとする機能が
働いてしまって逆に皮脂の過剰分泌を招いてしまう

という認識に変わっています。

私も、若かりしころは
テカったら「あぶらとり紙」で
せっせと脂を取っていました。

ティッシュで油分をオフする
方法も有名なやり方ですよね。

でも、必要以上に皮脂をとることで
よりテカってしまうわけです。

お肌の潤いが足りないから
それを補おうとして皮脂が出る。

テカってきたから
その皮脂をオフする。

さらに皮脂がどんどん出てくる。

ザ・悪循環です。

なので、まず根本部分の
スキンケアの見直しが必要になってくるわけです。

お肌が潤った健康な状態を
作ってあげることができれば

皮脂の分泌を抑えることができるので
べたつきも解消されるわけです。

しっかりローションなどで
保湿をして潤ったお肌にしてあげるのが大事なんですね。

また、洗顔のしすぎにも
注意が必要です。

梅雨で顔がべたつくからといって
何度も洗顔をしてしまっていませんか?

これも同じで、洗顔をすることで
一時的にスッキリするかもしれませんが

洗いすぎはお肌に必要な皮脂や
うるおい成分も一緒に洗い流してしまうことになり
肌の水分保持力を落としてしまいます。

で、皮脂の過剰分泌を招いてしまうのです。

なので
顔のべたつきがあるからといって
表面上だけでとらえるのではなく

まずは、お肌内部の水分量を高めるための
スキンケアをしていくのが重要といえます。

インナードライ肌のスキンケアには
ディセンシアが有名ですよね。

雑誌でもよく特集されているので
あなたも知ってるかもしれないです。

こういった保湿力の高い
スキンケア用品を使って肌を健康にすることで

過剰に皮脂を分泌してべたつく肌を
サラッとしたナチュラルなお肌に改善することができます。

敏感肌に超保湿「つつむ トライアルセット」はこちら

梅雨のメイク崩れを防ぐ必殺メイク術

梅雨の時期は汗もかくし
湿気でじめじめして、

メイクがすぐに崩れてしまって
お困りではありませんか?

どんなに念入りにメイクをしても
どんなに朝、バッチリメイクが決まっても

この時期は一歩外に出たらもう
顔がべたついてメイクも崩れちゃうんですよね。

皮脂や汗で顔がべたつくと
ファンデーションがよれたりくすんで見えたり…

ほうれい線や目尻のシワ、
小鼻のところにファンデーションが入りこんでしまって

変なスジが出来ていたり。
もう朝から最悪ですよね。

そんな肌がべたつく梅雨の時期には
メイク方法もちょっと変えてあげるのがおすすめです。

普段どおりのメイクの仕方じゃ
どうしてもメイク崩れが防ぐことができません。

そんな時におすすめなのが
顔汗専用のデオドラント ノエミュです。

ノエミュをファンデーションの下地に使えば
舞妓さんのようなサラサラ肌を1日中キープすることができますよ♪

→ノエミュの詳細 公式サイトはこちら

梅雨のメイクのポイント

・ファンデーションの見直し
秋冬に使っているファンデーションは
乾燥対策のため油分がたっぷり配合されています。

梅雨のべたつく時期に
秋冬のファンデーションを使っていると
どうしてもメイクは崩れやすくなります。

春夏用のファンデーションに
変えるようにしましょう。

パウダータイプもしくは
さらっとしたテクスチャーのリキッドファンデがおすすめです。

梅雨から夏場にかけては
クリームタイプは控えたほうがいいと思います。

で、リキッドタイプも
保湿力が高く油分が多めなので

仕上げにルースパウダーを
はたいてあげるとサラサラ感が続きますよ。

・下地の見直し

ファンデーションと同じように
化粧下地も季節によって変えるのが大切です。

春夏用のテカリやべたつきを
抑えてくれる化粧下地を使いましょう。

汗などの水分に強くて
皮脂を吸着してくれる下地なら
1日中メイクが崩れない肌をキープできます。

私が個人的におすすめする化粧下地が
顔汗専用デオドラントノエミュという下地です。

ジェルを下地として使うだけなのですが
サラサラ効果抜群なんです。

朝、普段のスキンケアの最後に
薄く塗ってからUV下地を塗ってファンデ…という感じで

ベースメイクの1番最初に
塗ってあげるだけで1日中快適です(^^♪

もし、これだ!という
下地に巡り合えていないのであれば
使ってみる価値はあると思いますよ( *´艸`)

ノエミュの詳細 公式サイトへGO>>

梅雨の顔のべたつき防止のまとめ

梅雨シーズンは汗や皮脂で
顔がべたつくのは仕方がありません。

でも、ちょっとした工夫で
改善させることが可能です。

基本になるのはスキンケアでしっかり保湿をして
肌の水分バランスを整えてあげること。

そして、メイク用品も春夏用の
アイテムに替えていくこと。

中でもベースメイクや化粧下地は
メイク崩れとの関係が深いので一度見直してみてくださいね。

スポンサードリンク