インフルエンザの解熱後に微熱が続く時の対処法や再検査の必要性は

子ども

子どもがインフルエンザになって
やっと熱が下がってほっと一息ついたと思ったら
それからずっと微熱が続いている。

微熱になってからもう3日も経ってるけど
大丈夫なのものなのかな?

本人は元気に過ごしてるけど
このままじゃずっと学校に行けないよね…。

もうインフルは治ってるのか
病院に行って再検査をしてもらったほうがいいのかな?

なんてお悩みではありませんか?

ここではインフルエンザの解熱後に
微熱が続く時の原因や対処法、
再検査の必要性についてまとめています。

スポンサードリンク

インフルエンザの解熱後に微熱が続く原因は?

インフルエンザというと
ぜんぶひっくるめると治るまでには
結構な時間がかかる病気。

学校だって最低5日、
かつ解熱後2日経ってないと
登校できない決まりになっていますよね。

そんな事は重々承知だし
そのつもりで看病はしてるけど

やっぱり働く親としては
最短で登校させて仕事に行かなきゃって
思っちゃいますよね。

最近のインフルエンザって
高熱のあとにズルズル微熱が続いちゃうらしんです。

微熱がずるずると
続いちゃう原因として考えられるのは

・予防接種を受けていたこと
・解熱剤を使用したこと

この2つとの因果関係が
ありそうだなと思っています。

あくまでも素人の考えなので
鵜呑みにはしないでくださいね。

まず、予防接種について。

予防接種をすると
もし感染しても軽くすむよ~っていいますよね。

まさにそのとおりでそこまで
高熱も出ずグッタリすることもなく
過ごせたのかな~っと。

子どもって本当は
2回接種しないとダメじゃないですか。

うちの場合、
まだ1回しか打たせてなかったので
なんか中途半端になっちゃったのかな?

次に解熱剤の使用。

子どもが高熱を出したとき
38.5℃以上の熱があってグッタリしている時に
使ってくださいといって処方されました。

今回、娘には解熱剤を2回使ったんですね。

で、この解熱剤を使用することで
身体がインフルと戦う力を弱くしちゃって
微熱が続いたのかな…と思うのです。

インフルエンザに限らず
熱がでるっていうことは

身体がウイルスと戦っている
状態であるわけですよね。

つまりむやみに解熱剤を使うと
熱を下げるとウイルスを
やっつけることができなくなるわけです。

だから長引く。
そういうことです。

解熱剤を使っちゃダメって
言いたいわけじゃなく

あくまでも微熱が続いた原因に
ちょっとは関係してるんじゃないかな…
と私が勝手に思っているだけなので

お子さんがグッタリしてるなら
全然使っちゃってくださいね。

うちの娘も先日
インフルエンザにかかったんですけど
まさにそんな感じだったわけです。

で、その微熱が続く原因っていうのが
インフルエンザウィルスがまだ
身体の中にいるからってことになるんです。

うちの娘の場合、予防接種を
していたこともあってか
熱があるときも比較的元気で

横にはなって寝転んではいたものの
ぐったり感は全然なかったんですね、

こんな風に症状が控えめだからといって
ウイルスがカラダの中にいるっていう事実は
インフルエンザになったみんな同じこと。

このインフルエンザウィルスが
身体の中からいなくなって初めて
インフルエンザが治ったと言えるわけです。

一旦熱が下がってからまた37.5℃以上に
発熱するパターンを二峰性発熱っていうんですけど

子どもの場合、二峰性発熱に
なることって結構多いみたいなんですね。

うちの娘も熱が0日目と1日目だけ高熱で
2日目には下がったと思ったら
3日目と4日目は微熱…。

鼻水をずるずるいわせていました。

咳とか鼻水が続いている場合は
まだ完全にインフルが治っていない
可能性があるそうです。

インフルエンザの解熱後に微熱が続く時の対処方法は?

インフルエンザの熱が解熱したあとに
再び微熱になってしまいそれが続く場合。

子どもは元気でも
まだインフルエンザの状態です。

家族に感染させないように
早く完治させるために安静に
させておくのが大切です。

たかが微熱で症状が
軽かったとしても

まだ体内にはインフルエンザ菌を
持っている可能性はおおいになります。

外出を控えて
自宅で安静にしていましょう。

とはいっても子どもを
安静にさせておくのって本当に難しいです。

微熱程度なら全然元気ですし
ひまひまひまひまうるさいくらい((+_+))

インフルエンザにうつらない人の特徴と看病方法と徹底実施期間
インフルエンザ流行時、なぜかうつらない人っていますよね?看病しているお母さんや一緒に暮らしてる家族なのにどうして?と思いませんか?ここではインフルエンザ患者の看病をしているのにうつらない人の特徴と感染を防ぐ看病方法をまとめています。

インフルエンザで微熱が続いたら再検査は必要?

すでにインフルエンザの検査で
陽性反応がでて治療している場合は

微熱が続いていても
再検査をする必要はありません。

基本的にインフルエンザは
治ったかどうかの検査は無意味とされていて
希望があってもしない事が多いそうです。

インフルに感染して48時間以内に
薬を飲めば一気に感染力も落ちますしね。

だいたい5日から6日経てば
インフル菌は消滅すると考えられているから

インフルエンザの登校規制は
解熱後2日経ってから

あるいはインフルエンザになってから
5日経ったら治ったとされるわけです。

ただ、明らかに長く微熱が続いている場合、
たとえば1週間とかですかね。

2,3日様子を見ても微熱が
続いている場合は再診にいくようにしましょう。

インフルエンザの解熱後の過ごし方と元気な子供を安静にさせる方法
インフルエンザの熱が下がったら安静にすることが大事。 でも熱が下がったら元気な子供を安静にさせるのは超むずかしい! 一体どうすれば…?と悩んでいませんか?

インフルエンザの解熱後の微熱のまとめ

インフルエンザは
予防接種や解熱剤の影響で

ここ最近は症状が軽くすむ
人が多くなっています。

その軽い症状というのが
一度下がった熱が再び微熱になったり

そもそも最初から高熱が出ずに
ずっと微熱だったりとかするわけです。

どちらにせよ、
インフルエンザであることには
代わりがなくて

インフルエンザ菌がカラダの中に
あるという事実は変わらないので
ゆっくり休むことが大切になります。

症状は様々ありますが
最初の検査で陽性が出たときに
処方された薬をまず飲み切って
2、3日様子を見てみましょう。

それで微熱が続く場合は
またお医者さんにみてもらうようにしてください。

スポンサードリンク