卒業式と入学式の服装の違いは?節約ママの必殺着回し術を大公開!

30代入学式

今年、子どもが小学校を卒業して
晴れて中学校に入学する。

おめでたい事はおめでたいんだけど
卒業式に…入学式…って立て続けに
式典があるから

母親の私の服装を
どうしようか頭を抱えていませんか?

卒業式は黒。
入学式はパステルカラー。

世の中の常識になっている
このマナーやルール…

くっそーって感じですよね。

普段、そんなカチコチの格好なんてしないから、
卒業式や入学式の為だけに新しい服を新調するのも
なんだか気が引けてしまいますよね。

卒業式も入学式も
たった数時間の事なのに

2着も用意しなければいけないなんて
家計にひびきまくりです。

かといって同じ服装で行くのも
格好がつかないし

今後、保育園・小学校・中学校
高校・大学…とかなってくると

「うぉぉぉぉおぉおお!」って
叫びたくなっちゃいますよね。

むしろあなたはもう
叫んでいるんじゃないでしょうか。

ここでは、卒業式と入学式の
服装の違いの特徴を比べてみて

お金をかけずに着まわして
まるで別の洋服に見せるための
必殺技をまとめています。

スポンサードリンク

卒業式と入学式の服装の違いは?

まず、卒業式の親の服装の
ポイントとしては

卒業式ではお別れの意味が
あるので親の服装は

厳粛で落ち着いた雰囲気に
する必要があります。

黒やグレーや紺色などの
暗めのダークカラーが主流になりますね。

入学式よりも格式が
高い式典といわれているので
基本は黒になるわけです。

多くの保護者が
黒のスーツを着ています。

一方、入学式での
親の服装は明るいカラーが主流です。

入学式は新生活への
お祝いの意味を込めて華やかな色に。

そして入学式が行われる時期が
春ということで季節的にも春色の
洋服を着る感じになります。

ベージュや薄いピンク
薄いブルーや白などの淡いパステル色ですね。

卒業式も入学式もどちらも
準正装が基本でセミフォーマルな
服装がマナーとなっています。

ということで
卒業式と入学式の服装の
大きな違いというと

「洋服のカラーが違う」

ここが大きなポイントになります。

とはいっても
明るい色が主流の入学式で
黒系のスーツを着ている人も
もちろんいるので安心してくださいね。

ブラックなどのダーク系の
スーツを着ている人もたくさんいますよ^^

卒業式は基本的に黒色なんですが
親の年齢層によって入学式の洋服で
黒っぽい感じで参加する人も結構います。

つまり、なんとな~くの
主流はあるけど絶対こうしなきゃダメ!
という決まりではないんですね。

準正装でセミフォーマルで
TPOをわきまえた服装であれば
何の問題もないわけです。

だから、卒業式と入学式で
同じスーツを着まわしても
大丈夫なわけなんです。

わざわざ新しい
パステルカラーのスーツを買うのなんて
絶対もったいないですよ。

黒のスーツなら着れる機会は
ちょこちょこ出てきますが

パステルカラーの服なんて
ぶっちゃけその時しか着れないじゃないですか。

1回こっきりで
しかもたった数時間のために

それなりの価格の服を
新調するなんてありえませんよね。

もったいなすぎます。

この時期は何かと
入学の準備で色々お金が必要になるので

母親の服にお金を使うわけには
いきませんよね。

抑えることが出来るところは
しっかり抑えて節約につなげましょう。

スポンサードリンク

卒業式と入学式の服装をうまく着回しする方法は?

卒業式と入学式の服は
基本的に同じでも大丈夫と
お話ししましたが

全く同じで行くのは
ちょっとどうかと思うわけです。

どのお母さんも我が子我が子!に
なっている卒業式や入学式なので

誰もあなたの恰好なんて
注意深くみてはいませんが

全く同じ服装で行くのは
あなた自身も嫌ですよね?

え?同じじゃんって思われるのも嫌ですし

何より、やっぱり
卒業式と入学式では意味合いが
ちょっと違うので

あなた自信の雰囲気も
ちょっぴり変えてあげるのが大切です。

見てる人は見てますし
卒業式を全く同じ服装の場合

はたから見るとお金がなくて
入学式用のスーツを買えない人だと
思われてしまってはたまりませんよね。

確かに裕福ではないけど
お金がないんじゃなくて
節約家なんだよっ!( `ー´)ノ

って心の声は届きませんからね。

基本のスーツは卒業式と
同じでかまわないのですが

全身くまなく卒業式と入学式を
同じ服装にするのではなく

インナーのブラウスや
アクセサリー、バックや靴は
違うものに変えたほうがいいですね。

ちょっとした事なですが
コサージュや小物類に変化をつけるだけで
ガラっと印象がかわりますよ~。

同じ服装とは思えない感じになります。

これでもう誰にも
ものを言わせませんよー!(; ・`д・´)

さらに髪型を変えることで
より印象が変わります。

ダウンスタイルからアップスタイルにしたり
ハーフアップにしたりするだけで
顔周りの華やかさとか雰囲気が結構違ってきます。

あなたが髪の毛のカラーをしたときや
美容院でちょっとカットしてきたときも
イメージってすごく変わりませんか?

それと同じでヘアスタイルって印象を
1番変えることが出来るポイントになります。

同じスーツでもこんな感じで
ガラッとイメージを変えることは可能です。

なので基本のスーツは
定番で何度も使えるようなスーツを
買うのがいいと思います。

これからの人生、
幼稚園の入園式と卒園式からはじまり
小学校の入学式に卒業式

そして中学校・高校・大学と
数えるだけで使えるイベントが目白押しです。

その途中でも黒系のスーツならば
使う機会は必ず出てきますしね。

流行に左右されない
定番ものを選ぶのがベストです。

定番物さえ1つ持っていれば
組み合わせを変えれば1回きりで
終わりにはならないですよね。

ある年は白いジャケットだけ
買い足して着まわしたり

ある年は白いスカートを
買い足して着まわしたり

またある年はインナーを買い足して
フリル付きのパステルカラーに替えてみたり。

アイディア次第で
自由自在にイメージを変えられますし

毎回毎回セットで
あれこれ買う必要もなくなりますよね。

スーツ1着まるまる買うよりは
安く済みます。

うまく組み合わせを変えることで、
何着も持っているように見せることも可能です。

本当のおしゃれさんは
実は持っている洋服が少ないとも
いいますし( *´艸`)

是非そんな感じに
していきましょうよ!

我が家なんかは子どもが
3人もいますので

あと何回卒業式と入学式が
あるのか数えるのも面倒なくらいです。

子どもの数が多ければ多いほど
毎回毎回買っているのが
馬鹿らしく思えてきますよ?

実際に私がそうですしね。

メイクや髪型、アクセサリーなどの小物類で
変化を付けたほうがよっぽど
オシャレに素敵に見えますよ。

なのでわたしはうまく着まわせる基本の
セットアップスーツを購入済みです。

インナーやジャケット、
スカートの組み合わせを変えて
うまく組み合わせて長く使う予定です(‘◇’)ゞ

卒業式と入学式の服装のまとめ

卒業式は黒、入学式はパステルカラー。

このイメージが世の中では大きいですが
これが絶対という決まりはありません。

どちらもセミフォーマルであれば
場違いでもなんでもないわけなので

毎回毎回新しい服を新調しなくても
ある物を着まわしていくだけでOKです。

主役は子どもです。

お母さんは、同じスーツで着まわして
インナーやコサージュなどの小物類で
変化を付けて入学式に参加しましょう。

スポンサードリンク